<< Rei Harakami - trace of red curb dedicated from rei harakami (Sublime Records:IDCS-1007) | main | Twilight Trax (Trax Records:CTX-CD-5010) >>
Various - Techno Sessions (Sessions:SESHDCD224)
Various-Techno Sessions
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
うわー買っちゃったよ…。良く考えると別に買う必要も無かったのだけど、まあ何となくトラックリストに釣られて購入。新旧テクノの名曲を押さえたコンピレーションで、これからテクノを聴こうと思ってる人には超お薦め!参加アーティストに関してはもう口を出す必要が無い位で、Jeff Mills、E-DnacerとInner City(Kevin Saunderson)、Rhythim Is Rhythim(Derrick May)のデトロイト系から、Funk D'void、Laurent Garnier、Technasiaのデトロイトフォロアー系、Slam、Tomaz Vs Filterheadz、Bryan Zentz等のハードテクノ系、他にも新進気鋭なAgoriaまで収録。まあこうやって全部一緒に聴くと、テクノにも色々ジャンルがあるんだねと頷いてしまう。最初はデトロイトから始まったテクノも徐々に細分化して、このコンピレーションに含まれている様な色々なテクノに枝分かれ。遂にはデトロイトテクノの面影も残さない様な姿にまで変化を遂げた。個人的にはデトロイト関連の曲がやっぱりお気に入りで、Jeff Millsの曲は特に良い。この曲の頃のJeffは今とは異なり、ファンキートライバル系で最高に格好良かった時。その後、他のアーティストが真似しまくったせいでJeffはその路線を進まなくなったと発言していた。Jeffには又ファンキートライバル系の曲を作って欲しいと、切に願うばかりだ。後は日本とは異なりUKで大人気のSlamの初期大ヒット曲「Positive Education」なんかも、今聴くと懐かしさを感じる。リアルタイムで聴いていた訳ではないけれど、93年頃からこんなグルーヴィーで太いボトムの曲を作っていたなんて、ある意味奇跡だ。現在のテクノが求心力を失いつつある様な気がするけれど、確かに今のテクノでもこんなに素晴らしいトラックはそうはないと思う。そんな中、フランスの新人Agoriaには、これからのテクノを引っ張っていって欲しいと期待している。特に目新しさがある訳ではないが、センチメンタルでフューチャリスティックなトラックを披露。Agoriaは期待しちゃっていいと思う。さて他にも良い曲が一杯ありすぎてコメント出来ない位なので、後は自分で聴いて確かめてみて欲しい。ノスタルジックに浸るのも、参考書にするのもそれは君の自由だ。

試聴

各アーティストのお薦めのアルバムも以下に紹介しておきます。
Derrick May-Innovater
Funk D'void-Volume Freak
Jeff Mills-Exhibitionist
Agoria-Blossom
Technasia-Future Mix

Tracklistは続きで。
DISC 01

01. E-Dancer / Velocity Funk

02. Funk D'Void / Diabla (The Hacker Remix)

03. X-Press 2 / Muzikizum

04. Jeff Mills / Automatic

05. Chicken Lips / He Not In

06. Slam / Positive Education

07. DJ Hell / Berimbau

08. Agoria / All I Need

09. Gary Martin / Subterranean Substance

10. Phil Kieran / My House

11. Laurent Garnier / The Man With The Red Face



DISC 02

01. Rhythim Is Rhythim / It Is What It Is

02. Ian Pooley / The Fly Shuffle (dub)

03. Schatrax / Missent Years

04. Technasia / Crosswalk

05. Dave Clarke / The Wiggle

06. Orlando Voorn / Blast

07. Inner City / Big Fun (Agoria remix)

08. Tomaz vs Filterheadz / Lazy People

09. Sleepwalker / Open My Head

10. Bryan Zentz / D-Clash

11. Carl Taylor / Exile

12. Cohen vs Deluxe / Just Kick! (Carl Cox Mix)
| TECHNO1 | 22:20 | comments(4) | trackbacks(1) | |
スポンサーサイト
| - | 22:20 | - | - | |

コメント
あわわ!!マチュさん!
それ、、私新宿TSUTAYAにて借りましたです。
いろいろ聴けて2CDで得した気分になりました。
結構好きなコンピです♪
| yukari.m | 2005/02/27 2:47 AM |
>yukari.mさん
何?もうツタヤにあるんですか?
まあ僕は買う必要があったのかかなり疑問で(と言うのも
だいたいの曲は持ってたから)。しかし一まとめに
聴けると言う事で、便利ですよね。
| マチュ | 2005/02/27 9:38 PM |
このテのコンピには何故か購買意欲を刺激されますよね。
私も過去に何度も失敗しています(笑)。
| びびんば | 2005/02/27 11:44 PM |
>びびんばさん
やはり皆さん同じ様な経験があるのですね…。
きっとまた同じ事を僕は繰り返しそうですが。
| マチュ | 2005/02/28 11:13 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/187
トラックバック
デモシリーズ5
昨日新たに作った音源のサンプルを載せときます。短いです。3月のライヴでは全部やります。 デモシリーズ5 なぜかWINDOWSメディアプレイヤーでは普通に聞けたのに、Quick Timeでは音がめちゃくちゃに再生されます。もしまともに再生されなかったらコメント欄にどうぞ
| A PSYCHEDELIC GROOVE Blog | 2005/02/28 2:17 PM |