CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Recomposed By Matthew Herbert - Mahler Symphony X (Universal Music Classics & Jazz:06025 2734438 6) | main | Fabrice Lig - Genesis Of A Deep Sound (Fine Art Recordings:FA019CD) >>
2010/08/29 Sunset Palm @ 江ノ島海の家 Colcci
Sunset Palm1

最近はビーチパーティーが流行っているんでしょうか?夏になると浜辺の各所でクラブミュージックのパーティーが催されているようで、自分も2010年の夏の締め括りをすべく江ノ島の海の家で行われたSunset Palmへと行ってきました。海の家とは言えどAril BrikhaやHiroshi Wanatabe aka Kaito、Force Of Natureらが出演するとても豪華なパーティーで、期待せずにはいられません。
Sunset Palm2

正午前に現場へ着くとForce Of NatureがDJの準備をしている所でした。まだお客さんの入りは疎らなものの、ビーチと言う緩い雰囲気に合わせてかForce Of Natureも上げ過ぎずに程良いリラックス加減のテックハウスを中心にプレイ。肩の力は抜けつつも爽やかで拡がりを感じさせ、蒸し暑い中清涼感に満ちた音。途中から徐々にアッパーなトラックも使用し、クラシックである"The Man With The Red Face"や自身の"Sunstream"もスピンしてガツンと上がらせてくれました。

Sunset Palm3

お次はスイス生まれのQuarionなるアーティストのライブ。ハウシーでミニマルな、海の家と言う場所に対しては多少ストイックな感じの音が中心だったかな。どちらかと言うと真夜中のクラブ向けの生真面目な音で、もうちょっとビーチっぽく派手なプレイが聴きたかったけど、普段の彼の音楽を知らないので何とも言えません。

Sunset Palm4

お次はMotoki a.k.a Shameと言う若手DJ。基本的には開放的なビーチにぴったりなハウスサウンドが中心。軽やかな4つ打ちグルーヴにスィート&ハッピーなメロディーを被らせて、無邪気になって楽しめる賑やかなプレイでした。この頃にはフロアも人が溢れており、真夏の暑さがピークに達する直前。

Sunset Palm5

そして期待のAril Brikhaが登場。いやーも〜、これが最高と言うか期待通りを越えて素晴らしいライブ。近くに居たDJ Kentさんもヤバイヤバイと呟いていた位。PCとコントローラーを使用したライブですが、出てくる音の迫力が尋常じゃない。ぶっといシンセベース、タイトで疾走感のあるリズムトラック、そしてトランシーで快楽を引き出すシンセサウンド。ズブズブと恍惚の沼に引きずり込みつつ、スピード感のあるプレイで止まらせずに突き抜けていく。

Sunset Palm6

Aril Brikhaのライブ中は一向にフロアの熱気も収まらず、どんどんお客さんもヒートアップ。Aril Brikhaも本当に楽しそうにプレイしていて、やっぱり予想通りに最高なライブでした。有名なヒットシングルやアルバムからの曲、Aril Brikhaのリミックスワークに、そしてデペッシュモードのリミックスっぽいのもあったかな?十分過ぎる程にAril Brikhaの音を楽しませて頂きました。

Sunset Palm7

そんなこんなで徐々に太陽も沈みつつ、郷愁のSunsetを堪能。夏も終わりが近づいております。Shinya Okamotoはダビー〜テックハウスな選曲で日が暮れた夜のモードにシフト。

Sunset Palm8

そして最後に夏の海を締めくくるべく、Hiroshi Wanatabe aka Kaitoが登場。Kaitoのライブは久しぶりに聴いたけれど、相変わらずのセンチメンタルジャーニーで、どこまでも音が波紋の様に拡がる美しい時間帯が待っておりました。バッキバキに上げる事はせず、ウェットで儚いシンセサウンドが夏の終わりにぴったりな切なさを誘発し、フロアも熱気に溢れつつもどこかドラマティックでしんみりとしておりました。去年リリースされたアルバムからの曲が中心でしたが、抑圧的なフロアで聴くのとはまた違った印象で、ダンストラックではあるけれど野外での開放感にもぴったりでした。そんなこんなでシミジミと感慨深い気持ちになりつつ、Kaitoのライブも終了して目出度くパーティーは終了。夏を満喫出来た良い一日でした。

■Aril Brikha - Ex Machina(過去レビュー)
Aril Brikha-Ex Machina
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(UK盤)

■Kaito - Trust(過去レビュー)
Kaito-Trust
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)

■The Backwoods - The Backwoods(過去レビュー)
The Backwoods - The Backwoods
Amazonで詳しく見る
| EVENT REPORT2 | 09:30 | comments(6) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 09:30 | - | - | |

コメント
やっぱAril良かったみたいですね!
個人的に好きな曲なんですけど、「For Mother」はやってました?
前日の大阪TRIANGLEに行こうと思ってたんですけど、財布と相談して断念したことが悔やまれます…。
翌日にGerald Mitchellが来阪することを知っていれば、帰ってたのに。
| To-ru | 2010/08/30 9:16 PM |
>To-ruさん
テクノのライブって場合によってはCDまんまでつまらない場合もあるけれど、
Aril BrikhaのはCDの雰囲気も残しつつ更にぶっとくなってて最高でしたよ。

"For Mother"はやってたかは記憶にないですが、2ndとEP中心だった気がします。
| マチュ | 2010/08/31 9:57 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/09/04 12:19 PM |
Aril Brikhaは関西に用事があったため、大阪で見ました。内容は大体既報のとおりですが、江の島がかなり「音自体がいい」ように見受けます。

もちろんTRIANGLEもいいハコでした。これは大阪全域がそうなのか?判りませんが、再入場料としてドリンクチケットを1枚買うことが求められますが、出入りが自由になっており、そのサービスに感動しました。
| LM | 2010/09/05 5:05 PM |
>LMさん
江の島のイベントの音自体はクラブに比べると、非力だと思いますよ。当たり前と言うか仕方ない事なんですけどね。

クラブの再入場は色々な所で出来るようになると良いですね。ちょっと外で息抜きした場合ってありますもん。小箱なんかは比較的、そう言う場所が多いですね
| マチュ | 2010/09/05 9:08 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2018/04/25 10:06 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2196
トラックバック