<< 2010/07/16 Terrence Parker's 30 Years of DJing Anniversary Tour @ Eleven | main | 2010/07/18 Mark Farina Japan Tour 2010 @ Eleven >>
Scion - Arrange and Process Basic Channel Tracks (Tresor:TRESOR10200)
Scion-Arrange and Process Basic Channel Tracks
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
近年最盛期の勢いを失っていたかつてのドイツテクノシーンの中心的存在・Tresorですが、今年に入ってから過去の名作リイシューにも力を入れる等、レーベルも俄かに動き出しております。そして2002年にリリースされその当時にも話題騒然となったMIXCDも、この度リイシューされました。これを手掛けたのはScionことPete Kuschnereit aka SubstanceとRene Lowe aka Vaniqueurの二人組み、そうミニマルダブの極北であるBasic Channelを継ぐ者。そんな彼等が全てベーチャン関連のトラックを使い、更には当時はまだ珍しかったAbleton LIVEによって、レコードを使用したDJでは到底不可能な次元にまでにDJの妙技を押し上げてしまいました。今ではPCソフトを使ったDJは珍しくもないですが、多くのDJは大量のトラックを確保しつつ、重いレコードを運ぶ苦労から解放される為にPCソフトを使っている場合が多いしょう。PCソフトの機能を最大限にまで引き出して使用しているDJは、まだまだ多くないのが実情だと思います。しかし本来であれば曲を曲として扱うのではなくミックスのパーツとして扱い、それらを同時に複数組み合わせて新たなる曲を創造する手法こそPCソフトの醍醐味の一つではないでしょうか。その意味において本作はPCソフトによる可能性を、そしてベーチャンのミニマルダブの魅力を十分に引き出しており、ベーチャンファンのみならずテクノの一つの指標として聴かれるべきでありましょう。当然ハードかつアブストラクトな要素の強いミニマルダブとしても十分聴き応えはあります。

試聴

Check "Scion"

Tracklistは続きで。
part 01 w/ material from
cyrus: inversion(BC-05)
the climax (basic reshape) (PE65263)
mutism (BCD)
radiance III (BC-08, BCD)

part 02/w material from:
cyrus: presence (BC-05 / BCD)
q1.2 (BCD)
e2e4 basic reshape (PEPCP 2 / BCD)
radiance I (BC-08 / BCD)
quadrant: infinition (PEQDT 1)

part 03/w material from:
quadrant: infinition (PEQDT 1)
rhythm & sound: music a fe rule (RS-01)
octaedre (BC-07)
octagon (BC-07)

part 04/w material from:
octagon (BC-07)
phylyps trak II/I (BC-09)
q1.1/IIII (BC-04)

part 05/w material from:
phylyps II/I (BC-09)
q loop (BCD)

part 06/w material from:
phylyps trak (BC-02)
phylyps rmx (BC-03)
cyrus: enforcement (BC-01)

part 07/w material from:
cyrus: enforcement (BC-01)
phylyps trak II/II (BC-09)

part 08/w material from:
phylyps trak II/II (BC-09)
the climax (basic reshape) (PE65263)

part 09/w material from:
the climax (basic reshape) (PE65263)
octagon (BC-07)
cyrus: recall (BC-01)
| TECHNO8 | 07:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 07:30 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2149
トラックバック