CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Deadbeat - Radio Rothko (theAgriculture:AG052) | main | 2010/05/26 SENSE 1st ANNIVERSARY !!! @ amate-raxi >>
Eddie C - Between Now And Then (Endless Flight:Endless Flight 22)
Eddie C - Between Now And Then
Amazonで詳しく見る

時代の流れかMule Musiq傘下のEndless Flightも最近はビートダウンハウスやニューディスコなる音楽に力を入れている様で、その手の中でこのEdward CurrellyことEddie CもMark E、The Revengeらに次ぐ期待の人材。ここら辺のアーティストに共通するのはスロウで緩めのビートに懐かしさを喚起させるメロウな旋律なんだけど、Eddie Cも負けじと絹の様に柔らかで優しい音を聞かせてくれます。お勧めはタイトル曲の幻想的で透明感のあるハウスで、さざ波さえも立たさないまったりと展開の中じわじわと盛り上がりを作りながらも、最後までその緩やかなグルーヴを保ったまま情緒を匂わせます。対してA2の"You Know How"はディスコっぽい湿っぽく古びた音の仕上げをした所謂ニューディスコで、しみじみとした感情が呼び起こされるトラック。B面にもピッチの遅いビートダウンなトラックが2曲収録されていて、やはり淡い思い出が蘇るメロウな旋律が効いております。どの曲も古き良き時代を感じさせながらも、古いだけでなく今風に洗練もされていて、温故知新な存在感がありますね。

試聴

Check "Eddie C"
| HOUSE5 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 13:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2068
トラックバック