CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< December 2014 >>
RECOMMEND
Signs Under Test
Signs Under Test (JUGEMレビュー »)
John Tejada
テック・ハウスを特異とするJohn TejadaのニューアルバムがKompaktより。2/3リリース!
RECOMMEND
Liaisons Dangereuses
Liaisons Dangereuses (JUGEMレビュー »)
Liaisons Dangereuses
現在のダンス・ミュージックにも強い影響を残したLiaisons Dangereusesのアルバムが何度目かの復刻。1/20リリース!
RECOMMEND
[Amazon.co.jp限定]ヤッホーブルーイング 月面画報 350ml×24本
[Amazon.co.jp限定]ヤッホーブルーイング 月面画報 350ml×24本 (JUGEMレビュー »)

ヤッホーブルーイングがアマゾン限定のビールをリリース。ベルジャン酵母とアメリカンホップが織りなすユニークな香りと適度なコクとモルト感。温度によって変化する印象が、ゆったりとした夜を演出する。
RECOMMEND
Panda Bear Meets The Grim Reaper
Panda Bear Meets The Grim Reaper (JUGEMレビュー »)
Panda Bear
前作に続きSonic Boomが制作に加わったAnimal Collectiveの一人、Panda Bearのニューアルバム。サイケデリックかつポップな世界観は変わらず。1/13リリース!
RECOMMEND
First You Gotta Shake the Gate
First You Gotta Shake the Gate (JUGEMレビュー »)
Funkadelic
Pファンクを代表するFunkadelicの33年ぶりのアルバムが3枚組で登場。四の五の言わずに買うしかない。12/23リリース!
RECOMMEND
Clean-Cut
Clean-Cut (JUGEMレビュー »)
Juju & Jordash
VakuraらもリリースするDekmantelからJUJU & JORDASHの新作が。様々なスタイルを披露する彼等、この作品ではアナログ全開なロウハウス/テクノが中心。12/9リリース!
RECOMMEND
Nobody Knows
Nobody Knows (JUGEMレビュー »)
Joris Voorn
Joris Voorn、7年ぶりとなるアルバムが遂に完成。Ringoを含むエモーショナルなテクノという事で、期待してよいのでは。11/25リリース!
RECOMMEND
Fabric 79
Fabric 79 (JUGEMレビュー »)
Prosumer
Panorama BarのレジデントであるProsumerがFabricに登場。最近プレイしているトラック中心にクラシックなハウスも織り交ぜたハウスセット。12/9リリース!
RECOMMEND
Circuitous [未発表ボーナストラックダウンロードコードつき]
Circuitous [未発表ボーナストラックダウンロードコードつき] (JUGEMレビュー »)
Afrikan Sciences
Afrikan Sciencesによるニューアルバム。即興ライブセットを反映させた作品で変異体ハウスと呼ぶべきか。12/18リリース!
RECOMMEND
ORCHESTRAL MADNESS & LAUGHTER - DANIEL WANG'S PERSONAL SALSOUL MEGAMIX
ORCHESTRAL MADNESS & LAUGHTER - DANIEL WANG'S PERSONAL SALSOUL MEGAMIX (JUGEMレビュー »)
DANIEL WANG
Salsoul Recordsの音源を、世界中のダンスフロアに愛を伝える伝道師Daniel Wangがミックス。6/11リリース!
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Tiefschwarz - RAL9005 (Classic:CMCCD105) | main | Ryuichi Sakamoto - Thousand Knives (Nippon Columbia:COCA-12152) >>
Ryuichi Sakamoto - NEO GEO (Sony Music Direct Inc.MHCL1363〜4)
Ryuichi Sakamoto-NEO GEO
Amazonで詳しく見る(初回生産限定盤DVD付)
 Amazonで詳しく見る
音楽仲間からの貰い物。リマスター化と更にはPVが収録されたDVDが付いてくるので、未所持の方は是非ともこの機会に購入をお勧めします。教授の音楽はテクノ、フュージョン、クラシック、ワールドミュージック、ハウスなどとにかく幅が広く、アルバム毎に音が目まぐるしく変わりますが、80年代までの彼の作品は殆どが傑作なので、一枚たりとも聞き逃してはいけないと思っております。本作は87年リリースの通算7枚目のアルバムで、琉球音楽も入っていたりアジアンなムードが漂うロック的なワールドミュージック。なんでどことなくのどかな空気が流れておりますが、リズムが非常に立っていると言うかキレがあってファンクっぽさも感じさせる所もあります。かと思えばどこか切ない歌謡曲もあったり、80年代を感じさせる懐かしさが強いですね。そりゃ20年前の音だから懐かしいのは当然だけど、古臭いとも違って今聴いても洗練されたポップな感覚はあるしとにかくリズムが格好良い。エレクトロニックだけどオーガニックで、自然な音の調和、そしてジャンルの調和があります。教授の"千のナイフ"が好きな人には、本作も間違いなく当りですね。Bill Laswell、Iggy Pop、Bootsy Collinsなども参加していて、ゲスト陣も豪華です。



Check "Ryuichi Sakamoto"
| ETC2 | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 00:10 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1617
トラックバック