<< Danny Krivit - Expansions Nite:Life 011 (NRK Sound Division:NRKMX011) | main | Aphex Twin - I Care Because You Do (Warp:WARPCD030) >>
Aphex Twin - Selected Ambient Works 85-92 (Apollo:AMB3922CD)
Aphex Twin-Selected Ambient Works 85-92
Amazonで詳しく見る

寒くて寒くて家を出る気にならず、週末暇だったのにクラブにも行かずに家でネットして怠惰に過ごしてます。冬は正直クラブに行くの面倒だよね。厚着してくからクラブの中で脱いでロッカーに入れたり、手間も金もかかるし。でも後になってやっぱりパーティーに行けば良かったと思って後悔したり。

そういえばAphex Twinの久しぶりに新譜が出たけど、どーですか?僕は好きですね。今更斬新さを求めるのは酷なので、今回みたいにアシッドで単純にかっこいい作品を出してくれるだけで良いと思います。新譜ついでにAphex Twinの中で最もポピュラーな作品を紹介しましょう。と言ってもありとあらゆる所でレビューはされてるし、今更僕が紹介する必要も無いとは思うのですが…。彼の経歴から紹介しようと思ったけど、それを述べるだけでも膨大な量になるので経歴についてはGoogle検索でも参考にしてください。

でこの最もポピュラーな「Selected Ambient Works 85-92」なんだけど、これは僕がデトロイトテクノ並に影響を受けた音楽の一つで、ほんと何度聴いても飽きない作品です。まず何と言っても1曲目の「Xtal」、これによって僕はこのアルバムの虜になってしまったのです。若干アンビエントも混ざった牧歌テクノ?とでも言うのでしょうか。アンビエント風ではあるけれど、ノンビートでは無いしそんなにも快楽的と言う訳ではありません。むしろこれはAphex Twinの脳内妄想を、音として具現化したのではないかと思います。その若かりし頃のオナニー表現と言える物が、何故こんなにも多くの人を引きつけるのか、それは僕にも分かりません。ただ田舎の田園風景を喚起させるような優しいメロディーと、浮遊感のある幻想的な音が、ひたすら気持ち良いと言う事でしょう。ノイズ混じりのお世辞にも録音状態が良いとは言えない物だけど、逆にそれが手作り感覚を思わせ温かみを感じさせます。同様にこのアルバムにはアンビエント風の曲が多いのですが、それだけではありません。極度に捻り曲げられたTB303のアシッド音が、ビキビキウニョウニョなり響くアシッドテクノも入っているのです。しかしそれはシカゴから来たファンキーなアシッドハウスでは無く、電子的で狂気を感じさせる不穏なアシッドなのです。これこそがAphex Twinが他のアーティストとは一線を画するアシッドであり、最近の新譜にも感じられる物だと思います。Aphex Twinの音はAphex Twinにしか出せない独自の音だと思うのですが、何故こんなにもメタリックな音を出せるのか。かと思えば時には優しく空気の層が積み重なった様な柔らかい音を出したり、全く想像の範囲を超えています。まあそれでもこのアルバムはこれ以降の作品と比べると、かなりノーマルに感じられると思います。そうゆう意味でもポピュラーな作品なんではないでしょうか。

もしテクノが好きでかつこのアルバムを持っていないのなら、今すぐ買うべきでしょう。買えないのなら友達から強引にでも借りるべきです。これを聴かないで最近のどうでも良い様な新譜を買うなんて、断言しますが無駄です。

無駄無駄無駄無駄無駄っっっ〜〜〜〜!!!(JOJO風)(これをやりたかっただけなんじゃねーかと…)

そう言える位の名盤だと思いますよ。

試聴

Check "Aphex Twin"
| TECHNO1 | 21:00 | comments(8) | trackbacks(4) | |
スポンサーサイト
| - | 21:00 | - | - | |

コメント
Xtalいいですよね〜♪僕もこのアルバムというかAphex Twinの作品で一番すきです。
| syo | 2005/02/06 8:58 PM |
これは名盤だね〜
それまでテクノっていうとジュリアナ系の悪いイメージしか持ってなかった(すいません中学生くらいの話ですw)がこれ聞いてテクノっていいな〜と思うようになったきっかけですね。
| cdvader | 2005/02/06 8:59 PM |
これはもう超超超超名盤ですね!
単純に音として素晴らしいだけじゃなくて、その後のシーンの礎を築いたという事で100年後も残ってる音楽です。間違いない。

といかマチュさんもジョジョ好きなんですね!
| kinya_0805 | 2005/02/06 9:15 PM |
無駄無駄…に、、ニヤソ
| yukari.m | 2005/02/07 4:54 PM |
自分もxtalを聴いて目覚めたクチです。
ただ今となって思うのは、AphexTwinの中で一番初めにこのアルバムを聴いていて良かったな、と。
自分の中でも重要な位置にあるアルバムです。ちょうど転換期。

無駄無駄ー(言ってみたかった、笑)
| kuma-neco | 2005/02/07 10:38 PM |
>syoさん
Xtal、単純だけどほんとに心に響く曲ですよね、素晴らしいです

>cdvader
確かに日本でのテクノの紹介のされ方は、ジュリアナとかのハードコアテクノが一般的だったからね〜。今思うと笑っちゃうけど。

>kinya_0805さん
JOJOは大好きですよ。特に1-3部が名作だと思います。
JOJOの擬音語と言うのは、ツボを得ていますね

>yukari.mさん
ウイリリリリリィィィィィィィッッッ

>kuma-necoさん
僕も他のアルバムから聴いてたらきっとAFXを聞き込む事は
なかったかもしれないですね。今考えるとかなり聴きやすい
作品なんだなぁと。
| マチュ | 2005/02/08 12:59 AM |
ジョジョはやっぱり第四部が最高でしょ 
| ドリルマン | 2006/01/06 8:07 PM |
>ドリルマンさん
僕は2部か3部ですかね。2部でシーザーが死ぬ所が
悲しかったですね
| マチュ | 2006/01/09 10:47 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/168
トラックバック
Aphex Twin - Selected Ambient Works 85-92 (1991)
テクノにおける革命的な作品らしい。 なんでもこの人が自分の頭の中で鳴っている音を造るために 自分でシンセサイザーを改造してしまったらしい。 最初聞いたとき(中学生?)はよくわからなかったけど、 段々と体に馴染んできます。 でもこれを作ったとき
| CDVADER | 2005/02/06 8:56 PM |
Aphex Twin - Selected Ambient Works 85-92
Aphex Twin   "Selected Ambient Works 85-92" Label: Sony Music Entertainment (Japan) Catalog#: SRCS 7349 Released: 21 May 1993 今では伝説になっている彼ですが、その昔はシンプルな音にシンプルなリズムで曲を作っていたのですね。それでも彼の
| today's electronica | 2005/02/08 12:58 AM |
Aphex Twin: Selected Ambient Works 85-92
Aphex Twin, Selected Ambient Works 85-9...
| tanaBLOG | 2005/02/21 1:30 PM |
【Selected Ambient Works 85-92】 / Aphex Twin
【Selected Ambient Works 85-92】 / Aphex TwinLebel : Pias America Released : 2002,02,12 (※オリジナル盤:1993) Artist Site : http://www.drukqs.net/ Listen : ■今更このアルバムのレビューを書く事もないのですが、テクノを好きなくせにこのアルバムを持って
| □■ microbeat homepage ■□ | 2005/06/04 10:05 PM |