CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< UPCOMING EVENT | main | Kuniyuki Takahashi - Waking In The Naked City (Mule Musiq Distribution:MMD13) >>
KZA - Dig And Edit (Endless Flight:Endless Flight CD 4)
KZA - Dig And Edit
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(US盤)
Force Of Natureとして3枚のアルバムをリリースし、ソロとしてもテクノやハウス、ディスコを独自の選球眼でプレイするKZAの意外にも初のアルバムが到着。リリースは日本が世界に誇るテクノレーベル・MULE MUSIQからとなれば、もう疑う必要など無い訳で。巷ではここら辺の音はニューディスコと呼ばれているそうですが、自分にはニューディスコだかディスコダブとかの区別は分りません。が確かにここに存在する音は、例えインストであろうと歌心のあるハートウォームな物だと言う事です。なんでもKZAが色々な音源を聴き、それらをサンプリングとかエディットして創り上げたのが本作だそうで(古いネタを生まれ変わらせたって事でいいの?)。基本はディスコっぽい古くて懐かしいダンス物中心なんだけど、いや〜メロウでほのぼの郷愁滲み出まくり。イタロでセンチメンタルまっしぐらな"Capricorn"、図太いベースラインはまるで"I Feel Love"みたいな"Gothenergy"、元祖ハウスが思い浮かぶ不良の為の野蛮な"On&On&On"、悲しみも喜びも包み込む至福のスローハウス"Routine"などなど、ディスコが今でも人の心を熱くする音楽である事を証明する位に素敵な曲がいっぱいだ。変な例えだけど高齢の日本人が演歌を聴くと懐かしむのと同じで、クラブ行ってた中年のそれがディスコなんじゃないだろうか。俺は…まだ中年って歳じゃないけれどね。

試聴

Check "KZA"
| HOUSE5 | 10:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 10:30 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック