CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Yo & Ko - Edit & Mix (Kopyright Liberation Front:MIXCD001) | main | 2011/05/28 KOMAMO @ 東京大学(本郷) >>
Frivolous - Meteorology (Cadenza:CADCD08)
Frivolous - Meteorology
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
現在のミニマルの様式美を創り上げたLuciano主宰のCadenza。2010年もその勢いが止まるどころか更に躍進しておりましたが、2011年もレーベル運営は好調なようで早くも新しいタレントを送り出しました。その人こそカナダからDaniel GardnerことFrivolous、今までにもミニマル系のレーベルから多数の作品をリリースしているそうなので実は新人ではありません。Cadenzaからのリリースと言う事もあり確かに上品な美しさを伴ったミニマル色が強く、それに加えて湿地帯の艶めかしい湿度や訝しさが漂うトライバル感やオリエンタルなメロディーも出てきて、いかにもレーベルマナーに沿ったアルバムとなっております。そして相変わらずの妖艶さと耽美な美意識が貫かれていて、ホーンやストリングス、ライブ感のあるリズムトラックなど生音を意識した音質を合わせて、奥底に広がるミステリアスさがより強調されるんですね。しかし全体的に陰鬱と言うか内向的でずぶずぶと自分の精神世界に沈み込むようなダークな曲が続くので、個人的にはもうちょっと楽天的でトリッピーに昇天出来る音も聴きたかったなと言う思いも。でもまあ如何にもCadenzaらしいアルバムなので、それを期待している人は安心して聴けるでしょう。

試聴

Check "Frivolous"
| HOUSE6 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 21:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック