<< DJ Yogurt & Koyas - Into The Peak (Upset Recordings:UPSET12"005) | main | Sistol - On The Bright Side (Halo Cyan Records:PHC04) >>
Crue-l Grand Orchestra - Barbarella (Crue-L Records:KYTHMAK133)
Crue-l Grand Orchestra - Barbarella
Amazonで詳しく見る

瀧見憲司率いるCrue-l Grand Orchestraの久しぶりとなる新作。彼が主宰するCrue-L Recordsの順調な運営やCrue-l Grand Orchestraもリミックス作のリリースのおかげで気付かなかったのですが、純粋な新作となるとおそらく8年ぶり(Luger E-Go名義でリリースはしてたけどね)。新作は映画"バーバレラ"のテーマ曲をクラブミュージック的にカヴァーしたそうで、この名義では久々となるだけにドープでサイケな中毒性の高いLuger E-Go名義での音とは打って変わり、多幸感溢れるバレアリック色強めなハウスを披露。その点では以前のCrue-L Grand Orchestraの流れを比較的引き継ぎつつも、ファンキーなギターカッティングやらドリーミーなシンセで賑わい、祝祭を祝うかの様に管楽器が鳴り響くファンファーレ風な歓喜と幻想に満ちた1曲。裏面には彼らの最初期のトラックである"Candymountain In The Rainywoods"が、今ニューディスコ/ビートダウン系では注目株のEddie Cによってリミックスされた曲が2バージョン収録。こちらはEddie Cの十八番とも言える生の質感を活かしたしっぽりアフターアワーズかつブギーなハウスで、クラブで踊り疲れた早朝でこそ映える耳障りの優しいトラックとなっております。

試聴

Check "Crue-l Grand Orchestra"
| HOUSE6 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 22:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2244
トラックバック