CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Kentaro Iwaki - Mule Musiq Mixed 2009 (Mule Musiq:MMD11) | main | 2009/05/08 CLUB MUSEUM 6th Anniversary! @ Unit >>
Omar S - Detroit - Fabric 45 (Fabric:fabric89)
Omar S-Detroit-Fabric 45
Amazonで詳しく見る

ロンドンの大型クラブ・Fabricが手掛けるMIXCDシリーズの最新作は、デトロイトのアンダーグラウンドを突き進むアーティスト・Omar Sが担当。Fabricシリーズでは世界的にも有名で人気のあるアーティストを選出していたので、ここにきて一般的に地味な存在であろうOmar Sを引っ張り出した事には驚きと共に、懐の深さを感じさせます。何て言いつつも自分は普段彼の音源を聴いている訳じゃないので予想も付かないMIXCDだったんだけど、まさか全曲自分のトラックだけでミックスしちゃうんなんてまたまた偉業です。あとは音を聴いてどう感じるか、しかしこれが地味なんだわ、底抜けに。一聴して自分は退屈だと思って、こりゃ失敗かなと思った事もありました。が何度も聴くうちにMoodymannやTheo Parrishとも似て非なる魅力に気付き始めたんですよ。確かにアナログで雑なローファイサウンドは共通するものの、ソウルフルなハウスでありながらミニマルなグルーヴが強くどっぷり闇に引き込まれる事を感じたのです。淡々としながらも的確に紡がれるグルーヴと内に秘めたる感情的な音が相まって平凡で退屈なミニマルとは一線を画していて、やはりデトロイトミュージックが感情に満ちた音楽である事を思い出させるのです。これはブラックミュージック以外の何であろうと言うのか、本当に真っ黒なミックスです。100%アナログ使用、糞なコンピューターやプログラムは一切使用していないと本人が宣言しているのも素敵です。

試聴

Check "Omar S"
| HOUSE4 | 08:00 | comments(3) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 08:00 | - | - | |

コメント
リカルド以来の全曲自作ミックスですよね。
地味なようでスルメのように味わい深いと思いました。彼はセオ同様ブートのミックスも多く出てるのでそちらも聞いてみたいなぁ〜
| かずき | 2009/05/08 8:09 AM |
彼のMixCDR、自分は購入こそしてないのですが、内容はすげー濃くて、アシッドとクラシック。ドープ&ファンキーってな感じで相当良かったですよ。
| taken | 2009/05/09 1:28 AM |
>かずきさん
全曲自作なのはライセンス料がかからないから…じゃなくて、きっと自身の曲が良いからだと信じたい。
ブートって多分CDRなんですよね?む〜ん

>takenさん
で、やはりブートはCDRか〜。CDRだとちょっと買うの考えますよね。
アシッドとか入っていると聴きたくなりますが。
| マチュ | 2009/05/09 8:45 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1669
トラックバック