CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Iron Curtis - Way Back Home EP (Mule Electronic:mule electronic 67) | main | Michael Mayer - Immer 3 (Kompakt:KOMPAKT CD 83) >>
Erdbeerschnitzel - 4 Months (3rd Strike Records:Strike1)
Erdbeerschnitzel - 4 Months

近頃のディスコエディットやビートダウン系の躍進が続く中、Mark EやThe Revenge、Eddie Cらに勝るとも劣らない才能が誕生。その人こそTim KeilingことErdbeerschnitzel。データ配信を除けば本作がデビュー盤となりますが、新人とは思えない落ち着きとファンクネスに満ちたビートダウンな内容で素晴らしいです。A1はなんと"4 Months"をMark Eがリミックスしていて、こちらはブリブリなシンセが刺激的なミニマルディスコ。淡泊な様でじわじわと引っ張って行くリミックスで、陶酔度は高め。しかし今回はリミックスよりもA2のオリジナルが素晴らしく、泣き声の様な上物サンプルが入った郷愁漂うしみじみとしたディスコティックな作風で、温かい慈愛とロマンスに包まれて涙腺が緩んでしまいます。B2の"Tonight Is Today Is Tomorrow"はジャジーでしっとり湿り気を感じさせる粘り気のあるハウスで、ラフで黒っぽいファンクネスが際立っており、デトロイトのディープハウス勢にも通じる物があるのでは。こう言ったビートダウンなトラックはフロアで聴いてもずっぽりはまれますが、夜も更けた静かな部屋の中で聴いても静かに燃えるソウルが感じられて、じわっと心が熱くなりますね。

試聴

Check "Erdbeerschnitzel"
| HOUSE5 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:30 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2026
トラックバック