CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 東京染井温泉 SAKURA | main | Anthony Shake Shakir - Frictionalism 1994-2009 (Rush Hour Recordings:RH110CD) >>
2010/02/06 Erection "the music makes me sick." @ SALOON
去年もこの時期にあったバレアリックなパーティー・HORIZONですが、今年はずっとSALOONのErectionで時間を過ごしました。お目当てはDJ YogurtとTakeshi Kubotaの4時間セット。特にTakeshi Kubotaの生プレイを聴くのは初めてだったので、SALOONに居座っておりました。

と意気込んでいたものの序盤は友達とだべっていたので、Takeshi Kubotaの1stセットはBGM程度に聞き流し、DJ Yogurtの1stセットから堪能。メインフロアで行われていたHORIZONはバレアリックなパーティーだったので、それに呼応してかDJ Yogurtもアッパーなハウス中心のイケイケセット。と言っても下品な感じではなくて、黒っぽいファンキーなハウスだったり、パーカッションとキックの強いズンドコ系のハウスだったり、ピークタイムがずっと続く様な勢いがあって何も考えずに踊りまくり。特に嬉しかったのはプライマルズの"Don't Fight It,Feel It"のリミックスがかかった時でしょうか、90年代前半の享楽的なシーンが浮かんできましたね。パワフルかつワイルドなプレイでDJ Yogurt流のバレアリックな世界が広がった一時間、凄い盛り上がったな〜。

その後はTakeshi Kubotaの2ndセット。ヒップホップやラガ、そして日本のポップスやロックまで回してバレアリックどころか奇想天外な展開へ。予測不可能な流れながらもしっかりと踊らせるプレイで面白かったです。その後のDJ Yogurtの2ndセットはヒップホップやダウンテンポで朝方のまったり感を表現していた気がしますが、途中で寝てしまいフルで聴けなかったのが残念。それでもSALOONのまったりした空間に合った音楽が聴けたので、楽しい一夜でした。
| EVENT REPORT2 | 07:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 07:30 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1961
トラックバック