CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
セレブラル・ヘミスフィアーズ
セレブラル・ヘミスフィアーズ (JUGEMレビュー »)
ミスター・フィンガーズ,MR. FINGERS
RECOMMEND
BLACK SUN
BLACK SUN (JUGEMレビュー »)
FAR OUT MONSTER DISC
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Pharoah Sanders - Love In Us All (Impulse:ASD-9280) | main | Coldcut - Journeys By DJ: 70 Minutes of Madness (Journeys By DJ:JDJCDS004) >>
2005/03/05 Sleezy @ GrassRoots
3月5日、この日はFrancois KがYellowに来日していたので前々から行こうかなと思っていたが、フライヤーが無い為入場料が高く、またどうせ激混みなのも分かっているので悩んでいた。そしてその夜、自転車に乗って真夜中家から高円寺南に向かって激走するマチュが居た。一体自転車に乗りどこへ向かうと言うのだろう?そして辿り着いた先は高円寺南のただの町中。一体ここに何があると言うのか?ある一軒家の階段を上り、そしてドアを開けると…
そこには10畳程の狭い部屋の中にバーがあり、20数人が踊っているではないか。これが噂のGrassRootsだったのか、予想以上に狭い!こんなに狭いと一人で来ていると、ちょっと居づらいぞ…。しょうがないので酒をたらふく飲んで酔うしかない。カウンターでビールを頼み、まず入場料+ドリンク代で1000円を払います。特に入り口に店員が居る訳でもないので、入場料はバーテンに支払うのです。どうやら最初のDJはCrystalと言う人っぽい。ディスコダブとか、クラシックっぽいのが中心だったような。ジャンルは良く分からんが、狭い店の中でもみんな楽しく和んでいる。もちろんでかい音だしたら真っ先に苦情が来るので大した音も出ないけれど、こうゆう音楽なら大きさは必要ないかもしれない(ハード系のテクノは音圧、音量が必要なので音の大きさはおおいに関係あるけれど)。友達とげらげら笑いながら談笑していたり、踊りに熱中したり、みんな好き勝手している。また佐々木敦が手がけているFADERと言う雑誌がほぼ揃っていて、それを読む事も出来ます。僕はとにかく酒をがぶがぶ飲んで、踊りに没頭。意外と周りも勝手に楽しんでいるので、一人で来てもそんなに浮いてなかったかもしれないな…。1時頃から最近良く耳にする、Universal Indiannに交代。この人もハウスとかディスコダブとかっぽいのが多かったかな。とにかくスロウライフと言うかゆったりのんびりくつろぐ感じで、ずっと踊っててもあまり疲れなかったです。最近のハウスと言うよりはMOODMANとかに近い物を感じるかな、意外と良かった。今度はデカ箱で聴きたいな。しかもイケメンだったと思います、ハンサムボーイですよ。で実は目当てはPeechboyだったのだけど、3時になって疲れて退散。きっとその後にPeechboyはプレイしてたんじゃないかな。むぅ〜、ピータンの生プレイを聴きたかったです。しかし、高円寺南の町中の狭い一部屋でこうやって2〜30人が踊っているのもなかなか面白い。またピータンが出る時があれば、行くかもしれない。だって3000円あれば一杯お酒飲めるし、気軽に踊っていつでも帰れるし(家が近いので)、和んでる雰囲気も良いし。高円寺南のGrassRootsからの中継でした。

GrassRoots
以前にレビューしたPeechboyのMIXCD
| EVENT REPORT1 | 13:55 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 13:55 | - | - | |

コメント
キャー☆
マチュさんいらしてたんですね。ありがとうございます!!
僕は3時からでした。
また5月にGrassRootsにてやるよていなので、よろしければ遊びにいらしてください。
| peechboy | 2005/03/28 10:21 PM |
初めてグラスルーツ行ったんですが、ただの街中に
あんな場所があってびっくらしました。
なかなか一人で行くには勇気がいりました…。
ピーチボーイのプレイを聴く為に行ったのに
聴かずに帰ってきてしまったので、今度は
がんばります
| マチュ | 2005/03/30 7:32 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/196
トラックバック