CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 2011/6/24 GUIDANCE @ Eleven | main | Tiger & Woods - Through The Green (Running Back:RBCD02) >>
Âme - Primary Structures (Innervisions:IVCD06)
Âme - Primary Structures
Amazonで詳しく見る

今尚ドイツディープハウスの中心に位置するInnervisionsの主宰も務め、数々の独創的なテクノ/ハウスを産み出してきたÂme。彼等が産み出したオリジナルの曲の素晴らしさもさる事ながら、今までにリリースしたMIXCDはジャンルや時代を飛び越えた内容だったり、時にはミニマルに焦点を当てたコンセプチュアルな内容だったりと音楽への造詣の深さも並々ならぬもの。そしてレーベルサイトでしか購入出来なかった新作MIXCDがようやく一般流通となりましたが、ここでも単なるダンスフロア向けのミックスとは異なるエレクレクティックな感覚が打ち出され、アートにまで昇華させたような音の連なりを披露しておりました。正直に言えば最初に数回聴いた時は勢いのあるグルーヴも無く、分り易いメロディーの心地良さも無く、なんだか地味で退屈なプレイだなと言う印象でした。が何度も聴くうちに滲み出してくるサイケでヒプノティックな、そしてドラッギーでトリッピーな感覚は明らかにリズムやグルーヴではなく音色の鳴りから生じる物で、ダンスさせる事ではなくリスニングを目的としたのだろうと思います。所謂フロア向けのような分り易いピークタイム等も無いものの、常に足元の覚束無い酩酊したふわふわとした心地良さが持続し、行き先の分からない未知なる深層への旅が待ち受けております。音圧の低さや線の細ささえも音色の美しさを引き立てているようで、Âmeの美意識への挑戦が伺える一枚でしょう。

試聴

Check "Âme"

Tracklistは続きで。
1. Âme - Intro
2. To Rococo Rot - Forwardness
3. a. N.D.F. - Since We Last Met / b. Dorisburg - Sinai Hypnosis (Dub)
4. Von Spar - Daddy Longlegs
5. Charanjit Singh - Raga Megh Malhar
6. Knife - The Seeds
7. Tête - Rotor
8. Ruede Hagelstein - Emergency
9. a. Lucky Dragons - Typical Hippies / b. B.D.I. - Industrial Kites
10. XX - VCR (Four Tet Remix)
11. Âme - Rrose Selavy
12. Owen Palett - Red Sun No. 5
| HOUSE6 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2458
トラックバック