CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< かなまら祭り 2009 | main | DJ Mark Flash - EP Brasilia (Underground Resistance:UR-078) >>
John Tejada - Fabric 44 (Fabric:FABRIC87)
John Tejada-Fabric 44
Amazonで詳しく見る

時代はミニマルです。ミニマルが溢れ過ぎています。その中でオリジナリティーを捻り出せるのは極少数の才能あるアーティストだけですが、John Tejadaも彼独自のドラッギーな音が特徴的なオリジナティーを持った才能あるアーティストです。現にPoker Flat、Sino、7th Cityなどの老舗レーベルからもリリースされる程なので実力は推して知るべしですが、その実力を買われてか人気MIXCDシリーズのFabricに遂に登場。出だしから3〜4曲目辺りまででいきなり美しくも儚いテック系の曲でピークを迎える驚きの展開ですが、それ以降がTejada独自の不穏気な変態ミニマルが炸裂。ギトギトで毒々し怪しく光るシンセが入る曲が多めで、麻薬の泥沼に引き込まれるような中毒性の高いトラックが連発。気持ち良い状態を追い越して行き過ぎた感もあるドラッギーな状態で、ねちねちと暗黒の世界に陥ります。そこから終盤に向けては多少綺麗目のテック系に持ち直して、毒気が抜けて清涼感のある風が吹き込んできます。中盤の暗黒世界とは逆転した快楽的なエンディングが待ちわびていて、何とか救われた気持ちになれる表裏一体型のMIXCDですね。しかしながらやはりこれだけ強く印象に残るのは、やはりTejadaが自分の世界観を形成している証でしょう。またMIXCDなのに自分の曲を4割程も回していてエゴも感じるけれど、それだけ自分の曲に自信も持っているんですね。派手ではないけれど、スルメみたいな味わいのあるミニマル〜テック系のプレイでした。

試聴

Check "John Tejada"

Tracklistは続きで。
01. Dave Hughes / Let's Do It
02. Pigon / Kamm
03. Namlook / Subharmonic Atoms
04. Donnacha Costello / Colorseries Olive B
05. WAX / WAX10001
06. Nekes / Cristal
07. Alex Cortez / Phlogiston EP
08. Palette All-Stars / Downtown Hotel
09. Palette All-Stars / After School Special
10. EQD / Equalized001
11. John Tejada & Justin Maxwell / Benus Boats
12. John Tejada & Arian Leviste / M Track 1
13. Orbital / Fahrenheit 303
14. John Tejada / Torque
15. M-Core / Be Gene
16. John Tejada & Arian Leviste / Forbidden Planet
17. Substance / Relish (Shed Remix)
18. Spooky / Candy
19. John Tejada / The Open
20. LJ Kruzer / Huba (Plaid's 15 Years Lost Remix)
| TECHNO6 | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 00:10 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1623
トラックバック