<< 埜庵 kohori-noan 7回目 | main | 2009/08/15 DK SOUND @ 川崎の某工場屋上 >>
Manuel Gottsching - E2-E4 Live In Japan (Music Mine:IDBQ-9001)
Manuel Gottsching-E2-E4 Live In Japan
Amazonで詳しく見る

もし奇跡と言う言葉を使用する事を許されるのであれば、この"E2-E4"(過去レビュー)の世界初ライブは正に奇跡なのであろう。いや、ワンフレーズで60分を引っ張っていくこの曲の存在自体も既に奇跡ではある。音源のリリースから20数年、テクノロジーの発達により遂に一人でライブを行えるようになった時、その世界初のライブ場所に選ばれたのが日本。本当にこれは嬉しく素晴らしい事であったと思う。ここに来るまでに"E2-E4"はジャーマンプログレと言う世界を飛び出し、クラブと言う場所において大勢のダンサーを狂わせ、テクノやハウスの大御所達のリメイクを誘発し、ジャーマンプログレ以外のリスナーの沢山を巻き込んできた。官能的で情熱的でしかしクールで、そして神々しささえ感じさせる美しさが濃縮された一時間。そして2006年の世界初ライブ、きっと期が熟していたのであろう、そして完璧なタイミングだったんだ。SHM-CD仕様、ライブ映像を完璧収録したDVD付きで限定3000枚、追加生産・販売は一切無し。これを聴き逃す事無かれ。

最後に"E2-E4"を最高に官能的なバージョンでリミックスしたDerrick Mayが、"Strings Of Life"に対して発言したコメントを引用したい。何故ならば"E2-E4"にもきっと同じ物が存在するから。

「君は高い崖っぷちからダイブしたような、そんな気持ちにさせてくれる音楽を聴いた事があるかい?自分ではそれは出来ないと思っていても、心の中は満ち足りてしまったようなあの状態、あの曲はきっとみんなをそんな気持ちにさせたんだと思う」



Check "Manuel Gottsching"
| TECHNO7 | 10:30 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 10:30 | - | - | |

コメント
いいレビューですね。
E2-E4の音源はいろいろ持ってるので、
ライブの動画とかあんま興味なかったんですが、
マチュさんのおすすめ具合にヤラれて買います。
デリックの言葉はほんと深い言葉です。
朝、素っ裸で録音したとは思えないポエジーですね。
| J汁 | 2009/08/15 10:19 PM |
>J汁さん
E2-E4はまじヤバイですね。
リミックスのSueno Latino、Carl CraigによるRemakeなど
派生作品もいまだにフロアで回されますし。

デリック先生は嘘八百なんだけど、時々ロマンティックな言葉を発するんですよね。
デリック先生、また素っ裸になって新作作って欲しいです。
| マチュ | 2009/08/16 5:34 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1773
トラックバック