<< 奈良田温泉 白根館 | main | I:Cube - Picnic Attack (Versatile Records:VER006) >>
Samuel L Session - The Man With The Case (Be As One Imprint:BAOCD001)
Samuel L Session - The Man With The Case
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
イスラエルの新興レーベル・Be As One Imprintの初のアルバムは、スウェーディッシュテクノのベテラン・Samuel L Sessionの久しぶりのアルバムとなりました。Samuel L Sessionはハードテクノやデトロイトテクノ、又はPurpose Maker影響下のトライバルなものまで器用にこなす安心印のアーティストですが、この新作はダークな印象に統一しながらも飽きの来ないバラエティーに富んだ内容です。ハードな展開はほぼ皆無ながらも全体的にメタリックに輝く質感を持ち、そしてうねりのあるシンセのメロディーが大量に使われていて、リスニング的に聴ける点とフロアでの深い沼に嵌る様な感覚を持ち合わせております。ずぶずぶと侵食されていくミニマルの感覚がありながら、上物の音色はデトロイトのそれを意識していると思われ、ミニマル+デトロイト+テックハウスを3で割った音と言えば分り易いかも。トラック3、6辺りはかつてのKevin Saundersonまんまな図太く重いシンセが鳴っていて、中年には懐かしく感じる点もある。確かにハードな音の面影は全くないけれど、その分ハードな音質や勢いに頼らない音色の豊かさや安定したグルーヴが生まれていて、中々出来の良いテクノアルバムだと思う。

試聴

Check "Samuel L Session"
| TECHNO7 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:30 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1859
トラックバック