CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Santiago Salazar - Arcade (Macro:MACRO M11) | main | Force Of Nature - III (Libyus Music:LMCD-012) >>
DJ Alex From Tokyo - The Flashback Mix (Reincarnation:RCD001)
DJ Alex From Tokyo-The Flashback Mix
オランダは何気にテクノが充実している国の一つ。Rush Hour、100% Pure、Delsin、Eevo Lute Muziqueなどご存知の通りヨーロッパの中でも、特にデトロイトを追従するレーベルが揃っております。そして今、新たに注目すべきオランダイタリア(※訂正しました)のレーベルがReincarnation。Tokyo Black Star、Gerald Mitchell、Attias、Pasta Boysなどの実力派アーティストがリリースをする事により、現在人気上昇中のレーベル。Reincarnationの名付け親はTokyo Black Starでも活躍するDJ Alex From Tokyoなんだけど、そのAlexがレーベルの音源を使ったMIXCDをリリースしました。AlexのDJに関しては当ブログでも何度も紹介している通り折り紙付きの実力ですが、今回もテクノ〜ハウス中心の選曲で文句無しに素晴らしいプレイを聴かせてくれました。と言うよりもレーベルの音源自体が非常に素晴らしいのだと思う。出だし3曲はロマンティックな未来感溢れるデトロイトっぽいのを持ってきて、4曲目ではレーベル音源ではないもののRon Trentのヒプノティックなテックハウスを繋ぎ、そのテックな流れから中盤のGerald Mittchellのトライバルなトラックで一旦ピークを迎えます。その後はTokyo Black Starのレーベル名を冠した恍惚感を煽るトラックでディープな流れに突入し、デトロイト系やシカゴハウスで儚く消え行く様に終焉を迎える起承転結がしっかり感じられるプレイですね。今回はレーベル音源を使用すると言う制約があるので割りと落ち着いたプレイなんだけど、トラック自体がそれ一つでしっかり聴ける曲が多いので、最初から最後まで曲の良さにじっくりと耳を傾けて聴ける内容だと思います。フロアトラックが多く使用されてはいるんだけど、メロディアスな曲が多くてその美しさに心が奪われてしまいそう。

試聴

Check "DJ Alex From Tokyo"

Tracklistは続きで。
1. Stephane Attias - Program Change (Kick Less)
2. Mfor - Lark's Head
3. Stephane Attias - Program Change
4. Ron Trent - Journey In 2 U
5. Attias - Domino
6. Season & Sygaire Feat. Randolph Matthews - Inner Navigation
7. Pasta Boys - Moonraker
8. Gerald Mittchell - Resident Warrior
9. Deetron - Let's Get Over (Phlash Edit)
10. Tokyo Black Star - Reincarnation
11. Tokyo Black Star - Reincarnation (Volcov Remix)
12. Mfor - Thief
13. Atjazz - Looking Glass
14. Pasta Boys - Cloud Nine
15. Armando Gallop "Featuring Sharvette" - Don't Take It
| HOUSE5 | 09:00 | comments(4) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 09:00 | - | - | |

コメント
いつも楽しく拝見しています。オランダレーベルなかなかすごいですね。
マチュさんのサイトを知ってからCDも増えてしまいました。夏は山小屋にいるので宿泊客の居ない夜には食堂でかけていて、秘境の墨黒の闇に音が吸い込まれて行くのはじつに気持ちいいです。(街灯も、一般電話も、携帯もなし、電気と衛星LANあり)
ついにここで『エレクトロナイト(仮題)』までやることになりました(地元のDJ呼びます)。1回目は次の満月の夜。マチュさんのおかげですね。
| バカボンのパパ | 2009/06/18 1:03 PM |
>バカボンのパパさん
どうもありがとうございます。
山小屋でクラブミュージック、なんだか不思議な空間ですね。
普段のクラブで聴く音楽も良いですが、自然に囲まれた場所でも気持ち良さそうです。

山小屋でまさかパーティーまでやるとは…誰も思わなんだ
| マチュ | 2009/06/19 12:34 AM |
たしかにオランダは結構前から注目に値すべき地道なレーベルやアーティストが目に付きますよね。
自分もお気に入りが多い気がします。Reincarnationってオランダなんですか?
最初の2枚くらいしか聴いてなかったのでこれでチェックしたほうが良さそうですね。

山小屋のエレクトロナイトはとっても素敵です。
できることなら参加したい。クラブも行きたい!
| taken | 2009/06/20 2:41 AM |
>takenさん
オランダはテクノ充実してますよね〜
ちょっと不安になったので調べたら、Reincarnationはイタリアでした、スマソ。
Rush Hourが配給してるから、勝手にオランダだと思い込んでました。
| マチュ | 2009/06/20 5:18 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1603
トラックバック