CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Bodycode - Immune (Spectral Sound:SPC-72) | main | キラークエスチョン 山田玲司 (著) >>
2009/09/12 TRES VIBES - a weekend monster saved my life - @ Womb
Mobilee Recordsと言うレーベルを運営しているAnja Schneiderと言う女性DJが出演するパーティーに行ってきました。実はそのレーベルもDJも両方知らなくて、自分は最近はテクノの最先端からは完全に遅れをとっている事を実感…。なんつーか最近は昔のクラシック聴いたり緩めの音楽聴いたりそんなんばっかなんで、ベルリンで幾ら人気があるレーベルと言われてもいまいちピンと来ない。それに新しい音楽を求める・発掘する作業に少々疲れ気味と言うか、余りにもピンキリで多くの新作がリリースされるからそれを取捨選択するのが面倒なんだな。そんな訳で今回はよく分からないまま、友人に誘われてWOMBにやってきた訳です。

1時過ぎに入ったら既にゲストのAnja Schneiderがプレイ中。前半は比較的硬めでクリッキーなテクノをプレイ中。あまりアッパーには行かずにじわじわと、そして色気も出さずモノトーンで渋い選曲。汗だくになるまでは行かずに程良いノリの中でコチコチパキパキした音が続いて、そして中盤からは徐々に音数多めでハードミニマルとまでは行かないまでも結構ハードなミニマルになってきて、勢いがついてきましたね。最近は家じゃハードな音楽は聴いていないんだけど、やはりクラブでハードな音がかかると自然と盛り上がってしまい、酒もがんがん進みとにかくハードな音に酔いしれていました。それでもやはり余りメロディーとかが入る曲は無いから、なんつーかストイックと言うか、人によっては地味に感じる事もあるかも。僕個人としてもハードな選曲の中にデトロイトクラシックなんかが混ざると、めちゃめちゃ盛り上がるんだけどね。でもまあ知らないDJだったけど、それでもなかなか盛り上がれて楽しかったです。

■Anja Schneider - Back To Back
Anja Schneider-Back To Back
Amazonで詳しく見る
| EVENT REPORT2 | 06:45 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 06:45 | - | - | |

コメント
箱に関しての文句がないのは、もう諦めてるんですかね?まあ、言うまでも無いってことですかね。
| | 2009/09/16 12:24 AM |
>名無しさん
今回はそこまで激混みでもなく快適だったし、音もそこそこに出ていたかなと。
ムードのある箱だとは思わないですけどね。
| マチュ | 2009/09/16 8:57 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック