<< Jeremy Ellis - Lotus Blooms (Ubiquity:URCD165) | main | Funk D'Void - In The Mix iFunk (Cocoon Recordings:CORMIX008) >>
Pascal FEOS - In The Mix Rize & Fall (Cocoon Recordings:CORMIX006)
Pascal FEOS-Rize & Fall
Amazonで詳しく見る

近年のSven Vath率いるCocoonは昔のSvenの趣向のトランスではなく、現在形のジャーマンテクノ。Svenは嫌いだったけど、最近はなかなか良い所があると思います。そのCocoonからのIn The Mixシリーズの一つが、このRize & Fallで前出のSteve BugやSven本人、Ricardo VillalobosやFunk D'Voidも参加していてかな〜り豪華な面子になっています。Steve Bugはディープでセクシャルなハウスを披露していましたが、このPascal FEOSはどうでしょうか。こちらは流行のRicardo Villalobos、Lucianoの様なクリック系から始まります。まあ今となっては目新しさもありません。しかしここら辺の音はグリグリしてて、ほんと奇っ怪な音ですね。そしてクリック気味のテックハウスに繋がり、Freaksでは近年リヴァイバルが目立つアシッドォォォォ!シカゴ系のアシッドでは無くてジャーマン系のブリブリした感じですね。中盤以降はアッパー系のテクノ〜テックハウスで終始押しまくり、そこら辺は手堅くまとめた感じです。こう聞くと大した事なさそうだけど、丁寧なMIXで後半に向けて徐々に盛り上げてくれて軽〜く水準をオーバーするナイスなMIXCDなんですよ。前半が抑えめなおかげで後半がモリモリ盛り上がる訳です。アッパーだけど綺麗目のソリッドなシンセ音で構成されていて、デトロイト系までとは行かないけれど情緒的でもあります。ジャーマンテクノってKOMPAKTとかもそうだけど、硬派でありつつPOP感覚にも溢れているのです。流行を逃す事もなく、また地もしっかりした硬派なMIXCDだと認定します。昆虫がアップになったジャケットは、彼のプレイと同様に耽美を感じます。

試聴

Check "Pascal FEOS"

Tracklistは続きで。
01 Ricardo Villalobos - Easy Lee
02 Luciano & Phil Quenum - Orange Mistake
03 Monaco Jam - Stange Gold
04 Pascal F.e.o.s. - Self Reflexion - Timewriter Remix
05 Freaks - The Creeps (you're Giving Me) - Steve Bug Remix
06 DK7 - The Difference - Martin Landsky Remix
07 Pascal F.e.o.s. - Tres O Tres
08 F.e.o.s. Vs Sws - Desire - F.e.o.s. Treatment
09 Paul Jackson - The Push
10 Alexander Kowalski - Belo Horizonte
11 Joel Mull - Still Here
12 Agoria - La 11ème Marche - Phil Kieran Remix
13 Skatebard - Sgnelkab
14 Azure Taint - Red Tension
| TECHNO1 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/202
トラックバック