<< BEST OF 2009 | main | Glimpse & Martin Eyerer - Southern Soul (Buzzin' Fly Records:046BUZZ) >>
2009/12/31 ELECTRONIC TRIBE YEBISU NEW YEAR'S PARTY 2010 @ 恵比寿ガーデンホール
あけましておめでとうございます。近年は余りの混み具合に辟易してカウントダウンパーティーは避けていたのですが、ELECTRONIC TRIBEは気になる面子が出演していたので遊びに行ってきました。結果的には24時前後以外は激混みにもならずに快適で、なかなか良い迫力で音も出ていたので十分に楽しむ事が出来ました。
まずはMoonage Electronic Setなる自身の曲だけをプレイすると言うCALMから。序盤はバレアリックなダウンテンポでふわふわとした音色から、徐々にアッパーな4つ打ちに変化してしっかりとダンス出来る気持ちの良いプレイでした。CALM、K.F.、Organ Language、JSSなど色々な名義からの曲を回していたのですが、なんとなくだけど曲はアレンジし直していたんじゃないかな?随分とキックが太くなっていてダンス仕様になっていた気がします。その上夕暮れ時の郷愁がたっぷり滲み出ていて、ロマンチックが止まらないぞ。

対して次のDJ Krushは職人技とも言える凄腕をびっしばしと披露しておりました。切れのスクラッチをシュッシュッ、ギュルルルル〜とかましたりして、耳でも目でも楽しめるプレイ。何より4つ打ちのずんどこミニマルハウスを中心にプレイしてたのがびっくりだよ。そこにリアルタリムでエフェクトをどんどん付け加えて曲に表情を付けていく、まさにライブと言っても過言ではないDJプレイ。本当に格好良かった。

そして目玉のLaurent Garnier。僕はいつも彼のプレイを音楽の旅と表現している。そう、彼の音楽はジャンルの垣根を軽々と飛び越え、そして彼の作り出す世界観は余りにも壮大だからだ。24時、年が変わりガルニエの音楽の旅が始まった。その最初は、"I Feel Love (Danny Howells Mix)"!!ぶっといベースラインがファンキーに響く永遠のディスコクラシック。そして続くはシカゴのハウスクラシック"Promised Land"が投入される。もうこの出だし2曲で心はぐっと鷲掴み。そこから多少ディスコが続き、開始から一時間目にして自身のデトロイトへの回答とも言える"The Man With The Red Face"(のカヴァーの方ね)で一発目の昇天。そして何とそこにDr.Martin Luther King Jr牧師の"I Have a Dream"説法を被せる反則技。うぎゃぎゃぎゃ、もうやばすぎるぞ。そして徐々にトランス色が濃厚になった所で必殺の"Acperience 1"。アシッドベースがビキビキウニョウニョと会場を埋め尽くす不気味なアシッドハウスだ。かと思えばギターががんがん鳴り出してロックがスピンされ、お約束の"Song 2"も!ふふふ〜ん、こんなのは予想していた展開ですよ…とか思いながらも、"Song 2"に合わせてフッフーとか叫んじゃいました。そこからサルソウルっぽい昔の生っぽいダンスミュージックを幾つか回したと思えば、フィルター効きまくりな"How's Your Evening So Far?(Edit)"に繋げる予測不可能な展開へ。途中ドラムンを経過しつつ、朝方にはまたアッパーなテクノに戻ってきて疲れ果てた客を再度奮い立たせる奇跡の業。ニューウェーブな時間帯のお約束"Blue Monday"、そして朝方の永遠のアンセム"Can You Feel It (Chuck Roberts Mix)"にはもう何も言葉が出なくなってしまう。テクノ、ハウス、ロック、ドラムン、ディスコ、彼の手にかかれば全ての音楽は同じ土台に成り立ってしまうのか。ガルニエは終始機嫌良さそうに酒を飲みつつ、お客を煽り楽しみ盛り上げていた。そんな彼の雰囲気からも分かる通り、今回のロングセットは非常に充実した内容で本当に素晴らしかった、楽しかったと言える。自分は朝6時で帰宅したけれど、彼の旅は一体どこまで続いたのだろうか。









■Laurent Garnier - Excess Luggage(過去レビュー)
Laurent Garnier-Excess Luggage
Amazonで詳しく見る
| EVENT REPORT2 | 09:00 | comments(5) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 09:00 | - | - | |

コメント
本人がカバーの方かけることもあるんですねw
| Ymbk | 2010/01/01 11:00 AM |
>Ymbkさん
酔ってたから曖昧ですけどね、多分カヴァーだったかな?と。昨夜は興奮しまくりんぐ
| マチュ | 2010/01/01 5:37 PM |
実は元旦から日本を離れていてフライトもあり、The Man With The Red Face のあたりで帰ったのですが、初めての会場でもないと思うので、もう少し空調とか頑張ってくれないかな、と思います。 2会場が外から出入り出来るようにするだけで酸素事情よくなるのになあ。などと。

あっ最初の方からいたのですがステージの内容はとてもよかったですね。
| LM | 2010/01/22 10:11 AM |
>LMさん
序盤は熱かったですね、一緒に行った人も糞暑いと文句垂れておりました。途中から空調入れたり切ったりしていて、快適になったり苦しくなったり。ずっと空調入れて置けよと!

でもパーティー自体は非常に素晴らしかったです。ガルニエ最高でした
| マチュ | 2010/01/23 6:39 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2018/04/19 2:43 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1929
トラックバック