CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< アサヒスタウト | main | Jeff Mills - Sleeper Wakes (Third-Ear JPN Ltd.:XECD-1122) >>
2009/12/18 root & branch presents UBIK @ Unit
寒いです、極寒です、クラブ行くのも正直しんどいです。しかし今回は様々なレーベルからヒット曲を量産しまくるTony Lionniが来日なので、行かない訳にはいきません。

12時半頃にフロアに入るとyoshikiがプレイ中。クリッキーなミニマルハウス中心でありながらキックが図太くグルーヴィーで、ありがちなヘナヘナミニマルとは全然違かった。ハウシーな4つ内で滑らかな流れがあり体もゆらゆらさせつつ、夜が更けるに連れて音も攻撃的なミニマルテクノに変化しどんちくどんちく。それでも音数は絞りタイトな構成なので、ど派手でやかましい耳障りはせず良い塩梅な音でした。

その後はditchのPCライブ。こちらも硬めのキックが効いた4つ打ちミニマルが中心で、PCらしく正確無比なグルーヴで淡々と反復が続く。やはり音数はかなり絞って無駄を削ぎ落とし、キックや複雑なパーカッションでノリを作る感じだったかな。人間的な温度を感じさせず凄いクールなライブでした。

そして最後はTony Lionniの3時間ロングセット。でだいたいは予想していた音が中心で、Tony Lionniが得意とする綺麗目なシンセリフががんがんに入ったエレクトロニックなテックハウスが中心。序盤はスローで粘りのある展開でじっくりと引っ張っていき、中盤からはMoodymannやKerri Chandlerのディープハウスも混ぜつつアッパーなテックハウスが増えていく。キラキラと恍惚感のあるシンセが鳴っていて、Lionniに期待している音を聴けたんじゃないかと。終盤にはいるとテックハウスを微妙に外れもっとアグレッシヴなキックの強いトラックも混ぜたりして、どっかんどっかんと盛り上げていた気がしますが、ラストの方ちょっと寝てしまったので記憶が無い。音的にはどうしてもテックハウス一本調子で単調な感じもあったのは否めないけれど、彼自身のヒットトラックも聴けたしなかなか良かったかな。後は少しだけでもディープハウスやミニマルも増やしたりすると、ロングセットでも良い展開が作れるのかもと思いました。
| EVENT REPORT2 | 18:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 18:00 | - | - | |

コメント
ちょっと「レコードコンサート」みたいな感じになてしまいましたね。誰かとペアできて、1時間くらい「LIVE−SET」でキレ味重視みたいな方が向いているかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
音的にはどうしてもテックハウス一本調子で単調な感じもあったのは否めないけれど、彼自身のヒットトラックも聴けたしなかなか良かったかな。
| LM | 2009/12/21 8:00 AM |
>LMさん
彼はヒットトラックいっぱい持ってるわけだし、ライブでも良いかもしれないですね。

しかし集客が悪く信じられん…。エントランスだって安いし、今すご〜い注目株なのに一体どうなってんのよと。
| マチュ | 2009/12/21 2:07 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック