CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Henrik Schwarz / Âme / Dixon - A Critical Mass Live EP (Innervisions:IV26) | main | Âme - Rej (Pastaboys Mixes) (Defected:DFTD138R) >>
2010/02/27 Guidance @ Eleven
元YellowがElevenへと再始動を開始しましたが、今週もオープン記念と言う事でデトロイトからIcan/Los Hermanos、日本からKen Ishii、Jebski、Loud Oneと強力な面子を招集。特にIcanは良質なハウスを量産しているものの、来日は初だったので期待でわくわく。
Elevenに着いた頃にはLoud Oneがプレイ中。一番最初のプレイなのでそこまで派手目のテクノはかけないものの、芯の図太いズンドコ系テクノを程良いテンポでプレイ。余りメロディーの起伏は無くエッジの効いたキックやパーカション中心のトラックで引っ張って、フロアを徐々に盛り上げておりました。

そしてお次はJebskiのライブ。DJ Yogurtとの共作でも有名ですが、ソロでの作品も美しさと強靱さを兼ね備えたテクノを披露していて期待しているアーティストの一人です。一番最初の曲は多分"Oval"のライブバージョンだった気がしますが、オリジナルはサックスの入ったコズミックジャズなのが、ライブでは勢いのある4つ打ちに変化。そして新曲の"Vision"はトランシーでぶっ飛ぶ上物とグルーヴィーな4つ打ちが絡み疾走感に溢れたピークタイムテクノ。デジタル風なフラットな音は、荒々しさは抑えられつつも綺麗な音色を発しながら気持ち良くトランスさせてくれました。そしてヒット曲の"Flame"、民族的な趣さえ漂うトライバルな上物シンセが恍惚の大洪水を引き起こす。大波に揉まれるように壮大な展開に引き込まれ、そしてぶっ飛ばされてしまいました。とても格好良いライブでしたね。

そして期待のIcan/Los Hermanos。IcanはDJ S2(Santigao Salazar)とEsteban Adameから成るラテンハウスユニットなのですが、今までDJ S2のDJとしての来日はあったもののIcanの来日は初なので期待せざるを得ませんでした。で今回はそこにGerald Mitchellも加わって、2キーボード+1DJでのライブとなりましたが、程々に良かったけれど期待を上回るものでもなかったかなと言うのが正直な印象。Los Hermanosからは"The Very Existence"や"Quetzal"、そしてIcanからは"A Quien"、"Caminos Del Nino"、"Pa Mi Gente"、"Ican (Chiclet's Theme)"、"Make It Hot"、"Echo Park"、そしてGerald Mitchellの"Los Sunshine"も演奏していた記憶があります。Geraldは相変わらずノリノリで頻度にしゃべりながらキーボードを弾くし、Estebanは終始真面目に演奏していたし、DJ S2は遠目からは何やってんだか良く分かりませんでしたが、EP音源よりもリズムが図太くそしてキーボードも生き生きとソウルフルな音色を奏でていた良かったとは思います。ただリズム帯がどうしても打ち込みのせいか(URは昔打ち込みなんてファッキンだぜとか言ってた記憶があるけれど)単調になったのが気になって、オリジナルのトラックの良さを完全には引き出せなかったかなと。元の曲が良いから、やっぱりフルバンドでのライブを聴きたかったですね。でも終始賑やかで楽しいライブでしたけどね。

最後はテクノゴッドのケンイシイ。相変わらず昨年リリースしたMIXCDの延長とでも言うべきゴリゴリでアッパーな勢いのあるテクノを連発。いつもよりも2割増し位でスロットルを入れて飛ばして、踊るならばやはりこんなテクノが良いよねと感じさせられます。途中でビッグボムなTomaz vs. Filterheadzの"Sunshine"から"Los Hijos Del Sol"へと繋ぐ最強ピークタイムを演出。どちらももう10年位前の曲ですが、その頃はこんなやり過ぎな程のトライバルな曲が当たり前に流行ってました。今聴いても絶対にフロアが爆発する曲で、やっぱりトライバルは良いな〜と感慨深くなりました。とぼちぼち踊って疲れたので、クローズを待たずに5時に脱出。

あとElevenのフロアは禁煙なんだから、喫煙者は吸うなと。フロアに吸い殻がいっぱい落ちていて非常に胸くそ悪い。お前等は自分に子供が出来ても、副流煙を子供に吸わせるのかと問い質したい。最低限のルール位守れないもんかね。
| EVENT REPORT2 | 10:00 | comments(13) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 10:00 | - | - | |

コメント
豪華すぎるブッキングで直前まで行くか迷ってたんですけど、交通費がきつくて断念しました(笑)
特にIcanのライブは期待していたんですが、マチュさんの期待を上回るものではなかったんですね。以外でした。

>Tomaz vs. FilterheadzのSunshineからLos Hijos Del Sol
これはやばいですね!
鬼のようなトライバル祭りはいつ聴いても最高です!
| To-ru | 2010/02/28 5:03 PM |
>To-ruさん
URやLos Hermanos辺りは何度もライブを体験しているから、ちょっと慣れが出て来ちゃっているのかもしれないです。
ライブ自体は常に賑やかでハッピーな感じで良かったですよ

その後のケンイシイのゴリゴリテクノは個人的には熱かったです。無茶苦茶音数の多いトライバルは、嫌でも盛り上がりますよ
| マチュ | 2010/02/28 6:02 PM |
自分のELEVENデビューは何となくTIMMYからと決めていて、とりあえず先週は「足元がぬめぬめしていないこと」が何か新鮮でした(笑)

さて、LOS HERMANOSは「もうLIQUID以上のものは今後ないのかな」と自分でいいつつも見に行ってしまいました。 今でも完成度みたいなものは今後も期待しないのですが(苦笑)昨日は空間の狭さ、魅力もあってラフなスタジオセッションを見せてもらった感じでアレはアレで楽しかったです。Gミッチェルは実際の手数に比べて演技かのように無駄にバタバタ動いていることがわかりましたし。

あとはスタッフの皆さんがLIVEのためにあくせく働いていらしたのですが、懐かしい顔がノリノリで動いていてグッときました。

そしてフロア禁煙問題ですが、ELEVENの方針の是非はともかく、フロアだけって書いてあるんだから本当に守ればいいと思います。とくに大人でダメなのが多くて自分もプライベートでは吸いますが率先して注意しています。やっぱり喫煙者いないほうが踊りやすいですから。

| LM | 2010/02/28 6:37 PM |
KEN ISHII良かったんですね〜
やっぱトライバルは上がるよね。

週末はAIRに行ってきたけど、フロア禁煙なのにやっぱ吸ってるのがいるんだな。

>最低限のルール位守れないもんかね。

同感。
| YAE | 2010/02/28 7:13 PM |
>LMさん
おお、Timmy行かれたんですね。超ロングセットだったとか…

ジェラルドは相変わらず陽気なお方ですよね。動きも多いししゃべりも多いし、サービス精神多きお方です。
人柄が音楽に出ていましたね

タバコに関しては吸うなとは言いません。ただフロアでは危ないし、バーの方で吸えば良いだけなんですよ。
大半の方は守っているのに、一部の非常識な方が目立ってしまうのは残念な事だと思います。
| マチュ | 2010/02/28 8:35 PM |
>YAEさん
ケンイシイにはやっぱりどっか〜んとアゲアゲなのを回して欲しいので、今回はなかなか良い感じでした。
ハード過ぎて腰に来ましたが、やっぱり盛り上がります。

AIRなんかはフロア禁煙って表示があるのに、それにも気付かないなんてね〜…。ルールを守れなければそれだけ規則が厳しくなるのに、残念な事です
| マチュ | 2010/02/28 8:39 PM |
>Estebanは終始真面目に演奏していたし

結構前のお客さんとコミュニケーションとったり、踊ったりしてましたよ!あと、ビデオまわしてたり、スタッフに写真撮ってくれ!って感じでデジカメを渡して説明してました。
今までの映像で見るよりイケメンだったー!!
| yuka | 2010/03/01 10:00 AM |
>Yukaさん
Esteban座ってたから見辛かったけど、意外と動き回ってたんだ?URのクルーはみんなノリが良いね(その名前の割には)。

Estebanイケメンつか濃そうと言うか、うん、ラテン?な顔だった気が。
DJ S2はなんかギャングみたいだよ、クールだし。
Geraldは良い親父って感じ!
| マチュ | 2010/03/01 12:21 PM |
マチュさん初めまして。
私のブログにコメントいただきありがとうございました。

そういえばGERALD MITCHELLはREINCARNATIONからの
Out The Boatも自分でVocalいれて演奏してましたね。

まあ期待ほどではなかったにせよ楽しんで,YellowのResurrectionを歓迎するフロアーのハッピーなVibeに包まれたのは確かですからね。
| hat313 | 2010/03/01 10:52 PM |
こんばんは。久しぶりのクラブ、それが元YellowのElevenだったのが感慨深い赤い惑星です。

JebskiはDJ Yogurtとのユニットの印象(テックハウス)が強かったのですが、それよりもずっとテクノでしたね。
Los Hermanos/Icanで自分はGeraldの1.5m位前の位置にいました。EstebanとGeraldがシンセ等の上もの(Geraldは電気グルーヴが使うエレクトリックパーカッションも)を手弾きで、多分S2はリズムの入ったCDRをCDJでプレイしてたと思います(CDJプレイヤーの天面に手を置いたら音が止まったので)。テクノのライブには珍しくPC(DAW)が全く見えませんでした。
Ken IshiiのDJは数年ぶりに聞きましたが、噂に違わずハードでしたね。僕は最後までいましたが、GeraldとS2を加えた3人でB2Bもやってましたよ。そこでStrings Of LifeやNude Photo、Can You Feel It?等もかけ、最後はIshiiさんのハードテクノで締めでした。

フロアの喫煙は目立ってましたね。ただ擁護する訳じゃないですが、激込みの状況では禁煙の表示(メインフロアの入り口だけ?)が見え難い気もします。でもそれに気づきつつ“他が吸ってるから自分も”な人もいたと思います。
| 赤い惑星 | 2010/03/02 12:02 AM |


>GeraldとS2を加えた3人でB2B

そうなのですか、急遽やっている昨夜のイベントも
行きたかったのですが、Geraldはいかにも大技が似合いますね。
| LM | 2010/03/02 6:32 AM |
>hat313さん
こちらこそブログ楽しんで読ませて頂いております。

"Out The Boat"もやってたんだ〜、酔ってノリノリで聴いてたから一部記憶無し。
こんなご時世だからみんながハッピーになれるあのノリの良さは良いと思います

>赤い惑星さん
やっぱりDJ S2はリズムトラックが入ったCDを担当だったっぽいのですね。せっかくならもっと自分でリズム叩き出してくれると良いのですが。

朝方随分とデトロイトなセットですね、最後まで残れば良かった!残念なり
| マチュ | 2010/03/02 1:23 PM |
>LMさん
月曜も同じ面子でDJパーティーやってたみたいですね〜
平日にやるなんてもったいない!
| マチュ | 2010/03/02 1:27 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1987
トラックバック