<< Harmonia - De Luxe (Polydor K.K.:POCP2388) | main | 2005/04/10 NAGISA MUSIC FESTIVAL @ お台場野外特設会場と大江戸温泉とカレー >>
Supercar - A (Ki/oon Sony:KSCL765)
Supercar-A
Amazonで詳しく見る

スーパーカーは僕も大好きなロックバンドでした。なんと言っても「Cream Soda」や「Lucky」の淡い青春時代の様な甘酸っぱい雰囲気に、轟音ギターを撒き散らし、けだるく歌うナカコーがとても格好良かったと思います。個人的にはデビュー時が一番衝撃的だったと思いますが、それでもその後はクラブミュージックの影響を受けてYoshinori Sunaharaや益子樹、Satoshi Tomiie辺りにプロデュースを頼んだりするのも好みでした。まあ初期はまんまUKのRideだったり後期はクラブミュージシャンに影響を受けたり、その時の流行に乗っている様な気がしないでもないけど、それでもメジャーの中では随分と尖った音を出していたと思います。つうかスーパーカーをメジャーデビューさせた担当者は、会社の中でも肩身の狭い思いをしつつも相当がんばったに違いない。結局5枚のアルバムを出して解散に至った訳だけど、どのアルバムもそれぞれの味があり、またどれとして同じ様な作りでないのが懐の深さを感じさせます。敢えてどのアルバムにも共通するのは歌詞、語呂合わせの様でユーモアがあり不思議な世界観があります。あんまり歌詞は気にしない僕も、ついつい口ずさんじゃったりしてました。

夢際のラスト・ボーイ 永遠なる無限 触れていたい夢幻
夢際のラスト・ボーイ 永遠なる無限 揺れていたい夢幻
FROM YUMEGIWA LAST BOY

「あたし、もう今じゃあ、あなたに会えるのも夢の中だけ…。
たぶん涙に変わるのが遅すぎたのね。」
FROM Lucky

カラオケでもLuckyなんか歌ったりしてたなぁと、ちょっと懐かしいですね。このベストアルバムを聴くと、スーパーカーの進化or深化をすぐに感じる事が出来ます。これからどんな音楽を創っていくのかまだまだ期待していただけに、とても残念ですね。

試聴

Check "Supercar"

Tracklistは続きで。
1. cream soda
2. Lucky
3. PLANET
4. DRIVE
5. Sunday People
6. My Girl
7. Love Forever
8. FAIRWAY (Radio Edit)
9. WHITE SURF style 5.
10. Strobolights
11. YUMEGIWA LAST BOY
12. AOHARU YOUTH
13. RECREATION
14. BGM
15. LAST SCENE
16. WONDER WORD (single mix)
| ETC1 | 22:40 | comments(0) | trackbacks(1) | |
スポンサーサイト
| - | 22:40 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/230
トラックバック
SUPERCAR/LOVE FOR EVER
解散してしまったスーパーカー、大好きだったのに自分の中で解散がこうもあっさりしているのはなんでだろう。うーん、分からない。確かに寂しさはすごくあるのだけど。。もう十分楽しんだからなのかなぁ。そんで、解散時のおきまりのようにラストライヴをしてベスト、B
| Skyphone Speaker | 2005/04/10 1:15 AM |