CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< ラーメン二郎 湘南藤沢店 | main | Morphosis - What Have We Learned (Delsin:MMD-CD1) >>
Various - Isaev / Cutout Classics Volume Three (Balance Alliance:BA08/BA09)
Various - Isaev / Cutout Classics Volume Three

ドイツを中心に脚光を浴びているChez Damier主宰のBalance Allianceから、ロシアの新鋭Konstantyn Isaevの新作がリリース。Volta Cab名義でも新作を続々リリースしているこの新鋭、詳細は不明ながらもChezに認められただけあり、レーベルカラーに沿った幻想的なディープハウスを聴かせてくれます。覆い被せられるダビーな音響が心地良い"Levatation Flight"はまるでRound One系のソウルフルなダブハウスを思わせるし、力強い4つ打ちにアシッディーで不気味なシンセが絡む"Free Falling"も良い鳴りを聴かせてくれます。そしてこの盤で特筆すべきは裏面にChez Damierが絡んだトラックが収録されている事。"In & Out (JT Donalson Dub)"はシカゴをベースとするユニット・Home & Gardenの曲で、Chezはボーカルとして参加。こちらはざっくりとした質感のラフなシカゴハウスで、Chezの艶めかしいボーカルが印象的。そしてこの盤の目玉である2004年にリリースされた盟友Ron Trentとの共作"Warfare"の未発表バージョンが、やはり断トツに素晴らしい。Ron & Chezの二人が揃えば駄作など出来る訳もないが、芯があり安定感のあるグルーヴィーな4つ打ちに陶酔感・透明感のあるメロウなシンセを被せたミニマルなディープハウスは、一聴して彼等の音と気付くほどの存在感を放ちます。既に金太郎飴的な彼等のスタイルが形成させておりますが、それでも彼等にしかこの郷愁に溢れたディープハウスは鳴らせないでしょう。

試聴

Check "Chez Damier" & "Isaev"
| HOUSE6 | 19:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 19:30 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2443
トラックバック