<< 小平天然温泉 テルメ小川 | main | The La's - BBC In Session (Go! Discs:984 185-0) >>
2009/10/03 groundrhythm @ Air
最近気付いた事、このブログって自分が思っていた以上の人に読まれている事。プライベートな話も書いているので、なんだか羞恥プレイされている気になった。それを書く事でストレス発散にもなっているから、仕方はないんだけど。あ、でもほんと普通の人間なんで…

と言う訳で今週末もクラブへ行ってきた、ってこんなペースで毎週毎週何やってんでしょうかね、享楽的な人生にも程がある。いつもは大概一人で行くんだけど、今回は友達の女の子と一緒に遊びに行った。なんとなく一人で行くより楽しいね、友達連れだと。今回は井上薫が繰り広げるクロスオーヴァーな世界、groundrhythm。でも以前よりはクロスオーヴァー性は減ってきて、プログレ〜テックよりな音が強いかなと思います。ゲストはエモーショナルなテクノを得意とするWatanabe HiroshiことKaitoのライブってこりゃ熱い。
1時前にAIRに入る。お、今回はなかなか混んでるね。PSYCHEDELIC BUS aka HIROKI MURAIがプレイ中で、ミニマルで重めの4つ打ちテクノが中心。ゲストの前なんでそこまで派手にはせずに、ドンドンとずっしりしながらも地味に盛り上げていく感じだったかしら。酒をガバガバ飲んでいたから、前半の記憶は曖昧。

ゲストのKaitoのライブは2時から。ちょっと前にフリーダムサンセットで聴いたばかりだけど、Kaitoのライブは何度聴いても素晴らしい。日本が誇る叙情派アーティストと言うべきか、荘厳になるシンセサウンドはまるでオーロラの様に美しい。ドラマティックにエモーショナルにセンチメンタルに展開しながらも、重いキックでフロアを揺らす。野外でのライブも良いけれど、クラブでの密閉された空間でのライブも音が充満して良いですよ。

その後はレジデントの井上薫のDJ。今日はかなり飛ばしてた気がする。プログレッシヴハウス〜テック系中心で、途中にアフロトライバルな曲も混ぜつつ、アゲアゲな展開は予想を裏切れた。エレクトロニックな音中心でそれはそれで好きなんだけど、もうちょっとディープハウスな音も聴きたい気持ちも最近は出てくる。薫さんと言えばやはりクロスオーヴァーだから。そう思っていたら朝方の5時頃にピアノとアコギの絡みが泣けてくる"All Loved Out (Joe Claussell Remix)"がかかる、これはやべーだろ、泣けよ歓喜せよだ。うむ、俺が求めているのはこんな感じのセンチメンタルジャーニー。まあテックな薫さんも当然悪くはないし、酔って踊って音楽に浸って楽しかったよ。

■Kaito - Trust
Kaito-Trust
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)

■Groundrhythm 2 Mixed By Kaoru Inoue(過去レビュー)
Groundrhythm 2 Mixed By Kaoru Inoue
Amazonで詳しく見る
| EVENT REPORT2 | 07:00 | comments(11) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 07:00 | - | - | |

コメント
かなりのハイペースですね〜うらやましい限りです。
僕は金曜日のUNITには行く予定です・・・

マチュさんのブログはかなーり参考になりますよ。
僕も一般人と比べればジャンル問わず音楽を聴きますが、
レポって難しいっす。僕なんてただカッコいいとかそういう表現しか出来ないですもん。。

ぶっちゃけ今日ナンパした男は、どうせ次の週も別の女の子をナンパするよね?俺が言える真実はそれだけだ。
というマチュさんのお言葉、これがマジなお言葉だとしたら・・・
皆さんにお伝えしたい(笑)

僕の回りはナンパ野郎ばっかりでした。。。
ただ皆目的は1つ、良い出会いをする事!!
良い出会いをしたら、すぐアポを取り翌週にクラブなんか行ってる場合じゃないっすね。スピードも大切っすww
そんな努力もあって僕の回りはクラブで知り合った彼女と長続きしているカップルばかりですよ。

欲望のままにがつがつ行くナンパもした事は当然あるけれど・・・
なかには純粋な出会いをゴールとしているナンパ師もいるという事を分かって欲しい。
ただ言える事、ナンパ師は付き合ってから彼女への誠意は普通の人より必要っすね。なんせナンパで知り合った訳ですからww
| kenbo | 2009/10/04 8:28 AM |
いやー本当に楽しそうですね。
井上薫やKaitoのDJを是非クラブ聴いてみたい!

しかし20まであと4年後・・・。
4年後に一緒にクラブにいきましょーw
| Match | 2009/10/04 9:00 AM |
はい、ブログによるマチュさんの婚活(違)をいつも楽しみにしている者がここにもいます。

僕もgroundrhythm行きましたよ!Airは初めてだったんですが、音デカイですね!上着やジーパンの裾が震えるのを久しぶりに体感しました。
KAITOのライブも初体験でしたが(DJは数年前に聞きました)、トランシーな上物がフロアを埋め尽くし、その中からぶっといベースとファンキーなリズムが鳴り響く感じでとてもカッコ良かったですね!
マチュさんも来られている事はわかっていたので、フロアのド真ん中で“パーマの男性がマチュさんかな?”と思いつつ仏頂面で踊ってたデカイおっさんが自分でした(笑)。

自分は情けない話、別のお知り合いの女性の様にブッた斬られてしまうとビビッてしまいクラブで(も)中々女性に声をかけられませんが、少なくとも懲りずに次のクラブで別の女性にって感じではありませんよ(凹んでるだろうから・・・)。
| | 2009/10/04 9:40 AM |
名前が消えてた・・・
上のコメントは私、赤い惑星です。大変失礼しました。
| 赤い惑星 | 2009/10/04 9:41 AM |
>kenboさん
>かなりのハイペースですね〜うらやましい限りです。
彼女居ないので週末暇なんでつ…
フィールド良かったら後で連絡取って、向こうで乾杯しましょう

あ、彼女と長続きしている人もいるんだ?そかそか、クラブでの良い出会いもあるんだね。俺の偏見イクナイ!
ナンパはしないけれど、逆ナンされる男を目指したいと思います(一生無理だな…)

>Matchさん
知り合いの女の子は10代の時に自分で偽造ID作って行ってたそうですが…絶対真似しないように。4年後の未来計画は結婚して隠居したいのですが、結婚さえも許されないのですね(泣)

>赤い惑星さん
音でかかったですね、ちょっと耳痛かったかも。

あ、見つけたら声かけてくれれば良かったのに残念!
でかいおっさん?!う〜ん、おっさんらしき人は気付かなかった。

ま普通はなかなか声かけられないのが普通ですよ。逆にナンパ出来る男の人のアグレッシヴさは見習いたいものです。みんなぶった切られるのに慣れて、上手くなっていくのかな。
| マチュ | 2009/10/04 2:15 PM |
マチュさんのblog毎回凄く楽しく読ませて頂いてます!これからも楽しみにしておりますよ!
いつか、是非ともクラブでお逢いしたいです。

| chigira | 2009/10/04 11:59 PM |
大きな声じゃ言えませんが中にはそこから結婚までしてしまう自分のような人間もいますので。。まぁ僕の場合はそもそもほとんどナンパなんてしたことないようなヘタレでしたが。。w
ま、マチュさんの言うことが大抵は真理なのではないかと思いますが。とりあえず来週のUNITは楽しみですな〜。
| taken | 2009/10/05 12:39 AM |
メール送らせていただきました〜!!
| kenbo | 2009/10/05 9:06 AM |
>chigiraさん
どうもありがとうございます。クラブは頻度に行ってるんで、機会がありましたらよろしくです〜

>takenさん
そんな出会いでも結婚!終わりよければ全て良し(まだ終わってないけど)。
ここ最近悲観的になりすぎているんで、もっと楽観的に考えるようにならなくては。
UNIT楽しみましょ〜

>kenboさん
ど〜も〜ありがとうございます。UNITで見かけたらドン引きしないで、是非よろしくです〜
| マチュ | 2009/10/05 10:12 AM |
ナンパは、うざい時と嬉しい時があります。
が、悪い気はしませんよ。

こないだは、たまたま自分の精神状態が悪かったのと、
声をかけてきたのが、まあまあ(上からでスミマセン)だったので、
お酒もらってました。

うざい日は、無視するか、
お酒だけ貰って、さり気なく逃げます(ひどい)。

こーいう点で、女の子は得だなーと思います。

※ちゃんと、相手を見て判断してますよ。
| eri | 2009/10/05 12:42 PM |
>eriさん
>こーいう点で、女の子は得だなーと思います。
そだね、まじ得すぐる!俺も女になりたい…うそ

>お酒だけ貰って、さり気なく逃げます
大丈夫、女の子はみんなはやってる事だし。
奢るのは男の意思でやってる訳だし、逃げられても文句は言わないな
言い方は悪いけど、投資ってそんなもん。リターンとリスクは付き物だからね。

別にeriちゃんが誰でもかんでもなんて思ってないのよ
誰でもかんでもでも構わんけど。恋人いなければ、そこは自由恋愛

またいらついたらクラブで発散しましょ☆
いらつかないのが一番だけど。
| マチュ | 2009/10/05 1:10 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1822
トラックバック