CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< April 2014 >>
RECOMMEND
Under Destruction
Under Destruction (JUGEMレビュー »)
Kink
Boe、Ovum、Rush HourなどからEPをリリースしデトロイト的な作風も注目を集めているKINKが初のアルバムを完成させた。5/13リリース!
RECOMMEND
Broadwalk Tales
Broadwalk Tales (JUGEMレビュー »)
Fluxion
Basic Channel一派のFluxionによる最新アルバム。新作は少々レゲエっぽさもあるミニマルダブ。4/24リリース!
RECOMMEND
Product Of Industry
Product Of Industry (JUGEMレビュー »)
Mark E
ビートダウンにディスコやエディットの手法を絡めるMark Eの2NDアルバム。アナログ機材を中心に「ソウルフルで繊細な」音楽との事。4/24リリース!
RECOMMEND
IN THE POCKET
IN THE POCKET (JUGEMレビュー »)
NGAHO TAQUIA
sauce81名義でも活躍するN'gaho Ta'quiaの初のアルバム。サンプリングを使わずにビートミュージックを奏でるフューチャーファンク。5/21リリース!
RECOMMEND
III
III (JUGEMレビュー »)
Prins Thomas
ノルディック・ニューディスコシーンの立役者の一人でもプリンストーマスの3枚目のアルバム。音楽日記のような内容だそうで。4/28リリース!
RECOMMEND
Becs
Becs (JUGEMレビュー »)
Fennesz
アコースティックとデジタルが融合した音響系のFenneszが6年ぶりのアルバムを完成。4/29リリース!
RECOMMEND
Hendra
Hendra (JUGEMレビュー »)
Ben Watt
EBTGのベン・ワットがなんと31年ぶりのソロアルバムをリリース。昔なつかしのフォークギターが聴ける模様。4/22リリース!
RECOMMEND
Someday World [特装パッケージ(ハードカバー)+スリップケース / 4曲入りボーナスディスク付属 / アーティスト本人による解説付 / 輸入盤帯付スペシャル・エディション2CD] (BRWP249X)
Someday World [特装パッケージ(ハードカバー)+スリップケース / 4曲入りボーナスディスク付属 / アーティスト本人による解説付 / 輸入盤帯付スペシャル・エディション2CD] (BRWP249X) (JUGEMレビュー »)
ENO ? HYDE,イーノ・ハイド
ブライアン・イーノ × カール・ハイド のコラボアルバム。どんなマジックが聞けるのか。4/28リリース!
RECOMMEND
Dark Shadow
Dark Shadow (JUGEMレビュー »)
Sascha Dive
デトロイト・ハウスにも影響を受けるSascha DIVEの2ndアルバム。もっとミニマルな展開もありつつ仄かにエモーショナルな音色も。4/15リリース!
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Tiefschwarz - RAL9005 (Classic:CMCCD105) | main | Ryuichi Sakamoto - Thousand Knives (Nippon Columbia:COCA-12152) >>
Ryuichi Sakamoto - NEO GEO (Sony Music Direct Inc.MHCL1363〜4)
Ryuichi Sakamoto-NEO GEO
Amazonで詳しく見る(初回生産限定盤DVD付)
 Amazonで詳しく見る
音楽仲間からの貰い物。リマスター化と更にはPVが収録されたDVDが付いてくるので、未所持の方は是非ともこの機会に購入をお勧めします。教授の音楽はテクノ、フュージョン、クラシック、ワールドミュージック、ハウスなどとにかく幅が広く、アルバム毎に音が目まぐるしく変わりますが、80年代までの彼の作品は殆どが傑作なので、一枚たりとも聞き逃してはいけないと思っております。本作は87年リリースの通算7枚目のアルバムで、琉球音楽も入っていたりアジアンなムードが漂うロック的なワールドミュージック。なんでどことなくのどかな空気が流れておりますが、リズムが非常に立っていると言うかキレがあってファンクっぽさも感じさせる所もあります。かと思えばどこか切ない歌謡曲もあったり、80年代を感じさせる懐かしさが強いですね。そりゃ20年前の音だから懐かしいのは当然だけど、古臭いとも違って今聴いても洗練されたポップな感覚はあるしとにかくリズムが格好良い。エレクトロニックだけどオーガニックで、自然な音の調和、そしてジャンルの調和があります。教授の"千のナイフ"が好きな人には、本作も間違いなく当りですね。Bill Laswell、Iggy Pop、Bootsy Collinsなども参加していて、ゲスト陣も豪華です。



Check "Ryuichi Sakamoto"
| ETC2 | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 00:10 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1617
トラックバック