CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Upcoming Event | main | Ian O'Brien Presents Abstract Funk Theory (Logic Records:74321 69334 2 ) >>
Joey Beltram - Live @ Womb 02 (WOMB Recordings:WOMB-010)
Joey Beltram-Live @ Womb 02
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(US盤)

去年の11月にDeetronと一緒にWOMBでプレイしたJoey Beltramのプレイをそのまま真空パック詰め…と言う訳でもなく、実は後からある程度処理を施したMIXCDがこれ。それはさておきBeltramはNYをハードなテクノで長く生き抜いている素晴らしかったアーティストであり、昔の作品は今でも好きです。と言うのも最近はフィルターディスコ路線なので、ちょっと僕の好みとは違うのですね。フィルターディスコは嫌いじゃないけど、Beltramのはあんま好きじゃないだけ。でこのMIXCDも案の定フィルターディスコ満載で、デンデケベースがメインです。プレイがそんなに上手いとも感じないので、この人の場合とにかく派手な曲で盛り上げる感じだね。歓声を聞く限りでは良い感じで盛り上がっていたのではないでしょうか?しかしイントロはまじ酷い、これは悪夢だ。WOMBを嫌いな理由がここに凝縮されていると言っても過言では無い。いらねーMCをつけるな!TIMELINEの時もそうだったけど、ここは場の雰囲気を読める関係者はいないのかね?これは一体何のパーティーなんだ?とにかく一曲目だけは完璧に閉口です。でBeltramのプレイの話に戻るけど、一番の盛り上がり所はCaliber→Start It Up辺りかなと。やっぱり彼の曲は確かに格好良い。特に今でもKen Ishiiのプレイリストに載るStart It Upは砕岩機の様に、怒濤のパーカッション攻めで破壊力満点のベリーナイスなトラックです。注ですが、CaliberもStart It Upも実は10年以上前の作品です。昔はマジでハードエッジで格好良かったね。で後半はCaveの未発表曲からBen Sims Remixに繋げる辺りのトライバル感も宜しい。でもトライバルはここだけです。全体的に終始アッパーで休む事がないので、とにかく盛り上がりたい人向け。ここまで自分の曲ばかりを回すDJも珍しいけど、彼のエゴは相当な物なのだろう。NYと言う街で今までテクノ一筋で生き抜いてきた彼の、タフなDJのプライドみたいなのが滲み出ている。でも、個人的にはもろにシカゴハウス影響下にあった頃のコンピの「Joey Beltram-Trax Classix」がお薦めです。

試聴

Check "Joey Beltram"

Tracklistは続きで。
1 Intro
2 Player / Player Eight (Joey Beltram Remix)
3 Joey Beltram / Resurgence
4 Bryan Cox / Lay The Smackdown
5 Justin Berkovi / I Can Feel The Sound (Phil Kieran Remix)
6 WJH / Super Barbies
7 Ignition Technician / Eyes Of The Jackal (Rino Cerrone Remix)
8 Joey Beltram / Caliber
9 Joey Beltram / Start It Up
10 Thomas Krome / Bithces From Hell (Resurrection Edit)
11 Joey Beltram / The Rising Sun
12 Disko Kidz / High Pass
13 Joey Beltram / The Inside (Previously Unreleased)
14 Joey Beltram / It Works
15 Cave / Copperhead
16 Player / Player One (Ben Sims Remix)
17 Bad Boy Bill / Reconditioned
18 Bryan Cox / Zaitech
19 Pusher / Pusher Two (DJ Bam Bam Remix)
| TECHNO1 | 21:00 | comments(5) | trackbacks(4) | |
スポンサーサイト
| - | 21:00 | - | - | |

コメント
このMix CDは買おうかどうか迷ってるところです。
ベルトラムは大好きだけど、彼の過去のMix CDも「ビミョー」なものばかりだったので・・・。
「Caliber」〜「Start It Up」は聴きたいんだけどなあ。
| びびんば | 2005/03/09 8:48 AM |
>びびんばさん
う〜ん…自分で紹介して何ですけど、買わなくて良いと思いますよ。
勢いだけのMIXなので目を見張る所はそんな無いと思います。
今日「Trax Classix: Joey Beltram」が届きましたが、
こちらの方が当然カッコいいです!ゴリゴリですよ
| マチュ | 2005/03/09 9:20 PM |
ウチにも今日『Trax Classix』が一旦届いた模様ですが、
留守のため持ち帰られてしまいました(涙)。
聴くことが出来るのは明日以降に持ち越しです。
いや、一応全曲持ってるんですけどね。
| びびんば | 2005/03/09 11:44 PM |
TBありがとうございます。
自分は今の路線も好きですけど、やっぱり「Joey Beltram-Trax Classix」のほうがいいかとは思っています。
自分がBeltramを好きになったのも「Start it up(Beltram vs technasia)」だったのも大きいかな。
| コマキ a.ka. itomo | 2005/03/16 1:21 PM |
>コマキさん
僕もベルトラムはStart it upからなんです。
オリジナルが手に入らなくて、Beltram vs technasiaのEPを
買いました。しかしオリジナルが一番好きです
| マチュ | 2005/03/16 9:11 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/199
トラックバック
【Disk】Joey Beltram。【Review】
Joey Beltram / 「Live@Womb 02」 2005年2月25日発売Joey Beltram。のMIX-CDです。 2004年9月のDEETRONとのプレイ時のRecordingでいいのかな? とにかくWOMB@渋谷でのプレイを納めた一枚、激マストです。 収録曲一覧。 1 Intro 2 Player / Player Eight (Joey
| Techno of Life @doblog | 2005/03/16 1:22 PM |
Joey Beltram - Live @ Womb (Tresor/2005)
テクノ界の総合商社Tresorは、1991年にMad Mike + Jeff Mills + Robert HoodによるX-101のリリースからスタートしたテクノ・レーベルの中では老舗中の老舗です。 スタイルを変えて行くことで生き残りを計る数多のレーベルの中で、このTresorは15年近くも「テクノ」だけ
| acid over the rainbow | 2005/08/06 2:41 PM |
ミニマルフォー!
 JOEY BELTRAMのCDです。   ジャンルとしては、ミニマルテクノに入ります。    ミニマルっていうのは“最小の”という意味らしく、必要最低限の素材で音を奏でるということらしいです。 オレもよくわからんので詳しくはコチラで
| 妄想摩天楼 | 2005/10/21 9:55 AM |
Live @ Womb 02 : Joey Beltram
Joey Beltramって結構好きなDJです。ミニマル・トラッカーとしても優れた曲を数多く作っているし、経歴長くてしかもずっと第一線だしね。ここ数年はフィルターディスコだけど、個人的にディスコ好きなんですよ、80年代ディスコとか通過した世代としては。 幾つかミッ
| Yokohama Beat Junkie | 2006/03/07 11:25 AM |