CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 2009/11/14 CLASH49 @ ageHa | main | The 69 Steps Reflector Compiled & Mixed by Mirror System (Wakyo Records:WKYCD027) >>
Dixon - Temporary Secretary (Innervisions:IVCD04)
Dixon - Temporary Secretary
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
時代は完全にInnervisions、出す作品のどれもが高品質かつヒットさせているクラブシーンの中心。ジャンルの垣根を越えてテクノ、ハウスの両方面から支持されるそのディープでドラッギーな作風は、完全にInnervisionsの音としか表現出来ない域にまで達している。そんなレーベルのオーナーであるDixonの最新MIXCDは、現代的なクラブミュージックを集めミックスした、所謂最も新しいクラブの音楽が閉じ込められた内容。個人的に感じるのはやはりテクノと言うよりは滑らかなハウスのグルーヴ。勢いのあるグルーヴではなくねっとりと絡むグルーヴと、鋭角的ではなく柔らかで柔軟な音、ダークで恍惚感のあるメロディーでどっぷりと闇の沼に誘い込む様な感覚があり、じわじわと時間をかけて肉体ではなく精神を侵食してくるトリッピーな音楽だと思うのです。テクノだと汗汗しながら熱くなって聴くのが普通だけど、ここら辺のベルリン勢はひんやりクールでむしろ寒気がする位の空気が漂っていて、アダルティーで妖艶な雰囲気。家で聴く分だと多少地味な位なんだけど、これがクラブで聴くと恍惚と狂乱の沼にはまってしまうのです。

試聴

Check "Dixon"

Tracklistは続きで。
01. Icasol – Ongou
02. Fever Ray - If I Had a Heart
03. Roland Bocquet – Exotique / Âme – Tube Beat
04. Jazzanova - Let Me Show Ya (Henrik Schwarz Remix) / Daniel Paul - Something About You (Instrumental)
05. Precious System - The Voice From Planet Love / Ben Klock - In a While
06. Junior Boys - Hazel (Ewan Pearson's House Mix)
07. Butane - Inferno Jack (Kalabrese Remix)
08. Peter Kruder - Law Of Return
09. Kiki - Good Voodoo (Visionquest Remix)
10. Code 718 - Equinox (Henrik Schwarz Mix)
11. The Machine – Fuse
12. Cortney Tidwell - Watusii (Daphni remix)
13. Âme – Setsa
14. Tokyo Black Star – Sepiaphone
| HOUSE5 | 12:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
これ気まぐれで買ってみたんですけど、すごくいいミックスですよね。Innervisionsってドイツのレーベルなんですか?
また彼らには来日してほしいものです、いやはや。
あ、あとspirit catcher!ほんとなんなんでしょうね笑
| こしこし | 2009/11/19 12:05 AM |
>こしこしさん
インナーヴィジョンはドイツですよ〜。コンパクト、コクーン、OSTGUT TON、今注目を集めるレーベルは殆どドイツな気がしますね。
元々はソナコレ傘下だったんだけど、今じゃソナコレよりも断然有名になってしまったなぁ

Dixonは今年は2回AIRに来ました。両方行きましたが、ねっとりグルーヴで素敵でしたよ。
| マチュ | 2009/11/19 11:00 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1862
トラックバック