CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Jeff Mills - The Occurrence (Third Ear:XECD-9128) | main | Kirk Degiorgio - Membrane (Planet E:PLE65316-1) >>
2010/04/28 World Connection HI-TECK-SOUL DERRICK MAY×AIR RELEASE PARTY @ Air
先日Dommuneにも出演したデトロイトの巨匠・Derrick MayのMIXCDリリース記念パーティーがありましたので、半年ぶりにDJプレイを聴きに行きました。ぶっちゃけな気持ちDommuneでのプレイを聴いた時、やはりここ2〜3年のデリックに感じる物足りなさは間違っていなかったと再認識していたので、今回の生プレイも正直そこまでは期待はしておりませんでしたが、さあどうだったのでしょうか。
取り敢えず24時半頃に入ってラウンジで友達と出会い、談笑しながらTakamori K.のプレイを聴いておりましたが、やはりデトロイトラブな人なのでDivinitiをフューチャーした"Shine"や"Hipnotic(Ian O'Brien Remix)"、"Hi-tech Jazz"などデトロイト中心に素敵な選曲をしておりました。デトロイト満載に聴けるパーティーはそうはないので、このサービス精神は有り難いです。

1時過ぎから2時半まではDJ Yogurt。ラウンジなのでむやみに上げず、かと言って下げ過ぎる訳でもなく前半はニューディスコ系〜ダウンテンポを中心に和やかに空気も微睡む音楽をプレイ。アッパーではないですがゆら〜りゆるゆると踊れるプレイで男女の距離が縮まるラウンジを盛り上げ、徐々にビートダウンな4つ打ちのハウスを増やしていきファンキーで黒い音が増えてきてダンスモードにシフト。終盤ではソウルフルな歌物でぐっと熱さが増して、ラウンジのムードをアダルティーにしておりました。

んで問題のデリックを2時半から聴き始めたのですが、その頃はテック系中心だったかな。ん〜余りピンと来ない。つまらないので一旦ラウンジで友達と談笑して、また3時半頃デリックを聴きに移動。割とキック硬めでパーカッシヴな選曲も増えてきており、また先日リリースされたMIXCDにも収録されている曲や、"Beyond The Dance"、"Groove La Chord"、DJ Funkのトラック、"Changes Of Life"等の大ネタも回しつつ、BPM早めの疾走感溢れるハイエナジーな時間帯が長らく続きました。勿論近年の彼の特徴であるヨーロッパ的(白人的)なテクノも多くて、確かにソリッドな感じは格好良いなと思う瞬間もあるにはあるんですよね。6時までの時間は自分も夢中になって踊れる位、デリックのテンションがとにかく高くて楽しかったです。

で朝方6〜8時は少々退屈な時間帯だった。お客も疲れてだれる時間帯なんだけど、プレイにも余り力が入っていないのかミックスも単調、選曲も単調、終わるのか終わらないのかよく分からない中途半端なノリでグダグダと続く。すけこましデリックはDJ中でもブースから出て、クラブに遊びに来てる女の子といちゃついたりしてたし(以前からしょっちゅうしてる事だけど)。あと気になったのは曲の繋ぎが上手くないな…。曲の低音(キック)を切る→次の曲をぶっ込む→低音(キック)を差し込む、7〜8割がこんな感じの繋ぎでワンパターン。しかも曲の途中でもキックを抜く時間がかなり長い(時々やるから良いので、デリックは明らかにやり過ぎ)。だから興奮が冷めちゃって、持続感が余り感じられなかった。デリックは散々オーディオテックの事を馬鹿にしてたんだから、あなたもしっかりミックスしなさいよと思ったね。そして一番重要な黒いファンキーさが、今の彼からは殆ど聴けなかったのが残念。勿論パーカッシヴなハウスとかの時間帯はそれなりに感じられたけど、6時以降はそれが皆無で少々拍子抜け。MIX-UPのプレイみたいに卑猥でセクシーで、荒々しく野蛮なプレイが聴きたかったな。選曲が変わるのは当然としても、ファンキーな要素が薄まっているのは残念。

■Derrick May-MIX-UP Vol.5(過去レビュー)
Derrick May-MIX-UP Vol.5
Amazonで詳しく見る
| EVENT REPORT2 | 11:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 11:00 | - | - | |

コメント
こんにちは。
自分も行ってました。
YogurtさんのDJの時、多分マチュさんの横で踊ってましたねw

デリックのDJ、確かに、"Beyond The Dance"とか流してた辺りは良かったですよね。
その後は自分は疲れて、7時位に帰りましたけど。
| yubi | 2010/04/30 5:51 PM |
>yubiさん
うす、DJ Yogurt聴きながら巨体を揺らして踊っておりました〜

デリックは6時位までは本当に良かった〜。デリックも汗かきながら高いテンション保ってたし。

流石にロングセットだと僕も疲れちゃいましたよ、デリックみたいに体鍛えないと!
| マチュ | 2010/04/30 10:30 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2061
トラックバック