CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< My Bloody Valentine - Loveless (Creation Records:CRECD060) | main | Troubleman - Time Out of Mind (Far Out Recordings:FARO 085CD) >>
Primal Scream - Screamadelica (Creation Records:CRECD076)
Primal Scream-Screamadelica
Amazonで詳しく見る

前日にMy Bloody Valentineを紹介したんじゃ、やっぱりこれも紹介しないといけない。輝ける90年代初頭の奇跡の名盤、そして未だにその後のアーティストが越える事の出来ない大きな壁、「Screamadelica」(昨日の文章をリサイクル…)。これを聴き出したのも高校1年生の頃で、比較的洋楽にはまりだした頃である。ある意味僕の洋楽面での影響は、ほぼPrimal ScreamとMy Bloody Valentineから受けていると言っても過言ではない。まっさきにこれらの名盤を聴いてしまったせいで、最近のロックはぶっちゃけ退屈な物にしか聞こえない状態になってしまったのです。

Primal Screamと言えば変化を繰り返すバンドであり、それまではネオアコやガレージロックなどの作品を出していましたが、90年から突如としてダンスミュージックに傾き始めたのです。まあこれはUKでのレイブやアシッドハウスなどのムーブメントに真っ先に食いついたロックバンドが、Primal Screamだったと言う事なのです。そこでPrimal Screamがプロデューサーに起用したのが、かのAndrew WeatherallやThe Orb、Jimmy Miller等だったのです。ここでの面子から想像しうるのは、テクノ、アンビエント、ソウル、ロックだと思いますが正にその通りです。現在のライブでもみんなで大合唱の「Movin' On Up」はノーザンソウルを通過したダンスミュージックだし、「Don't Fight It, Feel It」はアシッドハウス経由の高揚感があり危険な香りのするハウス。また「Loaded」こそが初めてダンスミュージックに接近した曲であり、Andrew Weatherallを引っ張り出した曲でもある。完全インストのハッピーなハウスだけど、全く歌が無いって事がロックバンドにしては凄かった。そして僕の最も好きな曲が「Higher Than The Sun」、これはThe Orbが手がけた事もあり、サイケデリックダブアンビエントな太陽よりも高みに行ける曲。完全にインナートリップだけど、ライブで聴いた時はあまりの素晴らしさに汗が引いてしまい背中が寒くなりました。アルバム中で一番のパーティーソングと言えば「Come Together」で、これはPrimal流のゴスペルソングだと思います。甘くてドリーミィーなボーカル、チャカポコしたリズム帯、トランペットも高らかに鳴り響き、みんなで楽しんでいる姿を想像してしまいます。他にもソウルフルでアコースティックな曲あり、がしがし踊れる曲ありと捨て曲は皆無です。Primalは名プロデューサーの手を借りる事により、ダンスミュージックとロックとの完璧なる融合を成し遂げたのです。ただレイブカルチャーからの影響を受けたアルバムなので、ドラッグ無しではどうかと言う意見にも頷く点は少々あります。Primalはこの頃ドラッグ漬けになっていた事を、雑誌のインタビューで暴露していましたので。まあドラッグ無しでも踊ってトリップして楽しめるアルバムな事は保証します。

91年はこのアルバムと「My Bloody Valentine-Loveless」が揃って同じレーベルから出た事もあり、Creation Recordsも一番素敵な時代だったんです。なんとも良い時代だなと時々思いますが、今のロックシーンはこの時代に比べると小粒だなとつくづく思います。懐古主義なだけなのかな?

試聴

Check "Primal Scream"
| ETC1 | 23:50 | comments(2) | trackbacks(1) | |
スポンサーサイト
| - | 23:50 | - | - | |

コメント
Creation !!
忘れてました(笑)ヨカッタですよね〜。
オアシスもCreation だっけか。
シャーラタンズとかも好きでした。

>今のロックシーンはこの時代に比べると小粒
僕もそう感じます。いいバンドもいるのかもしれないんだけど
それを発掘してやろうという魅力・訴求力をシーンに感じないのです。プライマルの次の一手には期待(と少し不安)してます。
| 山やま | 2005/03/03 10:04 AM |
>山やまさん
僕もシャーラタンズは好きですよ。アルバムは1,2枚目が好きです。

今のロックシーンが小粒と言うのは、余り僕がロックを
聴いていないせいでそう思いこんでる可能性もあります。
しかしかつてのインディーレーベル全盛時代が無い今、
メジャーは一般的で売れるアーティストにしか金を使わない
せいで、面白いアーティストが発掘されなくなって
いるのかと思います。
| マチュ | 2005/03/03 10:40 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/191
トラックバック
Primal Scream-Screamadelica
1991年に発売されたPrimal Scream(プライマル・スクリーム)の3rdアルバム。 Primal Screamがついに時代とマッチし、大成功を収めた90年代を代表する名作。 1980年代後半から1990年代初頭にかけてイギリス中を席巻したアシッド・ハウス・ムーブメント。 時代の空
| THE GOOD LIFE | 2006/05/29 3:56 PM |