CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Pearl Jam - Backspacer (Monkeywrench Inc.:MWR9724) | main | Ian O'Brien - Kokoro (OCTAVE-LAB: OTLCD-1245) >>
3 Chairs - Spectrum (Three Chairs:3CH CD2)
3 Chairs-Spectrum
Amazonで詳しく見る

世界で最もどす黒いグルーヴと、そして濃密なファンクネスとエロスを聴かせるデトロイトのユニット・3 Chairsの貴重なコンピレーション。つまりは3 ChairsがMoodymann a.k.a. Kenny Dixon Jr.、Theo Parrish、Rick Wilhiteの本当に3人だった時のEPを集めた初期作品集。実はユニットの体制をとりつつ個別に曲を作っているのだけど、久しぶりに過去の作品を聴きなおしてみたら割りと重いキックを生かした4つ打ちディープハウスが中心だったのか。いや〜黒いね、汗臭くてドロドロとした血が煮えたぎる漆黒の黒さだよ。ディスコやガラージからの影響が強く感じられる古臭くも懐かしい寂れた音響なんだけど、とてもソウルフルでムーディー。感情を前面に爆発させる事はせずに内でじわじわと燃やすような感覚で、ただ単純に踊れれば良いと言うクラブミュージックの枠を越えたソウルとは何かと言う問答を喚起させるような音楽だと思う。彼らのバックボーンや音楽に対しての誠意、熱意がひしひしと感じられ、尊敬の念さえ浮かんでくる実直なディープハウスであり、ソウルであり、黒人音楽である。これで熱さを取り戻せ。

試聴

Check "3 Chairs"

Tracklistは続きで。
1. No Drum Machine Dpt2 (produced by 3 Chairs) 
2. When the Morning comes (produced by Theo Parrish)
3. Transit (produced by Moodymann) 
4. Roots of Detroit (produced by Rick Wilhite) 
5. Blue Out (produced by Theo Parrish) 
6. 3Chairs Theme Cpt2 (produced by 3 Chairs) 
7. War on Woodward ave. (produced by Rick Wilhite) 
8. Track2Track (produced by Moodymann) 
9. All Over (produced by 3 Chairs) 
10. Good Kiss (produced by Rick Wilhite)
11. OuterDrive (produced by Moodymann) 
12. Rain for Jimmy (produced by Theo Parrish)
| HOUSE5 | 10:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 10:30 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1824
トラックバック