CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Aril Brikha - Deeparture In Time - Revisited (Art Of Vengeance:AOVCD001) | main | Pop & Eye - Out To Punch EP (Editainment:TAIN5) >>
Various - MCDE 1206-07 (MCDE:MCDE 1206-07)
MCDE 1206-07
Amazonで詳しく見る(MP3)

タイコクラブへの出演も決まったMotor City Drum EnsembleことDanilo Plessowが、自身のレーベルからダブルパックのコンピレーションをリリース。ドイツからデトロイトハウスとも共振するビートダウン系のハウスを送り出す今脂が乗りまくっているアーティストの一人で、この新作もリリースから即座に売り切れ続出となる人気っぷり。自身の新曲"Monorail"からして秀逸で、トリッピーな効果音が鳴り続けその下をくぐもったシンセがゆらゆらと浮遊するブルージーで情緒漂う横ノリ系ディープハウス。途中からストリングスが華麗に舞い、力強いグルーヴに揉まれて高みに到達する文句無しの一曲。更にそれをJohn Robertsがリミックスした曲も、シカゴハウスよろしくなラフなキックと哀愁香るピアノで古い時代へと時間を戻し、懐かしさを増量した素晴らしい内容です。またMCDEの共同運営者でもあるPablo Valentinoのユニット・Creative Swing Allianceのセクシーでしなやかなディープハウス、Danilo Plessowの変名ユニット・Hundred20のどぎつい毒を発散するアシッドハウスなど、シカゴ〜デトロイトを経由した伝統をバックに完成度を高めた二人のトラックも収録しており、充実したコンピレーションとなっております。

試聴

Check "Motor City Drum Ensemble"
| HOUSE6 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2371
トラックバック