CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 2009/09/19 FREEDOM SUNSET @ 江ノ島展望台 | main | 2009/09/20 CHAOS @ Unit >>
2009/09/19 TAICOCLUB '09 KAWASAKI @ 東扇島公園
FREEDOM SUNSETでベロベロになった状態で電車の中でもベロベロで女の子に絡みつつ、川崎駅へ到着。シャトルバスはいっぱい出てるから予想よりも楽に東扇島公園に到着。バスでも駅から30分はあるんで、立地はちょっと悪いけど。公園自体は結構大きくて芝生も多いし、寒くなければ快適だったはず。つか川崎を舐めてました、長袖シャツ一枚持っていたけどそれでも超寒かった。余りにも寒くて死ぬかと思ったけど、女の子からセーター借りて助かりました。本当にありがとう。女の子の服って、男とボタンのかけ方が反対なんすね?では適当に記憶のある限りで感想を。
Plaid。あんま記憶にないが踊れないので5分程聴いて移動。

Omar-s。自分が聴いた時はシカゴっぽい荒くれた音だったけど、そんなに長く聴けず。

Mum。牧歌的なフォーク?ロック?自分はデビューした頃のアルバムは持っているけれど、随分と変わっちゃったと感じました。当たり前だが初期メンバーは脱退してるしね。シート敷いて寝ながら聴いてたけど、最後にやった初期の名曲・Green Grass of Tunnelだけは良かった。

sleeparchive。WOMBで既に体験はしていたけれど、その時と変わらず硬派なミニマル。クールでモノクロな音。電子発信音と言うべきか。

Monolake。個人的には期待していたんだけど、リズムがかっちかちの硬めのテクノで良くも悪くも裏切られた。俺はね〜、ノンビートなアンビエントを聴きながら寝たかったんだよな。初期みたいなスモーキーなのを聴きたかったよ。なに、フェスでそんなんじゃ盛り上がらないってか?

■Monolake - Hongkong(過去レビュー)
Monolake-Hongkong Remastered
Amazonで詳しく見る


相対性理論。なんかね、若い人に人気あるバンドらしい。女の子の声だけは可愛い。音はポップ。でも70年代の焼き直しの一言。悪くはないが、こんなに人気ある理由は分からん。

Carl Craig。超ベタなDJの一人、そしてデトロイトテクノを最も未来へと進めた張本人。基本的に自身のトラックはよく回すし、デトロイト系とゴリゴリ硬めでトライバルなの回したり、大箱系アッパーテクノ。無難と言えば無難なんだけど、盛り上げ方を知っている人だと思う。

■Carl Craig - Fabric 25(過去レビュー)
Carl Craig-Fabric 25
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)

James Holden。アシッディー、サイケデリック、エクスタシー、危ない音がする。やはり別格。少ししか聴けなかったので、WOMBで再対面しようと思う。

■James Holden - At The Controls(過去レビュー)
James Holden-At The Controls
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(UK盤)

PARA。ジャムバンド?朝方でゆる〜いロックだった記憶が。今調べたら山本精一のバンドだったのね…真面目に聴いておけば良かった。

Theo Parrish。朝方日が昇りはじめてからセオへ突入。やはり別格。見た目も相当真っ黒になっていたが、音も真っ黒。ファンク、ソウル、ディスコとか音自体は古めなんだけど、彼が回せば超絶熱くなる。日が昇ってからはまじで気温が熱かったぞ。低音がぶっとい、割れんばかりだった。そして逝ってしまうイコライジング。つまみを絞りまくりで音が荒い、だがそこに痺れる憧れる。

■Theo Parrish - Extended Boundaries(過去レビュー)
Theo Parrish-Extended Boundaries
Amazonで詳しく見る


と言う事で結局クラブで聴くようなTheo ParrishとCarl Craigが断トツに良かった。あとライブステージはいらない気がするな。特にライブ聴くような客層って朝方残らないから、朝方のライブステージはがらがらで可哀想。まあ良くも悪くもフェスだからね。あとは、フェスは色々アーティストが出るから、なかなか一人のアーティストに集中出来なくてヤキモキする。そこら辺は割り切ってグダグダ楽しむのがフェスだと思えば良いのかね。クラブに引き籠もりな俺には、たまには野外フェスも悪くないかも新米。
| EVENT REPORT2 | 22:20 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 22:20 | - | - | |

コメント
VINCEWATOSONみたいから苗場というのもアレで
結局 川崎も苗場もなし(苦笑)JAMESとフランソワを
ハシゴでしょうか。

今年はあらためて、Omar-s。Monolakeともう1回単独でも見たい人が多かったですね(いいなぁ) PARAはわりと定期的にやっていますし、カタギの時間も多いので是非(好きです)
| LM | 2009/09/21 7:17 PM |
>LMさん
フランソワとホールデン両方行ったんでしょうか?
フランソワは既に日本人化してますね。
一年に何度日本でやっているのか…
テクノセットじゃなくてディープスペースセットが聴きたいですなぁ

Omar-s…単独だと集客が悪そうだから、小さな箱になりそうですね。
Monolakeも来て欲しい、アンビエントセットで!!!!
| マチュ | 2009/09/22 7:51 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1812
トラックバック