CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Collection Vol.1 Bijou R.I SOUNDS mixed by DJ MAAR (Avex Entertainment Inc.:NFCD-27204) | main | Vladislav Delay - Tummaa (Leaf:BAY 72CD) >>
Warp20 (Recreated) (Beat Records:BRC-242)
Warp20 (Recreated)
Amazonで詳しく見る

冷静になるとブログにひでぇ事書いたなぁと気付く。時々狂ったりモヤモヤすると書かずにはいられなくなるが、これじゃあただのキモメンがスーパーキモメンになり、今まで以上に女の子はドン引きだ。しかし記録は記録、自分への戒めとして消去はしない。

テクノと言う常に改革を望む世界において、一つのレーベルが20年も続くと言うのはある意味奇跡でもある。そんな奇跡を実現したのがUKのWarp Recordsで、今年で遂に20周年だそうだ。それを記念してリリースされたのが本2枚組で、Warpの音源をWarpのアーティストがリメイクしたコンピ。とは言え正直なところ自分には物足りなさの残る企画で、昔のWarpの音を期待している人は完全に肩透かしを喰らうだろう。当たり前の事なんだけど、これはテクノの殻をぶち壊してレフトフィールド的な自由性を持った音楽性を進んでいる今のWarpの音が中心だと言う事。僕はやっぱり昔のインテリでダンスフルな頃のWarpに思い入れがあるから、その時点でこの企画とはもう合わなかったんだろう。またリミキサーにBoards Of CanadaやAndrew Weatherall、Aphex Twin、Speedy Jら重鎮が入ってないのは、物足りなさどころか失望さえ隠せない。ぶっちゃけな話90年代の重鎮に比べると、今のWarpのアーティストってそんなに魅力的には感じられないんだ。色々手を広める事で時代を生き抜いてきたのは分かるけど、テクノの可能性をもっと見つめ直して欲しい。ま、単純に言えばもっとテクノを聴かせろってだけだ!

試聴

Tracklistは続きで。
DISC 1
01.Milkman/To Cure A Weakling Child(Originals by Aphex Twin)- Born Ruffians
02.Japanese Electronics(Original by Elecktroids)- Jimi Tenor
03.When(Original by Vincent Gallo)- Maximo Park
04.A Little Bit More(Original by Jamie Lidell)- Tim Exile
05.Midnight Drive(Original by Elecktroids)- Rustie
06.LFO(Original by LFO)- Luke Vibert
07.What Is House?(LFO Remix)(Original by LFO)- Autechre
08.Cabasa Cabasa(Original by Wild Planet)- Russell Haswell
09.So Malleable(Original by Milanese)- Clark
10.Fool In Rain(Original by Pivot)- Diamond Watch Wrists
11.Paint The Stars(Original by Jimi Tenor)- Hudson Mohawke ft.Wensday Night

DISC 2
01.3/4 Heart(Original by Balil - Black Dog Productions)- Mark Pritchard
02.In A Beautiful Place Out In The Country(Original by Boards Of Canada)- Mira Calix 0with Oliver Coates
03.Colorado(Original by Grizzly Bear)- Pivot
04.Kaini Industries(Original by Boards Of Canada)- Bibio
05.Little Brother(Original by Aphex Twin)- Jamie Lidell
06.Vordhosbn(Original by Aphex Twin)- Leila
07.Phylactery(Based on Tilapia by Autechre)- John Callaghan
08.I Found The F(Original by Broadcast)- Gravenhurst
09.On My Bus(Original by Plone)- Plaid
10.Acrobat(Original by Maximo Park)- Seefeel
11.Hey! Hey!、Can U Relate?(Original by DJ Mink)- Nightmares on Wax(Bonus Track for Japan)
| TECHNO7 | 09:45 | comments(4) | trackbacks(2) | |
スポンサーサイト
| - | 09:45 | - | - | |

コメント
今のワープに対するその気持ちはよくわかるよ。
ぼくも同じだ。
| DJ Heartwarm | 2009/10/01 11:24 AM |
どうも。
先日マイミクにして頂いた
ハムスター大好きです。
このblogは色々なアーティストの出会いを作ってくれたので、
大変感謝しています。
今後ともよろしく御願いします!!

で、warpなのですが、同意見ですね。
昔はインテリテクノとくくりつつもエイフェックスを始め、
無茶苦茶な影響力と孤高を両立していたのがよかったのですが、
最近は何かこじんまりしているような気がしてて。。。。
でも期待しているレーベルなので復活してほしいです!!
| ハムスター大好き | 2009/10/01 8:25 PM |
> しかし記録は記録、自分への戒めとして消去はしない。

マジかっこいいよ!マチュさん!
| beatjunkie | 2009/10/01 9:10 PM |
>DJ Heartwarmさん
あ、やっぱり?同じ意見の人がいて安心しました。
でもこんな事言ってると、ただの懐古人間とか言われそうで…

またDJやる時に空いてたら遊びにいきまーす、次新宿でしたよね?

>ハムスター大好きさん
どうもどうも、参考にして頂けるとほんと嬉しいです。

Warpは新しい事を開拓しようとしている気持ちは分かるけど、それに質が伴っていないって言えば良いのかな。
今だからこそUKの重要テクノレーベルとして、テクノを再度掘り下げて欲しいんです。
また良い音聴かせて欲しいですね!

>beatjunkieさん
ちょっとウホッて来ました?
あ、でもダメですよ、僕ノンケなんで。
でも阿部さんみたいな男気のある人なら…
| マチュ | 2009/10/01 10:28 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1820
トラックバック
Warp20 (Recreated)
昨日に続いて Warp 20 周年記念盤。ライナーによると、 Warp に何かしらの形で関わってきた新旧アーティスト達が、Warp に残されたクラシック・トラックや現在の彼らを代表するトラックをカヴァーするという趣向によって作られている。そうだ。そう言えば、10 周年のと
| 音盤収集病患者の館 − 裏 Monkey Dance on a "Rocking Horse" | 2009/11/16 10:19 PM |
Warp20(Recreated)
Warp20(Recreated) こちらはWarp所属アーティスト達による、Warp音源カバー集。ここ最近はロックフィールドに守備範囲を広げていると書きましたが、それも野心的であるが故と理解していま
| Yokohama Beat Junkie | 2009/11/19 11:34 PM |