CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 2009/06/12 Luv & Dub vol.2 CHICAGO vs DETROIT @ KOARA と Todd Terje Japan Tour 2009 @ LIQUID LOFT | main | The Kings Of House Compiled By Masters At Work (Rapster Records:RR0045CD) >>
Detroit Beatdown (Third Ear Recordings:3ECD 001)
Detroit Beatdown
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(UK盤)
デトロイトと言えばテクノ。そんな風に考えていた時期が俺にもありました…。あぁ、でも本当はテクノもハウスも根底の一つには同じブラックミュージックがある訳だし、区別なんか必要無かったんですね。URの最初のリリースだってハウスだったし、Carl CraigやKevin Saundersonだってハウス作ってるし、デトロイトには昔からハウスと言う音楽は存在してたのでしょう。そんなデトロイトハウスの最良のコンピレーションが、本作"Detroit Beatdown"。つまりはテンポを遅くした、ビートを落とした音楽なんですが、ここら辺はあくまでテクノの外向的で衝動的なエネルギーに対して、ビートダウンは比較的ゆったりとして内向的なだけです。もっと注目すべきはよりルーツであるジャズやディスコ、ファンクを意識した音楽であり、黒き熱きソウルが燻り続ける様なホットな音楽であるって事。未来を突き進むテクノの攻撃的なパワーは無いかもしれない。だけどビートダウンにはひっそりと燃え続ける内なるソウルがあり、それは音の強度だけではない芯のある強さを感じさせてくれるものなのです。艶かしい色気のある曲もあれば、手に汗握るファンク、メロウでジャジーなハウスまで、とにかくデトロイトの感情がぎっしり詰まっている。デトロイトの荒廃した街で逞しく生きる人達のソウルミュージックとはこれだったのか。

試聴

Tracklistは続きで。
DISC1
1.Butterfly / Malik Alston
2.Tulum / Alton Miller
3.Falling Up / Theo Parrish
4.Ruby Night / Rick Wilhite
5.Exodus / Norm Talley
6.The Creeper / Mike Clark
7.Change / Norm Talley
8.Let Your Love / Mike Clark
9.Loose Piano / Darren Abrams

DISC2
1.Metropolis / Delano Smith
2.Brotheman / Eddie Fowlkes
3.Velvet Musac / L.A. Williams
4.Powerquest / Eddie Fowlkes
5.My People / Dwayne Jensen
| HOUSE4 | 05:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 05:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1635
トラックバック