CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< BORIS - Smile (Phalanx:PX173) | main | Richard H. Kirk - Virtual State (Warp Records:WARPCD19) >>
自分の小さな「箱」から脱出する方法
自分の小さな「箱」から脱出する方法
Amazonで詳しく見る

今のオレのままで良いって言う人と、変えた方が良いって言う人、それぞれがいる。変わらなくても良いと思う自分も居れば、確かに変わらなくちゃと思う点もあったり、結構考える。まあみんな育った環境が異なるから、考え方って結局みんな違うのさ。めちゃくちゃ悩んだ挙げ句ちょっと自分を改革と言うか考え方を拡げようと思い購入。勢いよく読み漁り三時間で読破した感想。

本書では自己欺瞞を「箱の中に入っている」状態と呼んでいる。自分が相手を見る時に、自分を中心に考えるか周りも同等して考えるかとか、そんなイメージ。相手をどう見るか、そして相手を見ている自分がどう見ているかを客観的に知る事、壁は自分で作っているかが、分かり易い参考例を使って気付かせてくれる。自分が行動を行う場合に、それ次第で他の人々に及ぼす影響は変わってくる。だから同じ行動を行うにしても、やり方があるんじゃないかと。しかし自分が箱の中に居る事で、わざと自分が酷い目に遭う環境を作り、そして相手を責め自分を自己正当化しようとしてしまう。本当は悪くない相手を悪い相手に自分の中で仕立て上げてしまう訳だ。最悪の流れだね。箱に中に入っていると、自分の事しか考えられないんだよ。だから多分オレも舞い上がっていたんだ、客観的に自分が見えていなかった。と言っても本書では分かり切った事を説明していて、何を今更と思うかもしれない。しかし分かっていてもそれを実践するかしないかでは大違いで、実践する為に非常に簡単な例を示して理解を深めさせているのだと思う。誰しも完璧な人間にはなれないけれど、今よりも明日は少しだけ良くなれば、それを毎日続ける努力をすれば、きっと今とは違うより良い日常が出来上がるはず。そう思える励みになる本。別に本書を読んだからと言って生き方や考え方が一気に変わる訳ではないけれど、人に対して少しは優しくなれたり、自分を客観的に見る事が考えられるようになるかもね。

取り敢えず悩みはすっきりしたので、明日からまた〜りと落ち着いた日々を送りたいと思います。クラブもがしがし行くぜー。
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC1 | 00:10 | comments(4) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 00:10 | - | - | |

コメント
真面目なこと言ってるね〜。
悩みはすっきりしたのかぃ?
ハッピーバレンタイン!
| fujiko | 2009/02/14 2:16 PM |
>fujiko
ふぉっふぉっふぉっ、困った時や自分を見失った時は、
読書と運動で頭をすっきりさせたさ。

つかオレ単純でいつも馬鹿やってるけど、真面目よ?って分かってるか。

今日はヴァレンタインだからデートの予定でつ。
後でデートはUPする予定。

| マチュ | 2009/02/14 2:25 PM |
この本僕も以前読みました。とても気づきの多い本だったです。

なかなか無意識でやっていて気づかないでここに書かれているような事をしてしまっているときがありますね。

いろいろ思い当たる節があって読みながら反省と今後に生かしたいなってのを強く思った感じです。
| Tack | 2009/02/19 6:30 PM |
>Tackさん
そうですね、とても為になる本でした。
何気ない行動でも悪い方向に向かってしまう事が多々あるなと思ったり。
これを読んで少しでもそう行った事には気をつけないといけないと痛感。
ちょっとづつ毎日改善しないとね!
| マチュ | 2009/02/20 2:05 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック