CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Urban Tribe - Program 1-12 (Mahogani Music:MM25) | main | Moritz Von Oswald Trio - Live In New York (Honest Jon's Records:HJRLP53) >>
2010/09/04 Metamorphose 10 @ 修善寺 サイクルスポーツセンター
2005年のメタモ以来、5年ぶりとなるメタモに行ってきました。今回はクラブ仲間御一行に車を相乗りさせて頂きまして、更にはテントやイスなどのキャンプ道具を完備する人もいたおかげで、かなり快適に過ごす事が出来ました。そのせいか終始お酒を飲む状態で、まともに音楽を聴く状態でなかったのが反省点でもありますが、楽しく過ごせたかな。幾つか聴いたアーティストについて軽くコメント。

まずはManuel Gottsching performs "more INVENTIONS FOR ELECTRIC GUITAR" with Steve Hillage, Elliott Sharp & Zhang Shouwang。一番期待していたのですが、やはり素晴らしかったです。ギター3人とPC1人(知人の話では4人全員ギターだそうです。譜面台でギターが隠れて分からなかったみたい)のライブセットで、最初は"INVENTIONS FOR ELECTRIC GUITAR"に収録されている"Echo Waves"。ペケペケしたギターのディレイが織り成すエレガントでトランシーな、そしてノンビートチルアウトと言っても差し支えない名曲。空間にフワフワと心地良いギターが浮遊し、そして拡がっていく。酔っていたので、これだけ聴いて後は寝ながらグダグダ。

Mogwaiのライブはステージから遠く離れたキャンプ地で、またもグダグダ寝ながら聴く。遠くからでも分かる圧倒的なギターの音圧、そしてそのノイジーな中から垣間見える美しい旋律。ちょっと以前ライブを聴いた時よりも、なんとなくテンポが早かったような?

そして伝説のMike Banks+Jeff Mills=X-102。これはまあだいたい予想していた通りで、やはり90年代前半のハードコアテクノを彼らなりにコズミックな要素を加えた、音自体は古いけれど臨界点を突破するようなエネルギーに溢れたテクノでした。流行り廃りとか古い新しいとかを超えた彼らのコズミックなコンセプトを表現していたんじゃないかな、グダグダに酔っていたので正確な事は言えませんが。

そこからは朝まで撃沈してしっかり仮眠を取り、ラストのMoritz Von Oswald Trioを迎える。最初に言ってしまうと2年前のUnitの公演を遥かに凌駕するライブで、今回は期待以上の物を聴かせてくれました。Moritz von OswaldとMax Loderbauerはエレクトロニクスを操り、Vladislav Delayは世にも見慣れぬ不思議なメタルパーカッションを叩く。重力から開放されたようにシンセのシーケンスは空間を自由に浮遊し、微小な変化を繰り返しながらミニマルな展開を作る。Delayが叩くパーカッションはディレイも効果的に使われ、鋭角的な音が空間を切り裂くように、しかしダビーに拡がり、そして圧倒的な音圧と重低音を鳴らしていた。2年前のライブの結果から踊れないと思っていたものの、今回は粘着性の高い重いグルーヴが生まれていてしっかりと踊れる内容でもありました。何度も色々なライブを体験すると本当に稀ではあるけれど背筋が凍りつく瞬間があるのですが、今回はまさにそれを体験。75分2曲の現在成しうる究極のエレクトロニックインプロビゼーションミュージックと言っても過言ではないと思います。

今回は終始メインステージに居たので殆ど踊らなかったのだけど、貴重なライブ体験を出来たし音楽友達と楽しく過ごせて良かったです。野外の開放感がグダグダを誘発するのだけど、たまにはそんなイベントも良いのかも。今回お世話になった方々には、この場を借りてお礼申し上げます。どうもありがとうございました。
| EVENT REPORT3 | 21:00 | comments(4) | trackbacks(1) | |
スポンサーサイト
| - | 21:00 | - | - | |

コメント
初めてのメタモでした
Manuel Gottsching素晴らしかったですね
マチュさんに会えるかなーって思ってたんですけど流石にあの人の多さでは無理ですねw

| match | 2010/09/06 11:52 AM |
>matchさん
僕もなんだかんだ2度目です。久しぶりだけど楽しかったですよ〜

Manuel Gottschingも良かったんですけど、ベロベロになり過ぎててちょっと反省。程々の酔加減でトランスしたかったです

自分は朝方になって大勢の仲間に会えました。夜は真っ暗で無理ですよね。SBMは全然機能しないし。
| マチュ | 2010/09/06 1:33 PM |
more INVENTIONS FOR ELECTRIC GUITARは最後のセッションの決めがSteve Hillageの知らないフレーズだったらしくって、一人合わなくってあわててる姿がよかったですよ!

今回はアンコールが無い進行だったのがちょっとさみしかったです

SMBがつながらないのは予想通りでしたが、iPhone用Metamorphose公式アプリは動いてたんですかね?
アクセスポイントにつながっても更新された気配がなかったんですが・・・
| orcinus | 2010/09/06 10:53 PM |
>orcinusさん
>Steve Hillageの知らないフレーズだったらしくって
何やってるんですかねw わりとアバウトな…。
そう言えばみんなアンコール無しだったのか。
まったりなメインステージでしたね。

ちなみに自分はSBMでもiPhoneではないので、公式アプリは未使用です。
そもそも公式アプリって何があったのかも知らなかった〜
| マチュ | 2010/09/07 7:39 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2205
トラックバック
METAMORPHOSE 2010
初めてMETAMORPHOSE に行ってきました。基本的に面倒くさがりで出不精なたちなので、郊外フェスに行くことは殆どなく、行くとしても都心型フェス中心です。ただし、数々のハンデ(チケットを買う行為(笑)、遠くまで行こうとする気持ち、徹夜しようという決心)を
| Yokohama Beat Junkie | 2010/09/05 9:20 PM |