CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 2009/09/20 CHAOS @ Unit | main | Jebski & Yogurt (Rose Records:ROSE93) >>
2009/09/21 So Very Show ! “Border Community” show case @ Womb
シルバーウィーク四発目、ボダコミュ総帥のJames HoldenとレーベルメンバーのLuke Abbott。絶倫の俺(※嘘です)でも四発は辛いです。がマイミクと一緒に行く予定だったので、眠気に負けないようにエスタロンモカとレッドブルでドーピングして行きました。クラブ前にバーでアルコール注入。テクノ談義で盛り上がった勢いのまま、WOMBへ移動。
さてJames Holdenと言えば以前にもWOMBに来た事があり、その時は半端ない混みようで全く動けなかったけど、今回はタイコクラブにも出演していた影響か普通の混んでいる状態。あの時は財布を無くして全く楽しめなかったけど、今回は想像以上に素晴らしかったです。まずはLuke Abbottのライブ、なんだかガラクタをひっくり返したようにごちゃごちゃとしながらも、何となく可愛らしさを感じさせるブリーピーなテクノサウンド。遊び心に溢れているようでパンキッシュでもあり、ズガズガと強烈な音が鳴っていたような。テクノと言えばテクノだけど、やはりボダコミュらしい奇天烈さがありました。

そして待ち侘びたJames Holden、テクノ?プログレ?シューゲイザー?例えようのないぶっ飛んだ音が出る。初っぱなAnimal Collectiveの"My Girl"、うわーなんて意外な、しかしサイケデリックでカラフルな世界観。その後もアシッディーでどぎついシンセがギラギラと鳴る強烈なテクノが連発。DJとしては使い辛いような気もする主張のあり過ぎるトラックがこれでもかと続くんだけど、どんどんサイケデリックな世界に引き込まれある意味トランス状態。後半に進むに連れてアッパーになっていき、音の密度が高い空間が構築されていきます。正直かなりどぎつい、場合によっては吐き気さえもよおすんじゃないかと思う位のドラッギーな音なんだけど、本当に快楽・恍惚が溢れ出る。万華鏡みたいな極彩色の世界が広がったよ。と言う訳で3時間弱のグッドトリップ?バッドトリップは瞬く間に終わりを迎えました。素晴らしきサイケデリア。

帰りにマイミクの子と神座でラーメン食べて帰宅。クラブ後のラーメンは何故か美味い。

■James Holden - At The Controls(過去レビュー)
James Holden-At The Controls
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(UK盤)
| EVENT REPORT2 | 07:45 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 07:45 | - | - | |

コメント
タフですね〜
自分なんてタイコ行っただけでまだその疲れが取れず、
なんか喉痛いのが続いていて
インフルか!?と心配な感じですよ〜
発熱するまで潜伏期間あるみたいですからね・・・
タイコは石けんなかったからな〜少し考えて欲しかった。。。
メタモは石けんあって皆真面目に石けん使ってたし・・・
| kenbo | 2009/09/22 7:06 PM |
>kenboさん
さすがに疲れました〜。
石鹸…タイコにあったのか、全然気付かなかった。

それよりも風が強くてコンタクトだと砂が入ってしんどかったです。
| マチュ | 2009/09/23 12:35 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック