CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2015 >>
RECOMMEND
Presentism
Presentism (JUGEMレビュー »)
Conforce
初期のデトロイト風な作品へと回帰したConforceのニューアルバムは、Delsinから7/17リリース!
RECOMMEND
REMEMBER THE LIFE IS BEAUTIFUL
REMEMBER THE LIFE IS BEAUTIFUL (JUGEMレビュー »)
GONNO
Mule Musiqより期待のGonnoのニューアルバムは、アシッド〜バレアリック〜アンビエントなどが入り混じるも希望に満ちたテクノを奏でる。7/29リリース!
RECOMMEND
Universes [帯解説 / 初回盤のみボーナスディスク付2CD仕様 / 国内仕様輸入盤CD] (BRZN224)
Universes [帯解説 / 初回盤のみボーナスディスク付2CD仕様 / 国内仕様輸入盤CD] (BRZN224) (JUGEMレビュー »)
Seven Davis Jr
新世代として注目を集めるSeven Davis Jrの初のアルバムはNinja Tuneより。ソウルフルかつ無骨なハウスは余りにも黒い。7/22リリース!
RECOMMEND
EASY LISTENING?
EASY LISTENING? (JUGEMレビュー »)
HIKARU meets KENICHI YANAI,DJ Hikaru,Kenichi Yanai
Blast HeadのHIKARUとSlow Motion Replay / Dunk Shot Brothers / Soul Source のKENICHI YANAIのコラボレーション。和製バレアリック・フォーク、海の季節にびったりなアルバムです。7/8リリース!
RECOMMEND
エンドレス
エンドレス (JUGEMレビュー »)
ブラウザー
Ron TrentやChez Damier直系のディープ・ハウスを手がけるBrawtherが、今までのEPを纏めたアルバムをリリース。ハウス好きはマスト!7/2リリース!
RECOMMEND
エスパイース (ESPAINS)直輸入盤帯ライナー付国内仕様
エスパイース (ESPAINS)直輸入盤帯ライナー付国内仕様 (JUGEMレビュー »)
ジョン・ベルトラン,JOHN BELTRAN
近年またアンビエントへと回帰している叙情派John Beltran新作は、コンテンポラリーミュージックなども取り込んでいるそうな。7/2リリース!
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

Surgeonによる初期3枚のアルバムがセットになってリイシュー。甘さ0のストイックなミニマルテクノが満載。Tresor節全開で6/18リリース!
RECOMMEND
MOONBUILDING 2703 AD [帯解説・ボーナストラック収録 / 国内盤] (BRC474)
MOONBUILDING 2703 AD [帯解説・ボーナストラック収録 / 国内盤] (BRC474) (JUGEMレビュー »)
THE ORB,ジ・オーブ
The Orb久しぶりの新作は昔のように長尺曲を収録したダブアンビエント。7/1リリース!
RECOMMEND
5
5 (JUGEMレビュー »)
FP-ONER (A.K.A. FRED P)
USディープハウスの急先鋒、Fred Pによるニューアルバム。相変わらずエモーショナルでディープなハウスは素晴らしい。6/17リリース!
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Tiefschwarz - RAL9005 (Classic:CMCCD105) | main | Ryuichi Sakamoto - Thousand Knives (Nippon Columbia:COCA-12152) >>
Ryuichi Sakamoto - NEO GEO (Sony Music Direct Inc.MHCL1363〜4)
Ryuichi Sakamoto-NEO GEO
Amazonで詳しく見る(初回生産限定盤DVD付)
 Amazonで詳しく見る
音楽仲間からの貰い物。リマスター化と更にはPVが収録されたDVDが付いてくるので、未所持の方は是非ともこの機会に購入をお勧めします。教授の音楽はテクノ、フュージョン、クラシック、ワールドミュージック、ハウスなどとにかく幅が広く、アルバム毎に音が目まぐるしく変わりますが、80年代までの彼の作品は殆どが傑作なので、一枚たりとも聞き逃してはいけないと思っております。本作は87年リリースの通算7枚目のアルバムで、琉球音楽も入っていたりアジアンなムードが漂うロック的なワールドミュージック。なんでどことなくのどかな空気が流れておりますが、リズムが非常に立っていると言うかキレがあってファンクっぽさも感じさせる所もあります。かと思えばどこか切ない歌謡曲もあったり、80年代を感じさせる懐かしさが強いですね。そりゃ20年前の音だから懐かしいのは当然だけど、古臭いとも違って今聴いても洗練されたポップな感覚はあるしとにかくリズムが格好良い。エレクトロニックだけどオーガニックで、自然な音の調和、そしてジャンルの調和があります。教授の"千のナイフ"が好きな人には、本作も間違いなく当りですね。Bill Laswell、Iggy Pop、Bootsy Collinsなども参加していて、ゲスト陣も豪華です。



Check "Ryuichi Sakamoto"
| ETC2 | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 00:10 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1617
トラックバック