CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< BEST OF 2010 | main | A.Mochi - Primordial Soup (Music Mine:MMCD20003) >>
2010/12/31 ELECTRONIC TRIBE YEBISU NEW YEAR'S PARTY 2011 @ 恵比寿ガーデンホール & COUNT DOWN PARTY @ amate-raxi
明けましておめでとうございます。年が変わってもマチュのクラブ意欲は衰えるどころか、ますます盛ん…かどうかは分かりませんが、家になんか閉じこもってられません。そんな訳で友達連れてカウントダウンも踊りに行ってきました。
まずはELECTRONIC TRIBE。こちらのお目当てはTREAD aka Hiroshi Watanabeで、ワタナベさんがTREAD音源のみでDJをしたんですわ。自分のTREADの印象はリスニング系と言うイメージが残っていたけれど、実際にフロアで聴けばKaitoや本人名義の音楽とは似て非なる内省的で思慮深い趣きがありながら、それでも尚ダンストラックとしても聴ける意外性がありました。雪がこんこんと降り積もる冬のしんみりしたイメージ、またはオーロラが降り注ぐようなドラマティックな瞬間もあり、ゆらゆらと体を揺らしながら音に浸る感じでほっと暖まれました。ワタナベさん本人から今年はTREADを復活させると言う言葉も聴けたし、今後も楽しみなアーティストです。

Tread - Tread 5(過去レビュー)
Tread-Tread 5
Amazonで詳しく見る


お次は久しぶりにRei Harakamiのライブを堪能。初めの妙にリズムバリバリな一曲目は新曲ぽかったけど、他は5年以上も前の相変わらずの変わらないセット。"にじぞう"、"Come Here Go There"、"Joy"、"Lobe"を演奏していたはず。アレンジ自体にも大幅な変化はないけれど、変えちゃうとハラカミっぽくなくなるし、ハラカミの場合はそれで良いのだ。大海原を揺蕩うクラゲの様にふわふわと丸い音が左右にパンされて、面白おかしくそして心地良く響く。うきうきスキップしたくなるグルーヴで、相変わらずの楽天ぶりを発揮していて、やはりハラカミは曲そのものにオリジナリティーがありつつも普遍的でもあり素晴らしかったです。

Rei Harakami - Lust(過去レビュー)
Rei Harakami-Lust
Amazonで詳しく見る


そしてPCとタンテを使用して超絶技巧派なテクを駆使したDJ Krushは、昨年と同じく4つ打ちテクノセット。スクラッチとか常にタンテで何かをしながら4つ打ちでグルーヴィーな流れも作り、とにかく踊れました。スリリングで緊張感のあるプレイで、カウントダウンに向かって徐々にピークに持っていく技は流石ベテランだと思いました。

でメインのDerrick Mayだけど、う〜ん、自分が聴いていた時間帯について言えば退屈だったな…。一番最初は名曲"Promised Land"だったけど、これって去年ガルニエも最初の方で使ってたよね?誰かに去年のガルニエのプレイをこっそり聞いたんじゃないね。でその後だけど、カウントダウンの割にそんなに盛り上がってなかった気も。最初の30分聴いていたけど、フロアから客も予想していた以上に離れちゃってたし、DJ Krushの盛り上げてきた熱が急降下しちゃった感じね。音圧とかノリとかDJ Krushの時に比べて非常に低くて、久しぶりにDerrickに幻滅したな。その後持ち直したのかね?個人的にはDerrickみたいなDJは、やはりクラブで回させるべきだと思うね。

でそそくさとamate-raxiに移動すると、丁度DJ Yogurtがプレイするところでした。今回はカウントダウンパーティーらしく、一年の総決算的に去年良く回した曲をプレイしていました。トライバルハウス、テックハウス、硬めのテクノ、ロック、ディスコなどまあいつも通りのDJ Yogurtと言えばそんな感じだけど、カウントダウンだからいつもよりアッパーな感じも。そして大事なのは日本人の曲で山場を作ってくれた事。井上薫の"The Invisible Eclipse"やJebskiの"Still"や"Vision"などメロウなテックハウスでフロアを多いに盛り上げてくれました。日本からもフロアで人を感動させるダンストラックは生まれているんだから、日本人がもっと日本のシーンを見つめ直してくれると良いと思います。

その後はHiroshi Kawanabeが登場。DJ Yogurtのプレイは色々な音に包まれる感じだったけど、川辺さんは音数の少ないタイトなテクノで、かっちりとリズムを作って踊らせるプレイ。機械的で無機質な四角いリズムって言うのかな、それでもガッツガツと踊らせてしまう躍動感があってテンションが全く下がる気配無し。時折ベースラインが強烈な今風のエレクトロっぽいのも混ぜたりして派手に盛り上げたりもしますが、基本は硬派なテクノな印象。4時半になってもイケイケアッパーに盛り上がってましたが、自分は長く踊っていて疲れたのでその時間に退散。一年の初日からがっつり踊って今年も良いスタートを切れました。
| EVENT REPORT3 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 07:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2324
トラックバック