CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Peverelist - Jarvik Mindstate (Punch Drunk:DRUNKCD002) | main | A Work In Progress - Untitled EP (Yore Records:yore-018) >>
Chez Damier - Time Visions 1 (Mojuba:mojuba g.o.d.1)
Chez Damier - Time Visions 1

ドイツではディープハウスが熱いそうだ、いや現地に居ないからはっきりとは言えないけれど。しかし今や人気レーベルとなったMojubaは当初からデトロイトをも意識したディープハウスを量産していて、そして遂にシカゴハウスの巨匠・Chez Damierとも接続してしまった。Chez Damierと言えばRon Trentと共に伝説のディープハウスレーベル・Prescriptionを主宰していた事で有名で、ソウルフルな旋律とアンビエンスな音響、そして神聖なムードを持ったハウスを得意としています。そんなChezの新作がまさかMojubaからとはびっくりですが、新曲の"Why"は非常に素晴らしい。ブルースハープが切なく響くゆったりとした空間が広がるディープハウスで、まるで大海原をぷかぷかと遊泳するかの如く。とても単純な構成の曲なんだけど、薄くシンセストリングスなんかも入っていて、淡い叙情と耽美な音色に包まれてリラックス出来る一曲。そしてB面にはPrescription時代のレアトラックが2曲収録。既発とは言えこの頃のレコードを持っている人は少ないだろうし、大変価値のある収録だと思います。特に"Sometimes I Feel Like"は、シンセの独特のうねりが非常に美しくモダンハウスとの相性はとっても良いでしょう。

試聴

Check "Chez Damier"
| HOUSE5 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 07:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1917
トラックバック