CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 3 Chairs - Spectrum (Three Chairs:3CH CD2) | main | Kraftwerk - Trans Europa Express (Kling Klang:5099930830325) >>
Ian O'Brien - Kokoro (OCTAVE-LAB: OTLCD-1245)
Ian O'Brien-Kokoro
Amazonで詳しく見る

かつてただの古典的なジャズやファンクのファンでしかなかった青年は、90年代半ばにデトロイトテクノと出会う。そこから彼はテクノにもソウルが存在する事を知り、いつしかエレクトロニックミュージックへと傾倒し、デトロイトテクノを消化しつつも彼の基礎でもあるジャズやフュージョンを自然と融合させ、ハイテックなソウルを生み出す事に成功した。その人こそUK屈指のデトロイトテクノオタクであるIan O'Brien。2001年を最後にニューアルバムは途絶えているものの、時々発表するリミックスなどは相変わらずの輝きと力強さを伴い、地味に活動中。そして今、彼のリミックスワークや未発表曲をコンパイルした貴重なアルバムが遂に送り出された。断言しよう。

全てがキラートラックである。

今までヴァイナルでリリースされていたレアなリミックスや、Los Hermanosや盟友・Kirk Degiorgioとの共作、そして未発表曲、そのどれもが未来へと向かう力強い意志が感じられるハイテックなテクノだ。オプティミスティックに光る上物シンセ、力強く大地を踏みならすキック、躍動感に溢れたグルーヴ、それらが融合し幸せと希望を聴く者に抱かせる。無闇に暗いミニマルを作る事もせず、ただ派手なだけのアッパーハウスを作る事もせず、彼が愛しているデトロイトテクノに敬意を示しながら彼流のポジティブなテクノを聴かせてくれるのだ。特にJohn Coltraneの名曲である"Naima"のリミックスは、彼の作品の中でも最も美しくソウルフルで切ないコズミックフュージョンだと思う。リミックスであろうとオリジナルトラックであろうと、ここには彼の心が100%詰まっている。そしてHEART 2 HEART。





試聴

Check "Ian O'Brien"

Tracklistは続きで。
1. Daughters Of The Desert
2. Monkey Jazz
3. UMI
4. Put Your Color In Music (Featuring Los Hermanos)
5. The Night Before
6. My 4 Stars (Ian O'Brien Remix) - Fabrice Lig
7. Days To Come (Ian O'Brian Remix) - Jazzanova
8. Naima (Ian O'Brien Remix) - Hipnotic
9. Night on the Promenade - Super-A-Loof (Kirk Degiorgio with Ian O'Brien)
| TECHNO7 | 07:30 | comments(11) | trackbacks(1) | |
スポンサーサイト
| - | 07:30 | - | - | |

コメント
これ改めて内容すごいですね。既発曲は持ってるから未発表トラックのためだけに買うのは、、と思ってたんですがやっぱり欲しいですw
どうせなら2枚組にして全曲イイ4th WaveからのEP2枚も入れちゃえばいいのにな。Tatto Jazzとか度々の再発でも収録されないところをみると無理なんでしょうかね。
| taken | 2009/10/08 11:40 AM |
これ素晴らしいアルバムですよね。
おっしゃる通り全てがキラートラックで美しいシンセにうっとりです。
| かずき | 2009/10/08 12:14 PM |
>takenさん
自分も既発曲は持っていたからどうしようか迷ってましたが、未発表曲もかなり良いですよ!

4th Waveら辺は確かに貴重だからCD化して欲しい所ですね。レーベルが既に無いからライセンスの申請が出来ないとか、そんなところでしょうか。

>かずきさん
オリジナルアルバムが聴きたいのが本音だけど、これは相当かっこいいですよね。こんなに良い曲作れるんだから、さっさと活動して欲しいっす
| マチュ | 2009/10/08 2:19 PM |
マチュさんのブログにいくと素晴らしい音楽に出会えますね。

これ買っちゃいます。
| Match | 2009/10/08 4:57 PM |
>Matchさん
そう言って頂けると紹介した甲斐がありますよ〜ありがとう。

イアンオブライエンは自分も大ファンなので、是非聴いてみてくださいね〜
| マチュ | 2009/10/08 6:36 PM |
これは素晴らしいですよね!

"DESERT SCORES + 1"の方は1足して5引いた感じかなぁ
もうちょっと丁寧に編集して欲しかった・・・
| orcinus | 2009/10/09 8:44 AM |
>orcinusさん
これ、最高です!まだまだ名作リミックスがあるから、みんなに聴かれるようにコンピで出して欲しいですね。

DESERT SCORES…それじゃ-4じゃないですか(笑)
せっかくオリジナルジャケットで復刻したのに。
リマスタリングが余り良くなかったのかしら…
逆に聴きたくなります。
| マチュ | 2009/10/09 9:36 AM |
音質は今時っぽくなってますよ
「イアン自身が今不要だと思った箇所をカット」したそうで
4分の曲を1曲追加して合計では19分短くなってます
で、Mad Mike Diseaseの頭15秒カットされてるんですが
こんな編集の仕方はないと思う!(笑)
http://blog.livedoor.jp/orcinus_/sound/MadMikeDisease.wav
| orcinus | 2009/10/09 1:16 PM |
>orcinusさん
あべし…先頭カットされちゃってますね…。
つか全体で19分もカット??
どんだけカットしまくりなんだ…
| マチュ | 2009/10/09 7:17 PM |
え?何コレまじすか?
別に不要な部分とは思わないですけどね…。
19分てかなりだなぁ。。
| taken | 2009/10/10 6:40 PM |
>takenさん
ファンとしては不要じゃないと思うんだけど、
本人は長尺に感じちゃったのでしょうか?
ちょっと理解出来ない所ですよね
| マチュ | 2009/10/10 7:06 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1830
トラックバック
Desert Scores + 1 / Ian O'Brien
Ian O'Brien が「Gigantic Days」に先立って、1996 年に制作した 1st album が本人監修のリマスタリング復刻されている。おまけに紙ジャケですな。ちなみに、ライナーによると、Desert とは、当時一世を風靡していた Jungle をもじって命名されたものらしい。もろにデト
| 音盤収集病患者の館 − 裏 Monkey Dance on a "Rocking Horse" | 2009/11/16 10:47 PM |