CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< April 2016 >>
RECOMMEND
ホアキン・ジョー・クラウゼル・プレゼンツ・サンキュー・ユニバース (JOAQUIN JOE CLAUSSELL PRESENTS:THANK YOU UNIVERSE)(直輸入盤帯ライナー付国内仕様)
ホアキン・ジョー・クラウゼル・プレゼンツ・サンキュー・ユニバース (JOAQUIN JOE CLAUSSELL PRESENTS:THANK YOU UNIVERSE)(直輸入盤帯ライナー付国内仕様) (JUGEMレビュー »)
ホアキン・ジョー・クラウゼル,JOAQUIN JOE CLAUSSELL
ジョー・クラウゼル久しぶりのアルバムは今までの名曲を集めた近年のベスト盤の内容。リミックスも収録しておりオーガニック&スピリチュアルなハウスは変わらず。4/27リリース!
RECOMMEND
UNDER THE SUN [輸入盤CD] (WARPCD244)_246
UNDER THE SUN [輸入盤CD] (WARPCD244)_246 (JUGEMレビュー »)
MARK PRITCHARD,マーク・プリチャード
RECOMMEND
PAMPA VOL. 1
PAMPA VOL. 1 (JUGEMレビュー »)
DJ KOZE PRESENTS,Matthew Herbert,Lawrence,Mount Kimbie,Jamie XX,Gold Panda,Roman Flugel
DJ Koze率いるPampaのベスト盤が2枚組で登場。官能と変異体が入り組む不思議なハウスが満載。4/29リリース!
RECOMMEND
At The Turn Of Equilibrium
At The Turn Of Equilibrium (JUGEMレビュー »)
Petar Dundov
トランシーで芸術的でさえあるメロディーを得意とするPetar Dundovのニューアルバムは5/6リリース!
RECOMMEND
ツキ (TSUKI)
ツキ (TSUKI) (JUGEMレビュー »)
テンペルホーフ&ジジ・マシン,TEMPELHOF & GIGI MASIN
再評価が著しいアンビエント/ニューエイジの音楽家であるGigi Masinと TEMPELHOFによるニューアルバム。Cloudsのリメイクも含む現在形バレアリックかつ静謐な音楽感は見逃し厳禁。4/27リリース!
RECOMMEND
Talk To The Sea
Talk To The Sea (JUGEMレビュー »)
Gigi Masin
再評価著しいイタリアのアンビエント音楽家、Gigi Masinのベスト盤がMUSIC FROM MEMORYより再発。2年前にリリースされていたものの廃盤となっておりましたが、この度日本でのリイシュー。是非この機会に。5/8リリース!
RECOMMEND
Odisea
Odisea (JUGEMレビュー »)
Suso Saiz
Music From Memoryが新たに発掘したのは、スペインのギタリストSuso Saiz 。ニューエイジやミニマルにアンビエントを、メランコリーなギターが演出する。5/8リリース!
RECOMMEND
Transport
Transport (JUGEMレビュー »)
Juan Atkins,Moritz Von Oswald Present Borderland
テクノの重鎮、デトロイト×ベルリンの邂逅再び。4/29リリース!
RECOMMEND
Ship
Ship (JUGEMレビュー »)
Brian Eno
Brian Enoのニューアルバム。21分にも及ぶ大作shipを含むニューアルバムは正にアンビエント。4/29リリース!
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Tiefschwarz - RAL9005 (Classic:CMCCD105) | main | Ryuichi Sakamoto - Thousand Knives (Nippon Columbia:COCA-12152) >>
Ryuichi Sakamoto - NEO GEO (Sony Music Direct Inc.MHCL1363〜4)
Ryuichi Sakamoto-NEO GEO
Amazonで詳しく見る(初回生産限定盤DVD付)
 Amazonで詳しく見る
音楽仲間からの貰い物。リマスター化と更にはPVが収録されたDVDが付いてくるので、未所持の方は是非ともこの機会に購入をお勧めします。教授の音楽はテクノ、フュージョン、クラシック、ワールドミュージック、ハウスなどとにかく幅が広く、アルバム毎に音が目まぐるしく変わりますが、80年代までの彼の作品は殆どが傑作なので、一枚たりとも聞き逃してはいけないと思っております。本作は87年リリースの通算7枚目のアルバムで、琉球音楽も入っていたりアジアンなムードが漂うロック的なワールドミュージック。なんでどことなくのどかな空気が流れておりますが、リズムが非常に立っていると言うかキレがあってファンクっぽさも感じさせる所もあります。かと思えばどこか切ない歌謡曲もあったり、80年代を感じさせる懐かしさが強いですね。そりゃ20年前の音だから懐かしいのは当然だけど、古臭いとも違って今聴いても洗練されたポップな感覚はあるしとにかくリズムが格好良い。エレクトロニックだけどオーガニックで、自然な音の調和、そしてジャンルの調和があります。教授の"千のナイフ"が好きな人には、本作も間違いなく当りですね。Bill Laswell、Iggy Pop、Bootsy Collinsなども参加していて、ゲスト陣も豪華です。



Check "Ryuichi Sakamoto"
| ETC2 | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 00:10 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1617
トラックバック