CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Johannes Heil - Loving (Cocoon Recordings:CORCD024) | main | Luke Abbott - Holkham Drones (Border Community:30BCCD) >>
那須湯本温泉 雲海閣
雲海閣1

こんにちは、温泉マチュです。温泉大好きな私ですがぶっちゃけそんなに予算がある訳でもないので、温泉に行く時は費用を削減する場合も多々あります。そんな時に役立つのが湯治宿と言われる旅館。だいたいは素泊まりが可能になっていて、また自炊用にキッチンを使える場所も多いです。その代わり宿泊費がめっちゃ安いのです。そんな旅館でなかなか評判が良いのが、那須湯元にある雲海閣。ここは素泊まり宿泊のみしか受け付けておりませんが、一人宿泊でも4500円と格安なんです。そしてキッチンには鍋やヤカン、炊飯器から包丁などの食器、そして調味料や油など(他の長期宿泊客の所有物の可能性もあり)まで置いてあるので、自炊するにはぴったりな場所です。豪華な設備を求めていない自分には十分過ぎる位です。
雲海閣2

2006年の冬に一人で宿泊したのですが、一人宿泊でも10畳以上の大きい部屋で快適でした。結構寒かったので、夜はコタツの中に籠って近くの酒屋で買った日本酒をちびちび飲みつつ、旅館に置いてある漫画をずっと読んでおりました。

雲海閣3

TVやポットもあるんで、特に不自由は感じません。トイレは共同だけど、別に問題ないよね。冷蔵庫はキッチンにあるから、そこにお酒などは冷やしておけます。

雲海閣4

さてさて、評判の良い温泉に入りに行くとしましょう。旅館のメインの部分は高台にあるのですが、浴場は下の方にあるので長い階段を下っていくのです。結構長くて疲れるんだわ…

雲海閣5

これは一つ目の温泉。明礬泉で湯の花もちらほら、この時は透明だったけど時には白く濁ったりもするらしい。タイル張りの古く朽ち果てそうな浴場ですが、汚い訳でもなく問題は無し。かなり熱かったのでホースで水をどばどば投入してから、のんびりと浸かる。余り刺激はなくまろやかな感じだったかな。この浴場は男女別に一つずつあったけど、空いている時は旅館の人に連絡すれば無料で貸切にも出来るようです。ま、大概はそんなに混んでいないで、ほぼ貸切は可能かと。

雲海閣6

その後は更に下にある評判の温泉へ移動。大人二人が入ってしまえばいっぱいになる小さな木造の浴槽が二つ。たったこれだけです。しかし、しかしである、これが素晴らしい名湯なのである。なんと近くにある有名な"鹿の湯"から源泉をそのまま引いていて、それをこんな小さな浴槽へと流し込んでいるのだ。"鹿の湯"は温泉通には余りにも有名な温泉で、何時行ってもかなり混んでいるんですわ。しかし雲海閣ならのんびりと、情緒ある木造の浴室で入浴する事が出来るのです。

雲海閣7

温泉成分は酸性・含硫黄-カルシウム-硫酸塩-塩化物温泉との事。めっちゃ硫黄の匂いが充満していてこれぞ温泉と言った感じ。しかし酸性ながらも肌に強烈な刺激がある訳でもなく、意外にもまろやかでした。左の浴槽が熱湯、右がそれよりは多少低い温度。しかしながら熱湯の方自体が相当熱くて入れないので、右の方でもやはり少々熱い。でも源泉掛け流しで新鮮な硫黄泉に入れるのだから、本当に素晴らしいのです。入る前は湯も澄んでいるんだけど、入ると底に溜まった湯の花が一気に舞い上がり白く濁ります。おぉーいかにも温泉じゃーっと嬉しい気分でした。

旅館自体は格段に綺麗でもないし、豪華な設備や施設があるでもなく、本当に温泉好きな人の為の質素な旅館です。気の利いたサービスも無いし素泊まりだけですが、自分で自由気ままな温泉旅行をする人にとってはお勧めしたい宿でした。

HP:那須湯本温泉 雲海閣
住所: 栃木県那須郡那須町湯本33
電話番号:0287-76-2016
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC2 | 07:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 07:00 | - | - | |

コメント
ここは本当にいいお湯ですよね
私も別荘感覚でよく泊りに行ってます
| BBQ | 2010/09/16 3:04 PM |
>BBQさん
時間が許すならば何泊かして、のんびりと過ごしたいものです。
とにかく安いからこのご時勢には有難いですね。
| マチュ | 2010/09/17 6:46 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック