CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2015 >>
RECOMMEND
Silence
Silence (JUGEMレビュー »)
Koss,Kuniyuki Takahashi
高橋クニユキによるアンビエント仕様なKOSSのアルバム。エレクトロニクス×生楽器での幽玄なアンビエント。3/25リリース!
RECOMMEND
DIGITAL SOLUTIONS
DIGITAL SOLUTIONS (JUGEMレビュー »)
MODEL 500
Juan AtkinsことModel500の10数年ぶりのアルバムが遂にリリース。これぞテクノ、これぞエレクトロな元祖故の迷いなき作品。
RECOMMEND
世界のレイヴの歩き方 準備、行き方、楽しみ方まで あたらしい自分に出会う旅
世界のレイヴの歩き方 準備、行き方、楽しみ方まで あたらしい自分に出会う旅 (JUGEMレビュー »)
頑津 雲天
世界の野外レイヴを渡り歩く頑津雲天によるレイヴ読本。日本のラビリンスやタイコクラブにも言及されているそう。3/6発売!
RECOMMEND
Mix The Vibe-Deeep Detroit Heat
Mix The Vibe-Deeep Detroit Heat (JUGEMレビュー »)
テレンス・パーカー
デトロイトのテレンス・パーカーがなんとKing Steetの音源を使用したMIXCDをリリース。当然熱くてエモーショナルな内容になりそうです。3/11リリース!
RECOMMEND
N+X
N+X (JUGEMレビュー »)
System 7,Mirrot System
SYSTEM 7が1994年にリリースしたWaterとFireというアルバムを再構築し、現在のテクノへと進化させたそうな。3/4リリース!
RECOMMEND
サウンズ・フロム・ザ・ファー・イースト (SOUNDS FROM THE FAR EAST)直輸入盤帯ライナー付国内仕様
サウンズ・フロム・ザ・ファー・イースト (SOUNDS FROM THE FAR EAST)直輸入盤帯ライナー付国内仕様 (JUGEMレビュー »)
ソウイチ・テラダ,SOICHI TERADA
国産ハウスミュージック創成期に活躍した一人であるソウイチ・テラダによる作品集。古き良き時代の名作をRush Hourが掘り起こした。3/11リリース!
RECOMMEND
ACID CITY 2
ACID CITY 2 (JUGEMレビュー »)
DJ EMMA presents NITELIST MUSIC 4
EMMAによる新世代アシッド・ハウスのコンピレーション第二弾。Ken IshiiやGonno、Hiroshi Watanabeらが参加。3/4リリース!
RECOMMEND
ORCHESTRAL MADNESS & LAUGHTER - DANIEL WANG'S PERSONAL SALSOUL MEGAMIX
ORCHESTRAL MADNESS & LAUGHTER - DANIEL WANG'S PERSONAL SALSOUL MEGAMIX (JUGEMレビュー »)
DANIEL WANG
Salsoul Recordsの音源を、世界中のダンスフロアに愛を伝える伝道師Daniel Wangがミックス。6/11リリース!
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Tiefschwarz - RAL9005 (Classic:CMCCD105) | main | Ryuichi Sakamoto - Thousand Knives (Nippon Columbia:COCA-12152) >>
Ryuichi Sakamoto - NEO GEO (Sony Music Direct Inc.MHCL1363〜4)
Ryuichi Sakamoto-NEO GEO
Amazonで詳しく見る(初回生産限定盤DVD付)
 Amazonで詳しく見る
音楽仲間からの貰い物。リマスター化と更にはPVが収録されたDVDが付いてくるので、未所持の方は是非ともこの機会に購入をお勧めします。教授の音楽はテクノ、フュージョン、クラシック、ワールドミュージック、ハウスなどとにかく幅が広く、アルバム毎に音が目まぐるしく変わりますが、80年代までの彼の作品は殆どが傑作なので、一枚たりとも聞き逃してはいけないと思っております。本作は87年リリースの通算7枚目のアルバムで、琉球音楽も入っていたりアジアンなムードが漂うロック的なワールドミュージック。なんでどことなくのどかな空気が流れておりますが、リズムが非常に立っていると言うかキレがあってファンクっぽさも感じさせる所もあります。かと思えばどこか切ない歌謡曲もあったり、80年代を感じさせる懐かしさが強いですね。そりゃ20年前の音だから懐かしいのは当然だけど、古臭いとも違って今聴いても洗練されたポップな感覚はあるしとにかくリズムが格好良い。エレクトロニックだけどオーガニックで、自然な音の調和、そしてジャンルの調和があります。教授の"千のナイフ"が好きな人には、本作も間違いなく当りですね。Bill Laswell、Iggy Pop、Bootsy Collinsなども参加していて、ゲスト陣も豪華です。



Check "Ryuichi Sakamoto"
| ETC2 | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 00:10 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1617
トラックバック