CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Steve Bug - The Lab 02 (NRK Sound Division:LAB002) | main | Oscar Mulero - Tresor Mix : Under Review (Tresor Records:TRESOR.235) >>
Samuel L Session - Again On Monoid (Monoid:monoidcd007-2)
Samuel L Session-Again On Monoid
Amazonで詳しく見る

スウェーディッシュテクノを代表する一人・Samuel L Sessionが送る、ノリノリでヒット曲満載のテクノミックス。Samuelって言えば2000年位からハードミニマルとかの流行にのって頭角を表してきたアーティストの一人なんだけど、彼のトラックはハードでトライバルだけでなくデトロイトっぽさやメロディアスな面もあったり、一辺倒にならない器用さが目立っておりました。大ヒットした"Merengue"は、"Jaguar"ばりのメランコリーにハードなリズムが合わさっていて、本当に素晴らしかったですね。本作はそんな彼の音楽センスがモロに前面に出ていて、やはりアッパーでハードな硬めのテクノにメロディアスで流麗なトラックも混ぜて、勢いよくガンガンに曲を繋げていきます。非常に流れの早いミックスで、だいたい1分半程度で曲が繋がれていくんだけど、本作はハードミニマルではないものの勢いに任せたそのプレイは確かにハードミニマルが流行っていた時代を感じさせます。自身の曲やPaul Mac、Adam Jay、Deetron、Len Faki、Daniel Jacquesなどのごっついトライバル系、そしてRenato Cohen、Joris Voorn、Alexander Kowalskiらの浮遊感漂うメロディアスなトラックなどを、山あり谷ありで混ぜて最初から最後まで飽きない流れを作っているんです。まるでジェットコースタに乗っているかの様な激しい展開で、愉快痛快爽快な清々しささえ感じられます。でもこれって実はまだ4年位前の作品なんだけど、たった4年と言う期間なのにテクノのシーンも随分と変わった様に感じられますね。テクノシーンの移り変わりは本当に速いのです。

試聴

Check "Samuel L Session"

Tracklistは続きで。
01. Cari Lekebusch Feat. D-Dhi / Ladies Roll
02. Renato Cohen / Popero01
03. Polyvinyl / The Ruler Allows Mischief
04. Allan Banford / Capoeila (Version)
05. Hugg & Pepp / Strumpa
06. Ignacio / Humana-Ished
07. Joris Voorn / Shining (Third Nation Mix)
08. Joris Voorn / Year Of The Monkey
09. Len Faki / Figure 2.2
10. Samuel L / Flipmode
11. Len Faki / Just A Dance (Technasia's Filter Dub)
12. Dave Clarke / The Wiggle
13. Martin H / Midnight Twist
14. Daniel Jacques / Apther Soul (Martin H Mix)
15. Alexander Kowalski / Days Of The Liar (Joris Voorn Tribalicious Mix)
16. Paul Mac / Sustained Hope
17. Samuel L / Soul Syndrome
18. Deetron / Don't You Know Why? (Edit 9000)
19. Deetron / Batuque
20. Adam Jay / Sorry Everybody
21. Adam Jay / Silk
22. Allan Banford / Groove Charanga
23. Paul Mac / Where Is The Dough
24. Paul Mac / Vol 8
25. Alex Flatner & Stryke / Baby Likes To Move (Paul Mac Remix)
26. Samuel L / Into The Groove
27. Samuel L Session / South American Dubs Pt 4
28. Samuel L / Tribe Cutz A2
29. Hertz / Three Ways (Third Way)
30. Samuel L / Shattered Glass (Micro Mix)
31. Deetron / What If... (Tomorrow Never Comes) (Instrumental)
| TECHNO7 | 09:15 | comments(0) | trackbacks(1) | |
スポンサーサイト
| - | 09:15 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1687
トラックバック
A Samuel L Session Again on Monoid
ニュースでご当地ナンバー を報道していた。各地域の中で予約数トップだったのは柏だそうな。あ〜…何でトップなのか分かる気がする。このブログ名が表している通り、ボクが現在住んでいるのは横浜だけど、何を隠そう生まれ育ちは柏。柏で走っている車のナンバープレ
| Yokohama Beat Junkie | 2009/11/01 1:07 AM |