CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Don Williams - Detroit Blue EP (a.r.t.less:A.R.T.LESS 2203) | main | 2010/02/18 Rhythm of Life @ Eleven >>
西酒造 天使の誘惑
西酒造 天使の誘惑

西酒造が作るなんとも素敵な名前のプレミアム焼酎"天使の誘惑"。昨年例の如く「味ノマチダヤ」でたまたま入荷していたので、その時に買ったのをようやく開封。ちなみに定価は720mlで3200円程(なので十分高価)ですが、ネットなどではぼったくり価格で転売されているので買わないように。

ラベルによると「蘭引き(蒸留の事)し、熟成を重ね、歳月を刻みました。不思議です。酒の精は、酒が濃厚かつ芳醇な風味の希少な銘酒に円熟すると蒸発してしまいます。あたかも、天使が誘惑しているかのように・・・」と書いてありますね。良いね、もうこの時点でドラマティックじゃないですか。実際にこの芋焼酎はシェリー樽で10年程長期熟成されているそうで、芋焼酎にありがちな独特の臭いはありません。むしろ芳醇でかすかに甘い香りが漂っていて、それは優雅で上品とでも言うべき物。実際に飲んでみるとアルコール度数40度の為か強烈な喉越しですが、それに合わせて焦げたような、またはチョコレートの様な濃厚な香りが口の中に広がり、飲んだ瞬間から口から胃の中までほくほくする感覚。強烈ではあるけれど刺激が強すぎるとは違い、熟成の為か優しい余韻が長く続きます。これは食後にまったりとバーなどでくつろぎながら飲みたくなるお酒ですね。若い頃は自分もこんなお酒は飲まなかったけれど、やっぱり歳をとるとこう言った円熟味のあるお酒をちびちび飲むのも好きになりました。まあ、外で飲んだら一杯1000円位になると思うから外では飲まないけどね…。

ラベルの最後には何故か"気合度数120%"と書いてあります。洒落も効いてるね。
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC1 | 06:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 06:00 | - | - | |

コメント
グラスが素敵すぎます。
| ひあ | 2010/02/21 8:43 AM |
>ひあさん
この岸辺露伴が金やチヤホヤされるためにブログを描いてると思っていたのかァーッ!!
| マチュ | 2010/02/21 8:40 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック