CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Samuel L Session - The Man With The Case (Be As One Imprint:BAOCD001) | main | Mixmaster Morris & Pete Namlook - Dreamfish (Rising High Records:RSN CD 9) >>
I:Cube - Picnic Attack (Versatile Records:VER006)
I:Cube - Picnic Attack
Amazonで詳しく見る

フランスのクラブミュージックと言えば自分の中で真っ先に上がるのが、テクノのLaurent GarnierとそしてハウスのChateau Flight。この二人はフレンチテクノ・ハウスでは絶対に外せないアーティストです。そしてChateau Flightのメンバーの片割れ・Nicolas ChaixことI:Cubeの1stアルバムにして傑作なのが本作。一時期は兎にも角にもフレンチハウスが流行っていた時期があったけど、そんな中でも本作は特に輝いている一枚。近年のI:Cubeと言えば雑食性を帯びてバラエティーに富んできているけれど、この頃はまだ真っ当にフィルターハウスを中心に作っていた頃。薄膜が張られた様な薄い4つ打ちのグルーヴながらも、逆にそれを生かした緊張感と繊細で煌く音色はフランスの耽美さを端的に表していて、芸術性の高いトラックが連なっています。フィルターハウスと言えばシカゴハウスも得意とする分野なんだけど、シカゴの音に比べるとフレンチのそれは下品じゃなくてやはり優雅で上品さが漂っているのよね。中には"Picnic Attack"や"Disco Cubizm"(Daft Punkがリミックスして大ヒットした名作)の様なイケイケでファンキーな曲もあるけれど、上品さも決して損なわれないのです。ついでにそんなフィルターハウスに混ざって、当時別に流行っていた西ロンを意識したジャジーなブロークンビーツも数曲収録されております。片手間に手掛けた訳じゃなくブロークンビーツのトラックもかなり本気と言うか、複雑なリズムに拘りがあって生きているグルーヴが存在しているね。ワインでも飲みながら聴いて、エレガンスな一時を過ごして欲しいと思います。



Check "I:Cube"
| HOUSE5 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:30 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1849
トラックバック