CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Jeff Mills - Sleeper Wakes (Third-Ear JPN Ltd.:XECD-1122) | main | □□□ - everyday is a symphony (commmons:RZCM-46305) >>
Renato Cohen - Sixteen Billion Drum Kicks (Sino:SINO104CD)
Renato Cohen - Sixteen Billion Drum Kicks
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(US盤)
ブラジリアンテクノの代表格・Renato Cohenの初のアルバムが本作。2002年に大ヒットした"Pontape"から7年、Technasia傘下のSINOからシングルをリリースしてから6年、ようやくと言うか正直タイミングを逃した時期でのリリースと言うのは否めないところ。試聴した段階でもこれと言ったキラートラックが無く、こりゃ微妙だなと全く期待はしていなかったのだけど…。すいません、アルバム全体を通して聴いたら非常に構成力のある内容で、しかもフロア向けなトラック満載でしたよ。基本的にはちょっと時代錯誤なフィルターテクノが中心で古臭い感じは否めないけれど、それをチャラにしてしまうファンキーで強烈にうねるベースラインやら多用されるループなどは盛り上がるし、タイトル通り色々なキックが肉体に踊らない事を許さない音楽なんだと思う。キックがとても重要だと言うCohenの発言通りにリズムにはとても気を配っていて、曲毎に異なる面を見せるキックはテクノだけでなくジャズやファンク、ディスコの要素さえも感じさせます。また生ドラムや生ベース、管楽器を大胆に取り入れて、テクノなんだけど南米の血肉沸き踊らせる太陽の熱さも感じられたり、妙に肉体感のある生々しい雰囲気ですよ。暗いミニマルばかりな中、こう言ったポジティブでテクノらしいテクノが出てくるのは非常に嬉しいばかり。

試聴

Check "Renato Cohen"
| TECHNO7 | 14:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 14:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック