CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 2011/2/10 Laurent Garnier "L.B.S" Tour @ Air | main | Motorcitysoul - Ushuaia Day (Simple Records:simple1047) >>
2011/2/11 DJ Yogurt Presents Jebski Release Party "PAD" Tour @ Amate-raxi
先日初のアルバムをリリースしたばかりのJebski。それに合わせてかつて一緒に制作活動をしていたDJ Yogurtが、アルバムリリースパーティーを企画し、Jebskiとフィーリングの合うアーティストを集めたパーティーが開催されました。
電車遅延の為クラブに着くのが大幅に遅れ、フロアに入った頃にはForce Of NatureのDJ Kent aka The Backwoodsが既にプレイ中。去年ビーチで彼のプレイを聴いた時と同じ印象で、ぐいぐいと気持ち良く引っ張られるテックハウスや鳴りの良いパーカッシヴなトライバル系のハウス中心に、上げもせず下げもせずに安定したノリでフロアを盛り上げる。ピアノの水飛沫みたいに弾けるDJ Yogurt & Jebskiの"Another Gravity"をプレイした辺りからは、グルーヴに疾走感も出てきて非常にノッてきた感じ。実際にフロアでもみんながっつんがっつん踊って、良いヴァイブスが生まれておりました。

そして本日のメインでもあるJebskiのライブ。オープニングは定番となった"Forest"から。静かなる序章から壮大なこの先を予感させる、予知にも似た気持ちを呼び起こすハイテックな曲。もう出だしからぐっと心を鷲掴み。その流れを途切らせずに怒涛のテンションと圧倒的な音の洪水に飲み込まれる"Vision"、多幸感いっぱいの楽天的な"Field"など色々な曲調を以てしてあの手この手で上げてくる。Jebski本人も音に合わせて身を揺らし、イイ感じにノってそうでした。中盤以降は"Natsu(Jebski Epic Mix)"や"Still"などで終盤に向かってハイエナジーに上げつつも、同時に情緒も深みを増して切なさも感じさせます。そしてラストには予想外のメランコリックダウンテンポ"September"。まさかライブでこの曲を聴けるとは思わず、フロアに溜まった緊張感はこれ一曲で一気にほぐれ、安らぎと憂いが込み上げてきました。

Jebskiは最後にCDで"Breeze"をプレイし、それをラストを締めるDJ Yogurtが受け取ってプレイ開始。テクノ〜ハウス中心の幸せや楽しさが強く出たいかにもDJ Yogurtらしい音がいっぱいで、そして思っていたよりもDJ Yogurt自身が制作に携わっている曲が多めにかかっていたはず。疾走感の中ギターの咆哮が入る"2006 to 2007"や力強いキックやシンセがバウンシーな"Nile"、エモーショナルかつオプティミスティックな"Natsu(DJ Yogurt & Koyas Mix)"などで一切テンションを下げず、ジャストなタイミングでキックを抜き差ししたりして山場を作って飛ばし続けました。音の密度が高いので音に揉まれる感じで、否でも応でも盛り上がりました。終盤では懐かしいクラシック"Sueno Latino"もかかり、しみじみと感傷的な気持ちにも。そしてラストに"機嫌機嫌なおしておくれよ"のダブバージョンでぐっとテンションを落としつつも、開放感のあるディレイが心地良すぎるレゲエトラックでほっこりと心も温まって終了。終止和やかなのに体を揺らすダンスなグルーヴも鳴っていて、楽しく過ごせたパーティーでしたよ。

■Jebski - Pad(過去レビュー)
Jebski - Pad
Amazonで詳しく見る
| EVENT REPORT3 | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 08:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2380
トラックバック