CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< November 2014 >>
RECOMMEND
Nobody Knows
Nobody Knows (JUGEMレビュー »)
Joris Voorn
Joris Voorn、7年ぶりとなるアルバムが遂に完成。Ringoを含むエモーショナルなテクノという事で、期待してよいのでは。11/25リリース!
RECOMMEND
Fabric 79
Fabric 79 (JUGEMレビュー »)
Prosumer
Panorama BarのレジデントであるProsumerがFabricに登場。最近プレイしているトラック中心にクラシックなハウスも織り交ぜたハウスセット。12/9リリース!
RECOMMEND
Circuitous [未発表ボーナストラックダウンロードコードつき]
Circuitous [未発表ボーナストラックダウンロードコードつき] (JUGEMレビュー »)
Afrikan Sciences
Afrikan Sciencesによるニューアルバム。即興ライブセットを反映させた作品で変異体ハウスと呼ぶべきか。12/18リリース!
RECOMMEND
Rise From The Shadows
Rise From The Shadows (JUGEMレビュー »)
Dazzle Drums
DJとしての才能は疑うべくもないDazzle Drumsが遂に初のアルバムをリリース。NYハウス系だけにとどまらず硬めのトラックも手掛けて、DJでの経験が活かされた内容になっている。11/19リリース
RECOMMEND
See You When You Get There
See You When You Get There (JUGEMレビュー »)
Session Victim
Delusions Of Grandeurの有望株であるSession Victimの2ndアルバム。オールド・スクールな機材を使ったディープ・ハウスだそうで。11/18リリース!
RECOMMEND
Power Of Anonymity
Power Of Anonymity (JUGEMレビュー »)
Steffi
Panorama BarのレジデントであるSteffiの2ndアルバム。エレクトロとIDMも取り入れながら更にクラブ寄りな作品になったとのこと。11/24リリース!
RECOMMEND
Galactic Soul Odyssey
Galactic Soul Odyssey (JUGEMレビュー »)
Fabrice Lig
ヨーロッパからデトロイト・テクノ病に冒された一人、ファブライスが4年ぶりのアルバムを完成。ボーカル・ハウスもあったり。11/18リリース!
RECOMMEND
Iffy
Iffy (JUGEMレビュー »)
Recondite
INNERVISIONSがリリースする久々のアルバム作品は、ベルリンのRecondite。荘厳でダークなベルリン系ディープ・ハウス。11/10リリース!
RECOMMEND
Livity Sound Remixes
Livity Sound Remixes (JUGEMレビュー »)
Various Artists
UKダブとテクノが邂逅したLivity Soundのリミックス集。SurgeonやNick Höppnerらがリミックスを提供。トレンド的なダンストラックが満載。11/11リリース!
RECOMMEND
ORCHESTRAL MADNESS & LAUGHTER - DANIEL WANG'S PERSONAL SALSOUL MEGAMIX
ORCHESTRAL MADNESS & LAUGHTER - DANIEL WANG'S PERSONAL SALSOUL MEGAMIX (JUGEMレビュー »)
DANIEL WANG
Salsoul Recordsの音源を、世界中のダンスフロアに愛を伝える伝道師Daniel Wangがミックス。6/11リリース!
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Tiefschwarz - RAL9005 (Classic:CMCCD105) | main | Ryuichi Sakamoto - Thousand Knives (Nippon Columbia:COCA-12152) >>
Ryuichi Sakamoto - NEO GEO (Sony Music Direct Inc.MHCL1363〜4)
Ryuichi Sakamoto-NEO GEO
Amazonで詳しく見る(初回生産限定盤DVD付)
 Amazonで詳しく見る
音楽仲間からの貰い物。リマスター化と更にはPVが収録されたDVDが付いてくるので、未所持の方は是非ともこの機会に購入をお勧めします。教授の音楽はテクノ、フュージョン、クラシック、ワールドミュージック、ハウスなどとにかく幅が広く、アルバム毎に音が目まぐるしく変わりますが、80年代までの彼の作品は殆どが傑作なので、一枚たりとも聞き逃してはいけないと思っております。本作は87年リリースの通算7枚目のアルバムで、琉球音楽も入っていたりアジアンなムードが漂うロック的なワールドミュージック。なんでどことなくのどかな空気が流れておりますが、リズムが非常に立っていると言うかキレがあってファンクっぽさも感じさせる所もあります。かと思えばどこか切ない歌謡曲もあったり、80年代を感じさせる懐かしさが強いですね。そりゃ20年前の音だから懐かしいのは当然だけど、古臭いとも違って今聴いても洗練されたポップな感覚はあるしとにかくリズムが格好良い。エレクトロニックだけどオーガニックで、自然な音の調和、そしてジャンルの調和があります。教授の"千のナイフ"が好きな人には、本作も間違いなく当りですね。Bill Laswell、Iggy Pop、Bootsy Collinsなども参加していて、ゲスト陣も豪華です。



Check "Ryuichi Sakamoto"
| ETC2 | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 00:10 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1617
トラックバック