CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Pepe Bradock - Confiote De Bits / A Remix Collection (BBE:BBE128CCD) | main | 2009/07/31 Ken Ishii 15 Years Anniversary @ Air >>
Pepe Bradock - Synthese (Versatile Records:VER013CD)
Pepe Bradock-Synthese
Amazonで詳しく見る

兎にも角にも”Deep Burnt”が大ヒットしたフランスの奇才・Pepe Bradock。近年は奇天烈なハウストラックを披露し完全に独創的な道を突っ走り、カルト的な人気を誇るアーティスト。フランスらしい繊細で耽美な音響と、Theo ParrishやMoodymannにも似たどす黒くねっとりとしたグルーヴで、段違いの深く美しいハウス(と言えるのか?)を生み出している。そんなPepeさんの今の所の唯一のアルバムが、98年にVersatileからリリースされた本作。惜しい事にリリース量が少なく今ではとんでもなくレア化し、オークション等では高騰している貴重なアルバムです。内容の方はと言うと意外にも時代を感じさせるフレンチフィルターハウス路線で、最近の変態的なトラックに比べるとイケイケなフロアトラックが中心。フィルターハウスと言うのはエフェクトの一種であるフィルターで音をこもらせて、そのループで展開を作っていく様なハウスと言えば良いのかしら。Pepeさんはそのフィルター使いがとてもファンキーで、単純な繰り返しでも高揚感のある展開を生み出しているんですね。またジャズやヒップホップ、ディスコまでも取り込み、ループを多用したノリの良いグルーヴはやはり他のアーティストとは一線を画していると思います。この時点では濃密さや深さと言うものはまだ聴こえてこないけれど、上品な上物シンセやエレピ使いにはエレガンスな気品を感じさせこれはこれで素敵です。普通にダンストラック作らせても超一流だったんですね。そして本作以降は、深く未知なる音響ハウスへと進んで行くのでした。

試聴

Check "Pepe Bradock"
| HOUSE5 | 07:30 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 07:30 | - | - | |

コメント
ぼくはこちら、アナログで持っているのですが、ほんとに意外な作品です。
ペペさんにしては素直過ぎると言うか、聴いていて気持ち良過ぎると言うか・・(笑
何にせよ、すっごくお気に入りのアルバムです。

そろそろ2ndアルバムが聴きたいところですね。
| nvk | 2009/08/01 12:40 AM |
>nvkさん
内容は良いんですけどVersatileレコードのHPからは当作品もペペ自体も掲載されていないので、無かった事になってるのかなー、もったいない。

現在アルバム製作中らしいんで期待したいですね
| マチュ | 2009/08/01 10:12 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1598
トラックバック