CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< October 2014 >>
RECOMMEND
CLARK [解説付 / ボーナストラック1曲収録 / 初回生産盤のみアートカード封入豪華パッケージ仕様] (BRC446)
CLARK [解説付 / ボーナストラック1曲収録 / 初回生産盤のみアートカード封入豪華パッケージ仕様] (BRC446) (JUGEMレビュー »)
CLARK,クラーク
エイフェックス・ツインやオウテカの精神を受け継ぐクラークの新作。ダンストラックからリスニングまで、狂気からメランコリーまで。11/2リリース!
RECOMMEND
Reincarnations Pt 2
Reincarnations Pt 2 (JUGEMレビュー »)
DJ Koze
独特の優美さと妖艶さが特徴なPampaのKozeが、他アーティストの曲をリミックしたものを纏めた編集盤。Kozeの奇才が堪能出来る一枚。10/28リリース!
RECOMMEND
ASSEMBLES 1-4
ASSEMBLES 1-4 (JUGEMレビュー »)
INNER SCIENCE
INNER SCIENCEによるその特徴的な電子音やリズムの妙味をまた別の角度から提示する事をコンセプトに据えたニューアルバム。コラージュ的なアンビエント。10/22リリース!
RECOMMEND
A DAY IN THE LIFE
A DAY IN THE LIFE (JUGEMレビュー »)
LAWRENCE
ハンブルクはMULE MUSIQから、欧州のラリー・ハードとも呼ばれるLawrenceの新作。気負いの無い日常の「ある一日」をテーマにしているそうな。10/29リリース!
RECOMMEND
Intersoul
Intersoul (JUGEMレビュー »)
CitiZen of Peace
インド産まれのロシア人、CitiZen of Peaceのニューアルバム。ピグミー族など民族的な関わりから生まれた原始的かつ秘境のダンス・ミュージック。9/20リリース!
RECOMMEND
Abaporu
Abaporu (JUGEMレビュー »)
Gui Boratto
南米ブラジルからKompaktで活躍するギ・ボラットの4枚目のアルバム。ポップでカラフルなダンストラックが満載。9/29リリース!
RECOMMEND
Rainbow Disco Club Vol.1
Rainbow Disco Club Vol.1 (JUGEMレビュー »)
Prins Thomas,Donato Dozzy,Floating Points,Atom TM,Kuniyuki,Silent Servant
Rainbow Disco ClubとMule Musiqがタッグを組み、新たなMIXCDシリーズを設立。その第一弾はプリンス・トーマス。今までよりももう少々ダークでテクノ寄りな選曲。9/24リリース!
RECOMMEND
Dubnobasswithmyheadman
Dubnobasswithmyheadman (JUGEMレビュー »)
Underworld
Underworldの1stアルバムにリミックスやレアトラックに未発表バージョン、更にはライブまで収録した豪華5枚組がリイシュー。10/14リリース!
RECOMMEND
ORCHESTRAL MADNESS & LAUGHTER - DANIEL WANG'S PERSONAL SALSOUL MEGAMIX
ORCHESTRAL MADNESS & LAUGHTER - DANIEL WANG'S PERSONAL SALSOUL MEGAMIX (JUGEMレビュー »)
DANIEL WANG
Salsoul Recordsの音源を、世界中のダンスフロアに愛を伝える伝道師Daniel Wangがミックス。6/11リリース!
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Tiefschwarz - RAL9005 (Classic:CMCCD105) | main | Ryuichi Sakamoto - Thousand Knives (Nippon Columbia:COCA-12152) >>
Ryuichi Sakamoto - NEO GEO (Sony Music Direct Inc.MHCL1363〜4)
Ryuichi Sakamoto-NEO GEO
Amazonで詳しく見る(初回生産限定盤DVD付)
 Amazonで詳しく見る
音楽仲間からの貰い物。リマスター化と更にはPVが収録されたDVDが付いてくるので、未所持の方は是非ともこの機会に購入をお勧めします。教授の音楽はテクノ、フュージョン、クラシック、ワールドミュージック、ハウスなどとにかく幅が広く、アルバム毎に音が目まぐるしく変わりますが、80年代までの彼の作品は殆どが傑作なので、一枚たりとも聞き逃してはいけないと思っております。本作は87年リリースの通算7枚目のアルバムで、琉球音楽も入っていたりアジアンなムードが漂うロック的なワールドミュージック。なんでどことなくのどかな空気が流れておりますが、リズムが非常に立っていると言うかキレがあってファンクっぽさも感じさせる所もあります。かと思えばどこか切ない歌謡曲もあったり、80年代を感じさせる懐かしさが強いですね。そりゃ20年前の音だから懐かしいのは当然だけど、古臭いとも違って今聴いても洗練されたポップな感覚はあるしとにかくリズムが格好良い。エレクトロニックだけどオーガニックで、自然な音の調和、そしてジャンルの調和があります。教授の"千のナイフ"が好きな人には、本作も間違いなく当りですね。Bill Laswell、Iggy Pop、Bootsy Collinsなども参加していて、ゲスト陣も豪華です。



Check "Ryuichi Sakamoto"
| ETC2 | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 00:10 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1617
トラックバック