<< I:Cube - Picnic Attack (Versatile Records:VER006) | main | 2009/11/14 CLASH49 @ ageHa >>
Mixmaster Morris & Pete Namlook - Dreamfish (Rising High Records:RSN CD 9)
Mixmaster Morris & Pete Namlook - Dreamfish
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(US盤) Amazonで詳しく見る(UK盤)
The Irresistible Force名義でも活躍するアンビエント伝道師・Mixmaster Morrisと、ドイツでテクノ〜アンビエント〜トランスまで大量生産するPete Namlookが手を組み、1993年に産み落とされたアンビエント大傑作。セカンドサマーオブラブの饗宴後、火照った体をチリングする為の一枚。どうしたってこの二人が組めばユーモアやナンセンスは無く、生真面目に快楽志向に走ってしまうのは当然か。全編ノンビートで30分近くもある曲もあったり、深海の奥底までダイブするような無重力空間が広がる。ふわふわでトランシーなシンセがグルーヴィーに織り込まれた"School of Fish"は、ノンビートながらも非常に躍動感を感じさせすっきりチルアウト出来る傑作。かと思えば"Fishology"ではドローンなシンセが主体の重苦しい瞑想系アンビエントが展開。この陰鬱な印象はNamlook側の影響が大きい。そしてラストの"Under Water"ではもはやアンビエントを越えたスペースサイケ。ただドローンとした音が空間の中で鳴っているだけ、明確なメロディーも無ければ展開も無い枠を取り払った自由な音響空間。思考も意識も止めて、その空間に身も心も委ねた先にはチルアウト。



Check "Mixmaster Morris" & "Pete Namlook"
| TECHNO7 | 11:30 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 11:30 | - | - | |

コメント
お久しぶりです。
これはアンビエント・クラシックスですね。大好きな作品で今でも時々聴きたくなります。
しかしモリスのおっさんはいつになったら新作出すんですかねー(笑)出す出すと噂は流れつつ、もうかれこれ6、7年は経ってるような・・・
もう昔みたいなアンビエント・テクノは作ってないのかな〜。。
| kinya&#8207; | 2009/11/14 8:57 PM |
>kinyaさん
お久しぶりです〜

基本的には安眠用、リラクシング用に聴く事が多いです。

モリスはもう新作出さないんじゃないですかね?
それにDJプレイ聴いても全然アンビエントじゃないから、そんなに期待しない方が良いかも。
彼のアンビエント聴きたいのに。。。
| マチュ | 2009/11/15 6:23 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1847
トラックバック