CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Drumpoems Verse 2 (Drumpoet Community:dpc_025-2) | main | Osunlade - Occult Symphonic (R2 Records:R2CD016) >>
Rondenion - Beginning Of The Ring EP (Bosconi Extra Virgin:BoscoEXV05)
Rondenion - Beginning Of The Ring EP
Amazonで詳しく見る(MP3)

日出づる国から発信されるブラックミュージックの中でも、今最も注目すべきは日本よりも海外で評価されるRondenion。若かりし頃にサックスフォーンをプレイしていた彼はシンセサイザーとの出会いにより、デトロイトテクノやシカゴハウスに影響を受けた音楽を創りだしていく。その最初の成果こそ今は亡きFrogman RecordsからHirofumi Goto名義でリリースしたアルバムで、まだ荒々しさと初々しさはあったものの華麗なダンスミュージックと、そしてファンキーなブラックネス溢れる音楽はその後の可能性を感じさせていた。その後数年の沈黙期間はあったものの、Still MusicやRush Hourと言う黒いダンスミュージックに造詣の深いレーベルからRondenion名義でのEPをリリースし、海外での評価が日本を追い越したのがここ数年の話。そして新作だ、これは間違いなく素晴らしいと断言出来る一枚になっている。A面の"Beginning Of The Ring"はまるでTheo Parrishの様にスロウで粘り気のあるどす黒いハウス。泣きの旋律を奏でるストリングスと吐き出される哀愁のボーカルが、どこまでも胸を強く締め付ける泣きの一曲だ。そしてB1の"In One's Mind"はディスコサンプリングがファンキーで、ラフで荒くれたダンスグルーヴが効いているMoodymann直系のハウス。黒く太くワイルドでソウルフルな、熱い感情丸出しのダンスミュージック。Rondenionは今注目すべきアーティストの一人だ。

試聴

Check "Rondenion"
| HOUSE6 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2231
トラックバック